「ファン・クラブ通信」 第310号 (2009/11/11) ≪微妙な英語発音の違い、その8(最終回)≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週取り上げる発音は、はっきりした「イ」と曖昧な「イ」です。

発音指導をしていても、この二つの「イ」を間違えている方はとても多いです。

It is …

の二つの i をはっきりした「イ」で発音する方が多いのです。
しかし、これはあいまいな「イ」で発音するのが正しいです。

もっと正確に言えば、

英語の[i:] (はっきり、キツく発音する)
英語の[i] (あいまいに発音する)

日本語の「イ」は上記2つのどちらでもありません。

はっきり、キツく発音する[i:] の解説と単語発音例は、次のムーヴィーを
ご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00115.html

あいまいに発音する [i] は次の解説ムーヴィーをご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00116.html

————————————————————————

これまでファン・クラブ通信で8回にわたり、「微妙な英語発音の違い」を
解説してきました。

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc294.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc295.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc296.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc298.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc299.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc304.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc305.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc310.txt

このシリーズで、少しは英語発音に興味を持っていただけたでしょうか。

実際に自分で練習して発音指導を受けると、さらに英語発音の奥深さが分かり、
発音トレイニングが英会話力全体のレベル・アップに役立つということも体験
していただけると思います。

「口と舌の形で学ぶ英語発音DVD」第3版:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

ぜひご検討ください。

広告

「ファン・クラブ通信」 第305号 (2009/10/07)≪微妙な英語発音の違い、その7≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週取り上げるのは「軽く発音される[t] と日本語のラ行の違い」です。

water, matter などの単語が速く発音されると、「ウォーラー」「マラー」
と聴こえます。
しかし、これは速くしゃべられて [t] が軽く発音されているだけで、決して
「ウォーラー」「マラー」ではありません。

この違いを自分で発音できるようになると、聴き取りの時にも区別ができる
ようになります。

詳しい解説ムーヴィーは次のURL をクリックしてご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00087.html

こういった発音をもっと詳しく学び、発音指導も受けて上手になりたい
方は「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版を練習してみませんか?:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

発音トレイニングは、ヒアリング力の急速アップにも役立ちます。

「ファン・クラブ通信」 第304号 (2009/09/30) ≪微妙な英語発音の違い、その6≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週取り上げる発音はsing や king の最後の g の発音です。
カタカナ表記ではシング、キングと書くでしょうが、「グ」とは全く違った
発音です。
あなたは正しく発音できているでしょうか?

この発音記号の詳細説明は、次の解説ムーヴィーをご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00080.html

こういった発音をもっと詳しく学び、発音指導も受けて上手になりたい
方は「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版を練習してみませんか:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

発音トレイニングは、ヒアリング力の急速アップにも役立ちます。

「ファン・クラブ通信」 第299号 (2009/08/26) ≪微妙な英語発音の違い、その5≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週取り上げる発音は、large の最後の ge の発音と、
garage の最後の ge の発音の違いです。
カタカナ英語で書けば両方とも「ジ」ですが、
実際の発音は違います。

詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

まずは、large の ge から。
http://cs-x.net/endo-method/c/00051.html

次に、 garage の ge の発音です。
http://cs-x.net/endo-method/c/00052.html

こういった発音をもっと詳しく学び、発音指導も受けて上手になりたい
方は「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版をご購入ください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

「ファン・クラブ通信」 第298号 (2009/08/19) ≪微妙な英語発音の違い、その4≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週は [ou] を取り上げます。
アルファベット O の発音です。

[ei] でも説明したとおり、日本人は[ei] や [ou] を二重母音として正確に
発音することが苦手です。
「エイ」、「オウ」でなく、「エー」、「オー」と発音してしまうのです。

次のように、何気なく使っている単語に、[ou] は含まれています。

boat [bout]  ボウト
cold [kould] 寒い
pole [poul] 棒
loan [loun]  貸す
low [lou] 低い
hope [houp]  望み
road [roud]  道
go [gou]  行く
told [tould] tell の過去形

これらの単語のうち、カタカナ英語化されているものも多いですね。
ボート、コールド、ポール、ローン、ホープ・・・等、
これらのカタカナ表記は[ou] の二重母音を全く無視しています。

詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

http://cs-x.net/endo-method/c/00044.html

「ファン・クラブ通信」 第296号 (2009/08/05) ≪微妙な英語発音の違い、その3≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週は [ei] を取り上げます。
アルファベット A の発音です。

[ei] は特に難しい発音に思えないかもしれませんが、

日本人は[ei] を含む英単語を、「エイ」と二重母音で言えず
に「エー」とだらしなく伸ばして発音しがちです。
カタカナで表記すると次のようです。

メイル → メール
デイト → デート
ゲイム → ゲーム

早く英語をしゃべっているときには、余計に[ei] をしっかり発音するのが
難しくなります。

では、ネイティヴはなぜラクに[ei] が言えているのでしょうか?
その秘密は舌の使い方にあります。
詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

http://cs-x.net/endo-method/c/00032.html

「ファン・クラブ通信」 第295号 (2009/07/29) ≪微妙な英語発音の違い、その2≫

ファン・クラブ通信では、先週より「微妙な発音の違い」と題して、
易しいようで、日本人は案外間違いやすい英語発音を取り上げています。

今週は think の th の発音と、 that の th の発音を取り上げます。

ここでは国際発音記号が使えないので、think , that の th の発音記号は、
次をクリックしてご覧ください。

think の th http://cs-x.net/endo-method/c/00025.html
that の th http://cs-x.net/endo-method/c/00026.html

think の th と that の th の違いを説明したムーヴィーは、こちらを
クリックしてご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00024.html

ムーヴィーではかなり大げさな舌の動きに見えるかもしれませんが、
日本語には無い独特の舌の動きは、これくらい大げさに練習を積んでちょうど
良いくらいです。
オーバー気味に練習するのが良い、というのは、発音練習の際、いつも注意し
ておくと良いでしょう。