「ファン・クラブ通信」 第4号 (2003/11/27) ≪ 今週の話題:英会話に英文法は必要か その3 ≫

皆さんこんにちは。 今回も前回に引き続き、『英会話に英文法は必要か?』
その3送りします。

・────・────・────・────・────・────・────

よしお:
「前回英文法が必要な理由として、頭の中で 英語→日本語、日本語→英語 
の暗算変換のために正しい英文法の知識が必要だと伺いしました。 そのほか
にも英語で会話する場合、英文法知識が必要なことはあるのでしょうか。」

パソコン英会話:
「そうですね。母国語以外の言葉で話すとき、会話に関して『熟練』の域、つ
まり『体で覚え、反射的に言葉にでる』までは英文法の知識が必要だと申し上
げました。 しかしそれだけではありません。 今回は『教養ある英語を話す
には英会話熟練を習得しただけでは充分ではなく、どうしても英文法知識が必
要だ』と言うことについてお話しましょう。

ファナックの海外会社に赴任し、5~10年程仕事をして帰国してきた社員達
の殆どは、「英語ペラペラ」と、外部からは、思われるほどになっています。
 しかし私の目からみれば英文法的な誤りが多く、このようなことでは『ファ
ナックの名折れ』だと残念でたまらないのです。 私としては『世界のファナ
ック』を代表する幹部社員だなと外国人の信用と尊敬を得るような英語を話せ
るようになってもらいたく、私のファナック社員に対する英語教育では(ファ
ン・クラブ通信 3号で説明したような)独自の英文法教育を5~6時間行っ
ているのです。 

日本人の英語にそこまで期待するのは高望みし過ぎではないかと思われる方も
いるかも知れませんが、そうではないのです。 英文法的に間違わない英会話
力を日本人につけさせるべきとの私の考えが正しいと言うことは最近私が読ん
だアメリカの言語学者の本で確認でき、意を強くした次第です。
その本は:

  “You Don’t Say!”, Tom Parks, Ph.D.氏 著, Time Warner Company発行

のペイパー・バウンドの本です。ご興味のある方はぜひお読みください。
amazonなどの通販サイトをご利用されれば購入できます。

その本の第1章で
『貴方が話す、或いは書く英語は貴方の人格そのものを表すものだ。 普通経
済的に富み、社会的に高い地位にある人は、その人にふさわしい服装をし、自
動車を持ち、住宅を持ち、職業を持ち、肩書きを持っているものだが、たまた
まその人が学校時代に余り勉強しなかったので英文法に弱いと、その人がしゃ
べったり、書いたりした際に、教養の無さがばれてしまい、その後、あらゆる
面で、非常に損をする。 それほど人と言うものは相手のしゃべり方、書き方
でその人の価値判断をするものなのだ。』
と述べられています。
又『英文法に弱くて拙劣な文章をしゃべるが故に見下されて、その後出世しな
いことさえあり得る、しかも危険なのは、軽蔑しても、どのような文法的過ち
をしたかは、本人には誰も言わないので、本人は何時までたっても自分の弱み
にきづかないと言うことがある。』と言ったことなのです。」

ひろし:
「分かるような気がします。 会議やプレゼンテーションを聞いているとき、
発言者やプレゼンターの言葉が、同じ内容でもまったく印象が変わる場合があ
ります。 もちろん日本語ですが….、 中には変な癖を持った話し方をする
人がいますよね。 文法的におかしいのもよく見受けられます。 まさに『お
里が知れる』ですね。」

パソコン英会話:
「そうです。 会話からその人の人格がにじみでることがあるのです。
さて、さらにこの本が面白いのは、教養のないアメリカ人が犯す文法的誤りの
中には、日本人なら犯さない、つまらない誤りもあると言うことです。 もっ
とも日本人にも難しい文法問題もあることにはありますが。

アメリカ人が犯しやすい誤りの例を紹介することにより、結局彼らは、日本人
のように、英文法を絶えず考えながら文章をつくっているのではなくて、小さ
い頃から『音声的』に口移しで言葉が頭にこびりついていて、その頭の中に大
量に在庫されている文章から、その都度必要な表現を引っ張りだしてしゃべっ
ているのだな、と言うことが分かって、その意味でもこの本は興味があったの
です。

 一方日本人が英会話上で犯す英文法的な誤りは英文法知識不足からくる場合
もありますが、知っている英文法でも、その通りに頭が速く回転しないで間違
ったことを言う場合が非常に多いのです。 次にアメリカ人の文法的誤りを紹
介しましょう。

1.格の誤り:
 名詞の格の意識がないことからの誤り。 →の左側が誤りで、右側が正しい。
 between you and I → between you and me
 He told Ted and I. → He told Ted and me.
 The person asked for he and Sally.  → The person asked for him and
  Sally.

 ただし、This is he. は正しい。 Heは補語で、thisの主語は主格だが、補
 語も主語と同様に主格。
2.英文法的混同:
 it is が簡略化された it’s と itの所有格の its
 it’s eyes → its eyes

 アメリカ人は音声で言葉を掴んでおり、教養の無い人は文字意識、文法意識
 がないから、このようなつまらない混同をする。 所詮、発音では i’ts も
  itsも同じこと。 
 また、
 Mary’s eyes
 David’s eyes
 A frog’s eyes
 A bird’s eyes
 と言うから、何故 it の eyes なら it’s eyes と言わないのかとの疑問を
 持ち勝ち。
3.every の単数扱い:
 everybody are → everybody is

 Everyone should complete their assignments.
   → Everyone should complete his or her assignment.
4.一番近い主語に動詞を合わせる:
 Either they or I are going to pull the rope.
  → Either they or I am going to pull the rope.

 Mary, Jack, or I are the one to go.
  → Mary, Jack, or I am the one to go.

 Mary, Jack, or I is the one to go.
  →  Mary, Jack or I am the one to go.
 
 しかし or でなくand で主語が結合されていると are が正しい。
 A handshake and a smile is a good way to greet customers.
  → A handshake and a smile are a good way to greet customers.
 そして補語の部分は good waysではなく a good way が正しい。

 しかし and でも次の場合は主語が2つでも動詞は単数扱い。
 Ham and eggs is a favorite dish. これは Ham and eggsは1枚の皿に乗
 った1種類の料理(dish)だから。 この文章で補語は単数扱いとなっている。
 同様に主語も単数扱い。

5.Good, wellとbad, badly の使い方:
 I felt badly about the whole situation.
  → I felt bad about the whole situation.
 
 She felt really well about the big raise in her salary.
  → She felt really good about the big raise in her salary.

 After she gave birth to twins, she felt good enough to travel.
  → After she gave birth to twins, she felt well enough to travel.

 I was sorry that he felt so badly about their divorce.
  → I was sorry that he felt so bad about their divorce.

 感情の場合は形容詞補語、身体的な場合は副詞。
6.who と whom:
 Who do you want to send?
   → Whom do you want to send?

 Who do you trust?
   → Whom do you trust?

 She wondered whom the culprit might be.
  → She wondered who the culprit might be.

 She wondered who the culprit might kill.
  → She wondered whom the culprit might kill.
 
この who と whom は間違って使っても意味は通じ、そうたいした誤りとはアメ
 リカ人社会では思われない。 現に DynEd の CD-ROM 教材では、この誤りが
  含まれているが、これは自然味を持たせるために敢えてそうしているようだ。
 しかし、主格の時には whoを用い、目的格の時に whomを正しく選定した方
 が教養ある人には受けが良い。

 Henry did not know whom was awarded the trophy.
  → Henry did not know who was awarded the trophy.
 この場合 know と言う他動詞の目的語は「誰がトローフィーを授与された 
 か」の文章全体であって、「トローフィーを与えられた」と言う受身の文章
 の主語の人は主格扱いとして whoを用いる。
 of whom
 to whom
 at whom
 for whom
 on whom
 in whom
 by whom
 などの前置詞のあとは前置詞目的語として目的格の whom とするのは当然。
 このようなことが音からのみ英語に入ってきているアメリカ人には分かりに
 くいらしい。(英文法を勉強した人は別だが。)
 更に、次のような、発音が全く同じ who’s と whose の区別が彼らにはつき
  にくいらしい。 
 She is a singer who’s (who is) beloved world-wide. 正しい
 She is a singer whose voice is beloved world-wide. 正しい

少々長くなりましたが、以上のようにネイティヴのアメリカ人であっても文法
的に間違いを犯してしまうものなのです。 ただし、それでは教養ある尊敬に
値する人だと評価されません。 ですから、説得力のある、人に聞いてもらう
会話をするには正しい英文法知識が必要なのです。」

みゆき:
「具体的な例を挙げて説明していただいたので、アメリカ人でも文法的におか
しい話し方をするということがよく分かりました。 それでは仕事についての
話はできませんね。 ビジネス英語には『英文法知識』は不可欠なんですね。
 そして、英文法はなるべく早い時期に覚える必要があるような気がします。
変な癖がついてからでは遅いのですから。

ところで”パソコン英会話”さんのホーム・ペイジを見ていて思ったのですが、
遠藤式英会話習得法で勉強すると、覚える速度が10 倍と書いてありますが具体
的にはどういうことなのでしょうか。 なるべく速く、効率的に勉強したいの
でお聞きしたいと思います。」

パソコン英会話:
「はい分かりました。 遠藤式英会話習得法で学習すると、独学であるにもか
かわらず大変効率的に覚えることができるのです。
10 倍の速さで覚えられるというのには、具体的な裏づけがあるのです。 その
裏づけの具体例については、次回ご説明したいと思います。」

「ファン・クラブ通信」 第3号 (2003/11/20) ≪ 今週の話題:英会話に英文法は必要か その2 ≫

英文法は、英会話を学ぶためには不要なのか、必要なのか。 とても悩ましい
点ですね。 今週も、先週に引き続き『英会話に英文法は必要か?』その2を
お届けいたします。
パソコン英会話:
「先週は“英文法不要論”についてお話しましたので、皆さんも期待はずれで
少しビックリされたでしょう。しかし、私の言う

 “英会話はどうしても英文法と言う理屈よりも、あくまで頭と口がコンピ 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ューターと同じように速く、かつ間違いなく正確に、動くような熟練の域
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  にまで持っていくべきだ”
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と言う意味がお分かりになられたと思います。
 しかし、“英文法不要論”についてまだ充分理解されていない方もあるかも
知れませんので、“英文法不要論”は近い将来再度取り上げるつもりです。 
今回はお約束どおり“英文法必要論”についてお話しましょう。

 英会話を勉強しようとする方の殆ど全員が『英文法をやらなきゃ』と思うよ
うですね。 学校時代に英文法でサボっていた人は勿論のこと、英文法には相
当自信のある人でも英会話を始めるにあたって英文法が気になりだすのです。
 そしてその理由は弊社の53頁カラー小冊子「なぜ英語が聴けないのか、話
せないのか?」のPage 15/53の画で説明しているように、ネイティヴの英語を
聴く時には、先ず:

  英単語を日本語単語に変換
  →変換した日本語単語を「英文法」に従って日本文に並べ替え
  →日本語で理解

そして英語を話す時には:

  日本語で頭の中で文章を考える
  →日本語単語を英単語に変換
  →「英文法」に従って英単語を英文順序に並べ替え
  →英語を声にだしてしゃべる

と言うプロセスを頭の中で、即ちあたかも足し算を暗算でするのと同じように、
しているからです。 いかがですか?」

よしお:
「やはり頭で日本語で考えて…、それを英文に直してから口に出しています。
私の場合英文を読み、書く仕事を長年していましたから特にそうなってしまう
ようです。 頭で分かっていても、それが反射的に言葉に出ませんね。」

パソコン英会話:
「会話の場合、それがいかに辛いかと言うことはお分かりですね。 だからこ
れを止めて熟練に訴えることを提唱したのですが、でもすぐに英語で頭が動き、
口が動く熟練を得られるわけでもありませんから、初めは英語→日本語、日本
語→英語の暗算に頼らざるをえません。

そのために『英文法』が必要なのです。 しかも、かなりしっかりした『英文
法』知識が必要です。 しかしこの『英文法』と言うしろものは、なかなか手
ごわいしろものでして、私も中学に入って初めて英文法を習った時は全く五里
霧中だったのです。 それが非常に優秀な英語の先生のご指導のお陰で、『英
文法』が完全に分かるようになったのです。」

みゆき:
「私も大学で英文学を専攻していますが、英文法となると苦労しています。単
語を覚えるようにはなかなかいきません。」

パソコン英会話:
「英文法は論理学と非常によく似た学問と言えましょう。 このように学問と
いう観点から考えると、学問の中には努力さえすれば成果を上げうる学問もあ
りますが(主として記憶学問の場合)、学問によっては(理解学問の場合です
が)本人の努力だけでは成果が上がらない時に、非常に良い教えられ方をする
と急速に成果が出てくる場合があります。

英文法と言う学問は、この後者の典型例です。
即ち、今まで英文法理解に時間をかけてきているのに、どうも正体がつかめな
いと悩んでいる人でも、『良い説明』を聴けば、或いは『良い本』を読めば、
一挙に『開眼』出来るのです。 どうも分からなかった宗教で急に「悟りの境
地」に達するのと似ています。
又、英文法の勉強を今まで怠っていたために英文法に明るくない人でも、『良
い説明』、『良い本』に接すると最も手っとり早く英文法が分かるようになる
のです。 これは『朗報』でしょう。
これからそう言った『英文法の極意』をお教えしましょう:

第一ステップ:
私の著書である『これでもダメなら英会話はあきらめなさい』の第176~1
85頁、又は『英語は独学に限る』の第146~151頁、又は「英語のスペ
ルは覚えるな」の第150~163頁、をよく読んで理解する。 「英語のス
ペルは覚えるな」が最も詳しく説明しています。 これらの本に述べられてい
るのは次の2つです。
1) 5文型の見分けがつく能力を養うこと。 そして、この5文型それぞ
れに使われる動詞が重要なので、どのような動詞が、そして何故それらの動詞
が、5文型のそれぞれに使われているのかを徹底的に理解することです。
2) 次に5文型の根幹をなす単語、即ちSのための名詞、Vのための動詞、
Oのための名詞、Cのための形容詞又は名詞、に Modifiers(修飾語)がどのよ
うにくっついて来るのか、を理解することです。 Modifiersとは幹から枝分
かれする枝のようなもので、枝別れは一層だけでなく、二層、三層と多数の層
に枝分かれしてくる、この話されたり、書かれたりしている一列横隊の英文が
立体的な多層構造として理解できるようになること。 そして、これらの Mod
ifiersは.日本語と全く異なって、日本語は Modifiersは先に出てくるのに、
英語では殆どの場合 Modifyされるべき単語のあとに続いてでてくると言う英
語独特の特徴を掴むことです。

第二ステップ:
中原道喜著 聖文社発行の『新訂増補 マスター英文法』の第1~45頁をよ
く読んで理解する。
(この本が難しいと思われるかも知れませんが、それは説明されている事を理
解するのが難しいのではなく例文が難しいだけなので、それは余り気にしなく
ても良いかも知れません。)

第三ステップ:
田辺正美著 ㈱アルク発行 『ゼッタイ話せる英文法』
これは英文法の基礎がある程度出来た上で、これから特に英会話に力をいれよ
うとされる方々に非常に役立つものです。

さて、これから私が最も重要視する5文型と Modifiersの付き方について、具
体例をだしましょう。

A friend of mine who lives in the country came to London.

の階層構造図は次のようになっています:

   friend(S)                   came(V)
 a ┘ └ of mine(形容詞句)      └ to London.(副詞句)
         who lives(V)              ┐
         (S)  └ in the country    │(形容詞節)
                   (副詞句)        ┘
もう一つ例をあげますと:

People who live in glass houses should never throw stones to them.
 People(S)               should throw(V) stones(O)
   └ who live            never ┘ └───── to them.
      (S)  (V)            (副詞)                (副詞句)
            └─ in house(副詞句)
                   └── glass(名詞が形容詞的に)

そもそも英文法書の全頁のうち、その70%程度は5文型とModifiersの結合
の仕方の説明に費やされていると言っても過言ではないでしょう。  それほ
どこの5文型と Modifiersは重要なのです。 この二つの事が充分理解できる
と英文法は、ほぼ理解できたようなものです。」

ひろし:
「英文法は、やはり学問なのですね。 教えていただいた注意点を考えながら
やってみたいと思います。 そしてはやくコツをつかみたいと思います。
第一ステップで紹介していただいたペイジを、もう一度注意深く読んでみたい
と思います。 しかし、最終的には英会話は英文法ではなく英文法通りに頭と
口が動く熟練を養うことなのですね。 これからはあまり考えすぎず、英会話
の勉強をして行こうと思います。 ありがとうございました。
また、”パソコン英会話”さんでは、英文法の指導もしていただけるのでしょ
うか。」

パソコン英会話:
「がんばってください。 ほかの皆さんももう一度、第一ステップで紹介した
『英語のスペルは覚えるな』の Page 150~163を読んでみてください。
 また英文法の指導に関してですが、英語の例文数例~数十例を取り上げて、
その多層構造図を描いたものを私のところにファックスで送信してこられ、私
はこれらに訂正や解説を加えたのちにファックスで生徒さんに返信したり、電
話で説明したりすると言った有償サーヴィスを行っていますのでぜひご利用く
ださい。」

みゆき:
「英文法が必要な理由は、それだけではないと思いますが.....」

パソコン英会話:
「そうですね。 今回は英文法が必要な理由として英語→日本語、日本語→英
語の暗算変換の問題を説明しましたが、それ以外にも理由があります。 それ
は教養ある英語を話すには英会話熟練を習得しただけでは充分ではなく、どう
しても英文法知識が必要だと言うことです。 その話題については次回お話し
ましょう。」

「ファン・クラブ通信」 第2号 (2003/11/13) ≪ 今週の話題:英会話に英文法は必要か その1 ≫

皆さん、創刊号はいかがでしたか? 今回は先週に引き続き、ひろしさんのお
悩みにお答えしたいと思います。

パソコン英会話:
「前回ひろしさんのお話の中で、TOEIC点数がなかなか600点に届かないという
ことですが、Readingの点数が上がらないようですね。」

ひろし:
「はい、Hearing に関しては英会話学校に通ったおかげで少しはましですがま
だまだ自信はありません。 Readingのほうは先日受けたTOEICの点数 550点中
3割の 165点でした。 Reading の点数を上げるためには英文法知識が必要だ
と思いますし、それだけでなくネイティヴの言うことが聴けたり、しゃべれた
りするためにも英文法が必要だろうと思うのですが... 英文法についてど
のように勉強すれば良いのか教えていただけないでしょうか。」

パソコン英会話:
「ひろしさんのように、英文法で行き詰ってしまう方もかなりおられるようで
す。 英会話力という観点では、英文法はそれほど重要ではありません。 私
たちが日本語を話すとき、文法を意識していませんし、同様にネイティヴ・ス
ピーカーが英語を話すとき、文法は意識しません。 いかがですか?」

ひろし:
「そうですね 日本語を話すときはそうですが、ネイティヴの英語を聴こうと
思うと、私はそれを丁度暗算をするように、頭の中で日本語に置き換えてから
内容を理解しています。 またネイティヴに対して英語で答える時にも、先ず
日本語で考えてから、それを英文法の法則にしたがって英文に変換(頭の中で
英作文をする)してから、その英文を相手に話しかけると言うプロセスを踏ん
でいるので...そうすると、どうしても英文法が必要となるのですが。」

パソコン英会話:
「母国語以外の会話では、どうしても貴方のようになりがちで、だから英文法
が必要だと思われるのですが、この考え方は根本的に間違っています。 この
ように暗算で英語 → 日本語、そして日本語→英語のプロセスを取っていると
何時まで経っても英会話は上手にはならないのです。

 何故かと言いますと、人間の思考速度は余り速くはなく、また急ぐと間違い
やすくなるからです。 この点ではコンピューターの方が人間よりはるかに優
れています。 一度正しい法則を教えておくと、コンピューターはその通りに
間違いなく、しかも人間の頭よりも遥かに速い速度で、それを処理することが
出来ます。 加減乗除の計算でも暗算より電卓(これも基本的にはコンピュー
ターと同じ)の方が断然勝ちます。

 英文法でも、例えば 現在形の英文で、主語が単数の時は主語の名詞の後に
は “s”がつかず、動詞には “s”がつく。 そして主語が複数の時は主語の名詞
の後には “s”がつき、逆に動詞には “s“がつかないと言う法則があります。
 これは非常に簡単な法則ですが、それさえも貴方のように暗算でこの法則通
りにしゃべろうとすると殆ど必ず間違えます。
 そしてネイティヴと同じように速く格好良くしゃべろうとすると余計に間違
えます。

 ではネイティヴでも同じように間違えるのでしょうか。 私は20才前に英
会話を練習し始めた時に、この事を考えて、ネイティヴはあんなに速くしゃべ
っているのだから、このような三人称単数の場合の動詞に “s”をつけるような
法則を無視してメチャクチャにしゃべっているのではなかろうかと思ったこと
もありました。
 しかし、彼らのしゃべり方を良く観察して見ると、文法的に間違わずに、し
かも速くしゃべっていることが確認できたのです。 私はこの問題をその後い
ろいろ考えているうちに気づいたのですが、人間でも他の動物でも、この問題
は次のように解決しているのです。

 即ち人間でも他の動物でも自分が生き抜くために速くアクションをとる必要
のあることは、生まれながらの本能としてその能力を与えられているか、そう
でない場合には、その体験を何度も何度も繰り返していると、それが反射運動
として身についてくるのです。 即ち“熟練”です。 これはコンピューター
の域なのです。

 本能としてこの能力が与えられている場合とは、例えば縞馬がライオンにお
いかけられた時、反射的に全速力で逃げるでしょう。 これは“ライオンに追
いつかれると食べられてしまう。 そうすると自分は死んでしまう。 死にた
くないから、逃げるべきだ”と考えた末での行動ではありません。 まったく
反射的なのです。

 一方、人間にとっての言語は本能として母国語をしゃべる能力が与えられて
いるのではありません。 しかし、その国の母国語(外国語でも同じこと)を
音声ベイスで始終聴いて、しゃべっていると、それが熟練としてその人の頭に
沁み込んでくるのです。 そして結果的には反射運動としてラクに、間違えず
に、しかも速く、頭と口が動いてくるのです。 貴方が英会話を学ぶのも、こ
の道をたどらねばなりません。」

ひろし:
「ということは...英会話を学ぶ場合、英文法は必要ないということなので
しょうか。」

パソコン英会話:
「そうではありません。私がこのように言うと“パソコン英会話は英文法不要
論者ではないのか?”と思われるかも知れません。 しかし、そうでも無いの
です。 私は“英文法必要論者”でもあるのです。」

みゆき:
「英文法の必要性についても教えていたけないでしょうか、 私は海外留学の
ために TOEFLを受けたいと思っています。 それには英文法の克服も必要だと
思いますから...」

パソコン英会話:
「わかりました。 ですが今回は“英文法不要論”だけに留め、“英文法必
要論”は次回ご説明します。」

一同:
「よろしくお願いします。」