「ファン・クラブ通信」 第243号 (2008/07/30) ≪生徒から発音記号についての質問-その1≫

今回は、弊社の発音指導1回目を受けたばかりの生徒さんから寄せられた質問
を紹介します。
今までに弊社から発音を習ってきた全ての生徒さんにも役立つ知識だと思いま
すので、ぜひお読みください。

【質問内容】 
遠藤先生。
先日は迅速に第1回目の発音指導書をお送りいただき、誠にありがとうござい
ました。
懇切丁寧であたたかなご指導をしていただいたお陰で、少しやる気が出てきま
した。
今後ともよろしくお願いいたします。

ところで、ご指摘いただいた発音の仕方で、わからないことがありますので、
お教え願えれば幸いです。 
それは、[ei] と[ai] のときの[i]の発音についてです。
指導書では、「三角絞りの舌」で発音すると良いと教えていただきました。
それで練習しまして、自分なりに 「三角絞りの舌」ができるようにはなりま
した。
しかし、なぜか舌の動きが不自然で、いまひとつ身体になじみにくいのです。
舌を宙に浮かせて[i]の発音をしたほうが、私には自然に発音ができます。

ご著書の「英語脳DVD」の Page 24に、『「e」の音のときの舌先は、「C」の
位置につける場合もあり、自然に宙に浮いた状態になることもあります』と書
かれています。

[ei] と[ai] のときの [i] の発音では、舌先を宙に浮かせてもよいのでしょ
うか。 それともやはり舌先はあくまでも下歯茎につけるようにして「三角絞
りの舌」を練習したほうがよいのでしょうか。

———————————————————————–
                    
【答え】
貴方の [ei], [ai] の [i] の舌の形についての質問に対する答えです。
舌先が少し上っているか下についているかは余り問題にせず、あくまで舌の下
部を細く絞っているところが大事なのです。
「英語脳DVD-BOOK」では「舌先を「C」の位置につける」と書いてあったかも知
れませんが、この書籍を書いた当時は、弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」
第1版に基づいていたのですが、第2版を製作するにあたって、第1版のように、
「舌を必要以上にとやかく言うこと」はやめたのです。
第2版では、「8つの口の形」はやかましく言っておりますが、舌の形について
は余りうるさいことを言わないように根本的に改正したのです。
第1版での指示に厳密に従うと、色々と矛盾が生じることがあったので、第2版
では、その点を改めたのです。

[ei] は、[e] から [i] に移る際、「下顎」を動かすのではなく、「舌」を動
かして発音するのが良いのです。
その理由は「英語発音は日本語発音よりも、はるかに正確に発音せねばならず、
しかも日本語よりも速く発音されていますので、重くて動かしにくい顎よりも、
もっと軽い舌を動かして同じ [ei] を発音する方が物理の原則に適っている
から」です。
日本人は舌を動かして [e] から [i] に移ることには慣れていないので、難
しいと思うのですが、慣れてしまうと、遥かにラクであることが判る筈です。
この際教材テキスト・ブックの Frames Nos. 140~146をご覧にいれましょう。
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/hatsuon/frame140-146.pdf

また、「三角絞りの舌」と名づけている舌の形を上手に見せてくれている生徒
さんの動画がありますので、こちらも参考にしてください。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/hatsuon/video/ei-sample.html

顎を上下に動かすことは全くせずに、舌の形の変化だけで [e] から [i] に
移っているのがお分かりでしょうか。 

広告

「ファン・クラブ通信」 第242号 (2008/07/23) ≪外資系企業に勤めて≫

今回は、Endo メソッドで、発音→英単語→ヒアリング・スピーキングを終了
し、その後、2年後に DynEd(ヒアリング・スピーキング)の再開をされる方を
ご紹介しましょう。

「今回、改めてDynEd を学ばせていただこうと考えたのは、外資系企業に転職
し実践で英語を使う機会が増える中で、更なる実力向上をはかりたいと考えた
からです。
実践の場での経験だけでは、効果的な表現方法を蓄積するには時間がかかりす
ぎるように思われますし、また、実践中心ですと徐々に文法が崩れていくよう
に感じております。」

【国際教育研究所よりの答え】

上記の文章から貴方が良く考えておられることがわかります。
DynEd は実戦英会話よりも、効率的な勉強法なのです。
現在でも、海外で勤務している沢山の日本人が、貴方と同じような考えかたか
ら DynEd を練習しておられるのです。
英語社会にドップリと使っている1時間よりも DynEd 教材に聴き入る1時間の
方が英会話力がつくからです。

また、DynEd を学ぶと完璧な英文法が身につく理由は、DynEd では英文法を教
えてくれるからではなく、完璧な英文法でしゃっべてくれるネイティヴ文章を
そのまま口移しで覚えこんでしまうので、ネイティヴから口移しで取り込んだ
通りに自分もしゃべると結果的には英文法にかなった英文をしゃべることにな
るからです。
このことはアメリカの子供が小学校に行って英文法を習う前から英文法にかな
ったしゃべり方をしているのと同じなのです。
アメリカの子供は英文法通りにしゃべる両親やそれ以外の大人の言うとおりに
口移しでしゃべっているからです。
また英文法通りにしゃべってくれる大人は、その前の世代の大人より英文法に
かなったしゃべり方を継承しているのです。

成人用教材として DynEd には次のようなものがあります。
貴方は既にNDE(New Dynamic English)、 DBE(Dynamic Business English) を
終えておられるので、そのあとから勉強されるのが良いでしょう。

勉強費用は次のように非常に安くなります。
ネイティヴ先生の英会話教育で最も定評のあるベルリッツでの費用は1時間
\10,000 であることと比較して如何にに安いかがお判りと思います。

DynEdレンタル費用: 1ヶ月(30日) \15,000
毎日1時間勉強した場合: \500/hr.
毎日2時間勉強した場合: \250/hr.
毎日5時間勉強した場合: \100/hr

教材名/標準勉強時間
●New Dynamic English 180h~360h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/nde-r/description.html
●Dynamic Business English 60h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/dbe-r/description.html
●Functioning in Business 40h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/fib.html
●English by the Numbers 40h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/ebn/ebn.html
●Hospitality English 40h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/he.html
Advanced Listening 9科目 120h
●The Lost Secret 60h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/ls/ls.html
●First English 96h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/fe.html
●English For Success 120h
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/efs.html

上記の内、最高レベルのものは、Advanced Listening の9学科で、スタンフォ
ード大学の講義そのものを収録したものです。 次の9学科です。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/adl.html

●Advanced Listening 1
Dealing with Stress
Genes and Gene Therapy
The Chinese Economy
 
●Advanced Listening 2
How to Give a Lecture
The Geology of Volcanoes
A Comparative History of Slavery
 
●Advanced Listening 3
The“Invention”of the Airplane
A Perspectives of a Child Psychiatrist
The Miriam Van Waters Story

「ファン・クラブ通信」 第241号 (2008/07/16) ≪高い英会話レベルを持った方の学習姿勢≫

今回は、最近Endo メソッドで英語学習を開始したある方について紹介します。
この方は既に「英検1級」、「TOEFL 627点」を取得されており、英語力を大き
く生かせる仕事についておられる50代半ばの男性です。
最初から英語発音も非常に良いので、弊社の「発音教材」をスキップし、「ヒア
リング・スピーキング教材」の New Dynamic English から始めることになりま
した。
New Dynamic English は全部で8つのモジュールがあり、最初にプレイスメント
・テストを受けてどのモジュールから学習するかを判定するのですが、
この方は、最高レベルのModule 8より始めるようにとの結果が出ました。

「英検1級」のレベルは英文読解力でも TOEIC 満点の990点より上で、英会話力
でも TOEIC 満点よりも上のレベルです。
私(遠藤尚雄)は現役時代には丸紅、富士通、ファナックのような企業に勤め
ており充実していたので、特に自分を他の企業に売り込むためにTOEICや英検な
どを取る必要が無かったのですが、13年前に今の国際教育研究所をスタートさ
せた時に、やはり世間に対して私の英語力を証明するものを持っておいた方が
良かろうとの考えから、初めて67才の老齢で「英検1級」を受けて合格しました。
そのときの経験から、「英検1級」の凄さを知っているのです。
英検1級はここ十数年の内に急速に難しくなっており、以前なら合格した人達が
合格しない、特に2次試験の英会話で落とされるケイスが増えていると聴いてお
ります。
英検1級が余りにも難しくなったので、その救済方法として「英検準1級」の等
級を作り、英検準1級が以前の英検1級に相当するようです。
私が英検1級を受けたのは英検1級が急に難しくなってからのことです。

また TOEFL 627点にしても大変な数字です。
私は今までに多数の生徒に米国の大学院に送り込むための英会話教育をしてき
ましたが、その際、最低限どこかの大学に入り込むためには TOEFL 500、中流
大学なら TOEFL 550 が必要で Harvard, Yale, MIT のような超一流大学の合格
点はTOEFL 600点だからです。

この方は既にこれほど英語レベルが高いのに、DynEd New Dynamic English を
プレイスメント・テストが指定した Module 8 からではなく、Module 1 から
学習したいと申し出てこられました。 New Dynamic English では、自分の
しゃべった音声を録音し、再生する機能がついていますが、ご自分の発音を聴
いているうちにModule 1 のやさしい英文からしっかり学びたいと感じられたよ
うです。 この機会に、英語を聴いたりしゃべったりする際に日本語を介在さ
せるクセを完全に取り除きたいという目的もあったようです。
このように、自分の力に慢心せず、常に克服すべき課題を見つめる姿勢をもっ
てこられたからこそ、現在の高い英会話力を身につけられたのでしょう。

Endo Method は通常の読み書き重視の英語学習から脱却した「音声ベイス」の
学習法であることは常々説明しているとおりですが、これをあまり理解してい
ないため、New Dynamic English の前半のモジュールの文章を少し見ただけで
「英文が簡単すぎる」と甘くみて真剣にやらない生徒がたまにいます。
簡単に見える英文でもそれが読めるというだけというのと、聴いて、自分でも
話すことができるようになることとは全く違うのです。
そしてそのような英文を「聴いてしゃべる」の反復練習で確実にモノにしてい
ってこそ、最終的に長く複雑なことも聴けて、話せるようになるのです。

この方は結局は、Module 1, 2, 3, 4, 5, 6 と駆け足で勉強されたあとに私の
スクーリングを受け、このあとはNew Dynamic English の Module 7, 8 を経
て、その延長線上にあるDynamic Business English, Functioning in Business,
English by the Numbers, Hospitality English, Advanced Listening へと進
まれることになりました。 その段階で次のEメイルを私に寄こされました。

「ありがとうございました。 また精進いたします。」

そして、そのあとで、次のように大変嬉しいEメイルをいただいたのです:

「先日、今年私の部署に配属になった若手職員に、貴コースを勧めました。
もうすぐボーナスだよな、意味のあることに投資しろよ、といいましてね。
おべんちゃらを申し上げるつもりはありませんが、貴メソッドは、これまで過
去35年にわたって英語を勉強してきていろいろな教材に触れてきた中でも、出
色のものと思っております。 これからもやる気がありそうな若者には推薦し
てまいる所存です。」

ファン・クラブ通信の読者の中には、発音学習中の方、単語学習中の方、そし
てNew Dynamic English 学習中の方がいらっしゃるでしょう。
これから夏の休暇などもあり、ご自分の英語学習をいっきに進めようと計画し
ている方も多いと思います。

この夏は価値あるトゥールである英会話力を身につけるために、いつもより多
く時間を割いてはいかがでしょうか。
まだEndo メソッドを検討中の方も含め、より多くの方が今夏、決意を新たに
してEndo メソッドの英会話学習に取り組まれることを願っています。

「ファン・クラブ通信」 第240号 (2008/07/09) ≪非常に役立つスクーリング-4≫

ヒアリング・スピーキング教材「New Dynamic English」
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/360c/hs.html)のスクーリングを受けた
生徒から寄せられた感想文をご紹介します。

今回は在米の方ですが、周りにたくさんネイティヴがいる状況でありながら、
彼らはいちいち発音の間違いを指摘してくれないので、ずっと間違いに気づか
なかったということ、そのことを弊社のスクーリングで指摘されて初めて気づ
いたこと、などを報告してくださっています。

New Dynamic English は基本的に独学ですが、発音指導と同様、独学の経過を
チェックするためにスクーリングを行う場合があります。
今回の感想文のように、発音の細かいところまで懇切丁寧な指導を行っていま
す。
詳しくは次のURL をご覧ください。
「1対1の個別指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

T. Y. さん

今回のスクーリングで大きく分けて4つの効果がありました。

1、マイクロフォーン・ボタン押し回数が何回くらい必要なのかわかった。
2、発音再チェック
3、勉強の効果を自分で確認し自信を取り戻した
4、今の自分に最も合った勉強法

マイクロフォーン・ボタン(自分の音声を録音するボタン)の押し回数は終了
してみないと自分が何回押しているのかがわかりません。
私の場合、Module 6でリピート・ボタンが3630回、マイクロフォーン・ボ
タンが4853回でマイクロフォーン・ボタンについては遠藤先生の推奨する
5000回にかなり近い数字でした。
しかし、その回数で本当に実力が着いているのか、音声としてあたまにこびり
ついているのかは疑問がありました。

スクーリングでの遠藤先生からのアドヴァイスでは、やはりもう少しマイクロ
フォーン・ボタンの回数を増やした方がよいとの結果。
考えてみると練習し始めの何回かはマイクロフォーン・ボタンを押し、詰まっ
てはもう一度押し、を繰り返し、ろくに何も言えていない回数がかなりあるは
ずだと気づきました。

今まではいくつかの文章をまだ上手く言える自信はないけれど、進度パーセン
テージが90%を超え、マスタリー・テストで100点が取れると次のModule
に進んでいたのです。
がやはり進度パーセンテージが100%近くなるまでするべきだと思いました。
90%~95%だと最後の詰めが甘いような気がします。
残りの10~5%が遠藤先生が指摘した「もう少しマイクロフォーン・ボタン
が必要」という「もう少し」に当たるのかもしれません。

スクーリングの際、間違った発音、上手く言えていない発音、自分では気付か
なかったであろう間違いにいくつか気付くことができました。
‘together’という単語はge の e の発音に y を混ぜて発音していました。
カタカナでいうと「トゥギャザー」となっていたのです。その時は遠藤先生が
もう一度正しい発音で言ってくれ、私が繰り返すだけでした。
あとで辞書で発音記号を確かめてみてはっきりと自分の間違いに気付きました。
そして私は g と e の組み合わせの発音が苦手だと発見したのです。
そうなるとその他の単語も芋づるしきに出てきました。
’gigantic’’guarantee’ (guaの発音) などなど。

もう一つ指摘された発音は’month’の複数形の’months’ですが、
(ths の部分)個々では発音できるのに文章のなかでははっきり発音できず聞
こえていないことが分かりました。

私は今在米なのですが、こちらの人は私の発音を逐一指摘して訂正などしてく
れません。
気になる発音をしつこく尋ねればOKかそうでないかくらいの判断はしてくれ
ます。
ですが実際よく使う’together’の発音など指摘されたことはありませんでし
た。
つたない英語だと周りの人は内容を推測してくれ、聞き取りにくくても理解し
てくれるのです。
誰も私の英語力を向上させようと必死にはなってくれません。
海外に来ようとも、頼れるは本当に遠藤先生の熱心な指導と自分の勉強量だけ
なのです。

今回のスクーリングの後から勉強にかなり熱が入るようになりました。
個人指導のおかげだと思います。

私は人より進度は遅いけれど、この方法で順序で間違ってはいないのだ、と確
かめることができます。
自分の進度とそれとともに本当に実力が着いているかを実際に確認してもらう
ことはこれから先に進んで行くためのバネになりました。
英語の生活にどっぷりと浸かっていると自分が少しくらい進歩したところで英
語の世界は無限に目の前に広がっているのですから、自分の実力の微々たる進
歩などにはなかなか気付けないものです。
そのせいか、反対にどんどん自信をなくしてしまっていたのです。

それから最後にこのままNDE(New Dynamic English) を終わらせるよりもDBE
(Dynamic Business English) に進んだ方がよいと言われました。
遠藤メソッドもどんどん進化しているようです。
自分に合った勉強順序や最新情報を得るためにも遠藤先生から直接指導を受け
てよかったと思います。
これから、何としても英語をものにするまでしっかりしがみついて行くつもり
です。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

「ファン・クラブ通信」 第239号 (2008/07/02) ≪非常に役立つスクーリング-3≫

先週に引き続き、ヒアリング・スピーキング教材「New Dynamic English」
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/360c/hs.html)のスクーリング感想文を
ご紹介します。

New Dynamic English は基本的に独学ですが、発音指導と同様、独学の経過を
チェックするためにスクーリングを行う場合があります。
詳しくは次のURL をご覧ください。
「1対1の個別指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

H. Y. さん

いつもお世話になっております。
本日はスクーリングをして頂きありがとうございました。
お陰でこれからDynEdを進めて行く上での課題が分かり、DynEdをす
る意義を再認識致しました。

DynEdの教材に同梱されていた『DynEd CD-ROM マニュアル』
という冊子の“英文法が大事”、“単数/複数の観念を持ち、冠詞の違いを正
確に知りながら CD-ROMを注意して聴くのと聴かないのとでは、
アメリカ語のリスニング増強の上で大きな違いが出てくる”との文章が心に残り、
英文法を正しく早く理解しなければと、そちらに気を取られておりました。

DynEdの目的は、まずは音声ベースで英語を身に付ける事だったのですね。
スクーリングに対しての私個人の至らぬ考えを述べさせていただこうと思いま
す。
スクーリングは意義があるので、していただければ嬉しいです。
ですがその意義がどれだけ大きいかは、受けてみないと分かりません。
それは国際教育研究所の今迄の資料にスクーリングについて詳細に書かれ、そ
の意義を述べた物がないからだと思います。

発音指導と同様にコースにあらかじめ入っているのが助かります。
コースとは別で、新たな支払いでの申し込みになるとスクーリングの意義を理
解していない人や遠藤先生に対して恐縮・遠慮してしまう人は申し込まないと
思います。 (国際教育研究所注:現在では別料金となりました)

遠藤先生に対し恐縮・遠慮してしまう人というのは、遠藤先生が多忙である事
や今迄の経歴・実績を考えたり、ファン・クラブ通信の文章や掲示板での受講
生の方との応答を読み、とても論理的に物を考えられ、その意味で厳しい方な
のだと想像してしまうのではないかと思います。

私はスクーリングを受けさせていただいたので、包括的な視点での課題から詳
細な課題まで指摘して頂けた事によりその内容の濃さ・意義が認識出来ました。
今後も今回の課題が克服されているか、又、新たなその時点での課題は何か、
軌道外れの学習をしていないかを指摘して頂けるなら有料でも受ける価値があ
ると思いました。
そして文字だけでは分からなかった遠藤先生の温かい人間性に直接触れさせて
いただき、物質のみに囲まれた無味乾燥な独学をしていての孤独感の寂しさが
ありましたが、活気を得た気がしました。
これは私が一人暮らしの為でそうでない方には関係ないかもしれません。

私が考えるスクーリングの良さは以下になります。
【私が考えるスクーリングの良さ】
◎DynEdをしていてのその時点での課題を指摘して頂ける。
◎学習方法が間違っていたら軌道修正をして頂ける。
◎無味乾燥な学習になりがちの中で、直接遠藤先生と話す事により、精神面で
の安定感を得られる。
◎ e-mailより要領を得た応答が出来る。(e-mailだと質問し忘れたりする事
 が訊け、その場ですぐ返事が頂けるなど)
◎直接、遠藤先生の見識に触れ、それまでの資料等では得られなかった知識を
得たり出来、学習に自信を持ち、より一層やる気が出る。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

スクーリング感想文シリーズは次週で最後です。 楽しみにお待ちください。