「ファン・クラブ通信」 第50号 (2004/10/27) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第4話≫

このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されています。 そして前回
までの3話で(A)の説明を終えました。

この第4話では、
 (B)何故高速勉強が可能なのかの理由
  1)「方法論」がしっかりしています。 について説明しましょう。
(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

          ───────────────

1)「方法論」がしっかりしているのです。 次の URLです。

  「なぜ英語が聴けないのか、話せないのか?」

   http://www.pasocon-eikaiwa.com/naze/
このURLは既に見られた人も沢山おられると思いますが、これが
“Endo Method”(登録商標)のバイブルのようなものですので、再度ご紹介し
ます。

これをゆっくりと見られると1時間程度もかかりますので、
今回の “Endo Method”の全貌 第4話は、これで終わりとさせて頂きます。
              (このあとは本シリーズ第5話に続きます。)

「ファン・クラブ通信」 第49号 (2004/10/20) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第3話≫

創刊以来、毎週木曜日に配信してまいりました「ファン・クラブ通信」ですが
今回より、毎週水曜日の配信に変更させていただきます。
このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されていますが、今日は前回
に引続き(A)について説明します。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

          ——————————

先週は「約6ケ月で英語脳を鍛え上げていく教育法です。 他と比べれば、半
年後の効果の違いは歴然です。」で終わりました。 

では「半年後の効果」とは具体的にはどのようなものでしょう。
私が「Endo Method」に基づき、長年英語教育を行っている“ファナック(本社
:山梨県)”では、次の表のような結果が出ているのです。
       ファナックでのTOEIC点数の伸び(過去3年間)

   ┌────────┬─────┬─────┬─────┐
   │  教育結果→  │     │     │     │
   │    クラス↓  │平均アップ│最大アップ│絶対点最高│
   ├────────┼─────┼─────┼─────┤
   │13年中堅(前期)│    130│       265│       810│
   ├────────┼─────┼─────┼─────┤
   │13年中堅(後期)│       183│       320│       865│
   ├────────┼─────┼─────┼─────┤
   │      14年新人  │       116│       270│       890│
   ├────────┼─────┼─────┼─────┤
   │      14年中堅  │       115│       300│       730│
   ├────────┼─────┼─────┼─────┤
   │      15年新人  │       176│       320│       855│
   └────────┴─────┴─────┴─────┘

以上のように、「Endo Method」はわずか半年間でこのような結果がでる学習
法だということがお分かりいただけたと思います。
              (このあとは本シリーズ第4話に続きます。)

「ファン・クラブ通信」 第48号 (2004/10/14) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第2話≫

このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されていますが、今日は(A)に
ついて説明します。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

———————————————————————-
 
Endo Method の教育法は私(遠藤尚雄)が国際担当の常務取締役をしていたフ
ァナック株式会社で私が育てた日本で最も効率の良い英会話教育法なのです。
日本経済新聞社が「日本の優良企業ランキング」の調査を開始してからファナ
ックは製造業全体で1位になったことが何度かあります。
 他にトヨタ自動車、京セラ、ソニー、日本ゼロックスなども1位になってい
ますが、過去20年以上を通じての平均ではファナックがトップなのです。 
ファナックはそういった超優良企業なのです。

工作機械のコンピュータ数値制御で世界シェアの5割を占め、米国の巨大電機
メーカーGE(ゼネラル・エレクトリック)社と、世界最大の自動車メーカーGM
(ゼネラル・モーターズ)社との対等合弁会社を傘下に持つほどの企業力を誇
るファナックでは、毎年1月に、開発や販売におけるグローバルな方向性を決
める会議をファナック本社で開催しています。

日本側の参加者80名程度に対し、海外からも80名程度の参加者が集うこの
会議で、最近数年は日本側からの英語での発言が非常に活発になってきたのは、
まさしく「ファナック式英語教育法」のお陰なのです。 専門分野なのでプロ
の通訳などは役立たず全員が英語で討議するのは当然のことです。 これが如
何にGE Fanuc AutomationやFANUC Robotics Corporation (GM系)の幹部との密
接な交流に役立ち、ファナックの国際競争力を増しているか、計り知れないも
のがあります。
“英語脳”を鍛えあげる、驚きの独学法

現在ファナックの新入社員や部課長クラスの英語教育を一手に引き受けている
のが、ファナックの元常務で、GE Fanuc Automation Europe社長やFanuc GE A
utomation Asia社長を歴任し、現在弊社(株式会社 国際教育研究所)のCE
Oである私なのです。

毎年ファナックから選抜される60人程度に対しその教育方法は、CD-ROM教材を
活用したパソコン独学なのです。実用英語を身につけるまでの過程を「英会話
習得方法論」「発音力アップ」「語彙力アップ」「ヒアリング・スピーキング
力アップ」の4ステップに分け、それぞれに対してもっとも効率のよい学習法
を提供しています。

「聞き流しやネイティブによるマン・トウー・マン・レッスンに代表される従
来の学習法は、英語脳を育てる基礎をおろそかにしている」との反省をもとに、
独自のメソッドで4段階のステップを短期間に駆け上がり、約6ヶ月で英語脳
を鍛え上げていく教育法です。他と比べれば、半年後の効果の違いは歴然です。
 
              (このあとは本シリーズ第3話に続きます。)

「ファン・クラブ通信」 第47号 (2004/10/07) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第1話≫

この「ファン・クラブ通信」は“Endo Method英会話習得法”を理解していた
だくことを目的に号を重ねてまいりました。
 “Endo Method” は弊社の登録商標です。この Endo Method に関して毎回色々
な項目に関して私の考えをご紹介し、また生徒さんのご意見、ご質問も取り上
げてまいりましたが、掲載順序は全くランダムに、思いつくままの順序となっ
ていました。

そこで、次回からはEndo Methodの全貌を系統立て、シリーズとしてご紹介し
ようと思います。 が、今までの号と多少重複するところもあるかも知れませ
ん。

このシリーズをしばらく続ける予定ですが、その間に適時ご報告の号を配信す
る場合もあると思います。

先ず、シリーズ全体の目次は次のようになります。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
  1)「方法論」がしっかりしています。
  2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
    方式を持っています。
  3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
    て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
  4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

これをご覧になることにより、”Endo Method英会話習得法”の真髄をご理解い
ただけることと確信しております。

楽しみにお待ちください。