「ファン・クラブ通信」 第371号 (2010/12/29) ≪DynEd 国際会議2010-その8「幼児、小学生向けのLet’s Go 教育」≫

12/15付「ファン・クラブ通信」第367号の「DynEd 国際会議2010-その8」では、
「中国におけるDynEd の大規模教育」について書きましたが、
今週は「幼児、小学生向けのLet’s Go 教育」の報告をしましょう。

中国では子供が非常に熱心にLet’s Go を勉強しています。
Tieling 市の New Hope School を訪問しましたが、ここでは10年前から
Let’s Go を教えており、4年ほどLet’s Go を続けている子供になると英語が
非常に上手になっています。

優秀なネイティヴ先生が4人とアシスタントの中国人先生が4人いて、 生徒は
DynEd Let’s Go を自宅で勉強しながら、週に1~2回学校に来て 30分勉強し、
時々15名ぐらいのグループで1時間程ネイティヴ先生と活発に英語で話をしています。 

この学校の経営者の奥さんがフィリピン人なので、ネイティヴ先生は全て
フィリピン人です。
フィリピン人で高学歴の人達はアメリカ人に近い程英語が上手なのです。
Let’s Go を採用する前からこの奥さんが100人程の子供に英語を教えていたのですが、
この100人の生徒を母体として、10年間で生徒数を1,000人ほどに増やしてきました。
そして教材としては、Let’s Go を全面的に使うようになっているのです。

中国人のアシスタントの先生が、パソコンの使い方、DynEd 教材のアイコンの
押し方などを教えたり、子供の DynEd Study Record を見て、それに基づいて
子供のお母さんに種々のアドヴァイスを与えています。
即ち弊社の学習指導書のようなことをしているのです。

このようにお母さん達が子供の英語勉強に熱心だと、お母さん達も DynEd の
勉強をしそうなものなのに、大人の生徒はこの学校では教えていません。

その理由は Tieling は人口数万人の小さい都市で、英語を必要とする産業が
全くないからです。
しかし、子供の将来を考えると、Tieling 市よりもっと産業が進んでいる都市
(北京、上海、香港など)に移動して英語が必要になることを考えているので、
子供には熱心に英語を学ばせているのです。

現在、国際教育研究所では DynEd 教材勉強者に対して、完璧な p-e net (e-Learning)
による指導を行っています。
即ち「学習指導書」のイー・メイル発信と Skypeによる「スクーリング」です。

しかし、今の弊社の方式で、将来何万、何十万人に完璧な DynEd 指導を行うためには、
中国の New Hope School のような学習指導法を採用する必要があかも知れず、
今後は New Hope Schoolの校長と緊密な連絡をとって、同校の学習指導方式を
参考にしたいとも思っております。

現在でも試験的に1名のアメリカ人女性で数年日本の大手英会話スクールで
英会話を教える経験をもった人を弊社では採用していますが、この人は
TOEIC テストのように、生徒が DynEd で急速に英会話力をつけてきている状況
をテストするためにしか利用できていません。

しかし、このようなネイティヴ先生に DynEd による優れた勉強法を学んでもら
うと、中国の New Hope Schoolのような完璧な学習指導が出来るようになるかも
知れません。

幸い DynEd には Teacher Training Course(TTC)と言う非常に優れた DVD が
既に完成していますので、これを利用してネイティヴ先生を育てて行くことが
出来るのです。

ただし、弊社の現在の「学習指導」が不十分なのではありません。
次のURLのように完璧な学習指導をしています。
New Hope School 以上のことをしていると自負しています。 
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/air.pdf

それをもっと大きな規模で実行するには、New Hope Schoolのようなことも参考
にはなるという意味です。

しかし、11/24付「ファン・クラブ通信」第364号「コーチング」でご報告したように、
中国でも弊社がしているような e-Learning による「コーチング」、即ち
p-e net のような方式、に移行する方向も見られますので、弊社としては、
あくまで e-Learningによる「コーチング」体制を強化していく方が良いのかも
しれません。

この中国全体での DynEd コーチングの進む方向は DynEd Chinaの
「コーチング」責任者から聴いた話で、この分野では弊社が遥かに先輩なので
すから、DynEd China を弊社が指導していくことも考えているのです。

「ファン・クラブ通信」 第370号 (2010/12/27) ≪年末年始の大幅値引き販売≫

臨時号です。
年末、年始は、次の教材を大幅値引きして販売しますので、この機会に
ぜひご発注下さい。

【発注期間】: 2010年12月27日~2011年1月15日

【対象商品】:

◆日本文化
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/books/japanese-culture/japaneseculture.html
◆英語のスペルは覚えるな
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/houhouron/spell.html
◆これでもダメなら英会話はあきらめなさい
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/houhouron/koredemo.html

【値引率】 30%、更に送料弊社負担

大幅値引きをさせて頂く理由は、「遠藤メソッド」で「発音」、「英単語」、
「ヒアリング・スピーキング」、「英文法」などの補助教材として非常に優れ
たものが沢山あるのですが、この際それらに目を向けて頂き、「遠藤メソッド」
での英会話力アップに役立てて頂きたいのです。
宜しく、お願いいたします。

「ファン・クラブ通信」 第369号 (2010/12/27) ≪年末年始の休業お知らせ≫

臨時号です。
年末、年始の休業お知らせです。

休日: 2010年12月30日~2011年1月4日

ただし受注、出荷などの事務のみ休業として、生徒さんからの勉強問い合わせ
には、年末、年始とも社長の遠藤尚雄が電話、Skype、イーメイル応対をさせて
頂きます:

正月休みに旅行、買い物、その他で外出される方も多いと思いますが、なかには、
自宅にとどまって「一年の計は元旦にあり」と心を新たにして「英会話勉強」に
励む方もあろうと思います。
そのような方に十分なサポートをさせて頂きたいのです。
どうかご遠慮なく、何でもお尋ねください。 海外の方は Skypeも結構です。
国内の方も、1時間~2時間と私に相談事のある方は Skype 交信で願います。