「ファン・クラブ通信」 第98号 (2005/09/28) ≪ Endo Method 17:私が英会話に強くなれたわけ – 8 ≫

・自分の「言語係数」の低さに気が付かない限り、上達はない

だがそういう人でも、英語のできないほかの日本人から見ると、英語がペラペ
ラのように映ります。 また繰り返して相手の話を聞いたり、字で書いてもら
ったり、さらに絵で説明してもらえば、言語係数 0.3 の実力でも大体 7 割く
らいは話が通じ合うので、本人も自分の英語力を過大評価してしまっている場
合も少なくないのです。

これは視点を変えて、他の国の人から日本人を見た場合を想像すればわかりや
すいでしょう。 彼らから見れば、日本人なら誰でもみんな日本語が達者に見
えるかもしれない。 けれども実際には、日本語を話したり書いたり読んだり
する能力は、すぐれている人もいれば、そうでない人もいます。
日本人の日本語言語係数 1.0 とは言っても、厳密に言えば少しの差異はあり
ます。 また、大人の日本語力と子供の日本語力とでは大きく違います。 
即ち、子供の言語係数は 1.0 よりは低いでしょう。 同様に、アメリカ人は
われわれ日本人から見ると、どんな小さな子どもでも英語を話し、それで通じ
ているが、だからといって小学生の彼らのしゃべる英語が大人と同じような水
準のペラペラではないのです。

けれども困ったことに、小さな子供であれば、自分の未熟さを自覚しないもの
です。 自分を客観的に評価できないほど未熟であるということなのです。
さて貴方はどうどうでしょう。 試しに次の英単語をどれだけ知っているかチ
ェックしてみてください。 もしこの中で半分以上知らない単語があるとすれ
ば、残念ながらあなたの英語の実力は言語係数 0.3 の域を超えているとはい
えないでしょう。

abuse(動) 乱用する、悪用する, (名) 虐待/乱用、悪用
belly(名) 腹           
bosom(名) (女性の)乳房
consolidate(動) 合併する、(地位などを)強化する
fist(名) げんこつ、握りこぶし
heed(名) 注意、(動) 気を付ける
hideous(形) ぞっとする、忌まわしい
hinder(動) 妨げる、邪魔する
howl(動) 遠吠えをする/(人が)わめく
indignant(形) 憤慨している、怒った
isle(名) 小島、島
pastime(名) 気晴らし、娯楽
poke(動) (指や棒で)突く
prick(動) 突き刺す/苦しめる
sheer(形) まったくの
shrug(動) 肩をすくめる
soar(動) (空高く)舞い上がる
stammer(動) どもる、口ごもる
stoop(動) かがむ
tickle(動) くすぐる

(『アニメで覚える英単語』のCD-ROMより)

広告

「ファン・クラブ通信」 第97号 (2005/09/21) ≪ Endo Method 16:私が英会話に強くなれたわけ – 7 ≫

自分は異国人だし、言葉ができなければ相手はその分斟酌して、こちらの力を
評価してくれるだろうなどと思ったら、大間違いです。
特に異なる国の人たちが集まってできたアメリカでは、言葉を尽くして自分を
わかってもらうというのが社会生活の基本です。
だから、それが上手にできない者は無能力だと思われてしまうのです。
短い間だけ滞在する観光客なら、言葉がわからなくても問題ないが、そこにと
どまって相手と対等に仕事をしたいと思うなら、言語係数は1まで引き上げて
おかなければならないのです。
誰だって、何を言っているかよくわからない人を相手に仕事をしたいとは思わ
ないからです。

このことは、実は私自身が実際に知ったことなのです。
ファナックがアメリカと共に現地会社をつくったとき、日本では優秀な評価を
得ている技術者をそこに送ったことがありました。 ところが彼は自分の専門
分野の技術に関してはすぐれていたにもかかわらず、惜しむらくは英語があま
り上手ではなかったのです。 そのことが致命傷になったのです。
アメリカに赴任して、向こうの人たちと一緒に仕事をしても、言葉ができない
ために周りの人間関係もギクシャクしてしまい、仕事の能力についても低い評
価しか得ることができなかったのです。

私は彼の実力を知っているだけに、そばで見ていて歯がゆい思いをしたもので
した。 言葉さえできれば、彼ほどの実力なら、もっと専門分野での力を発揮
できたのにと残念でならなかったのです。

商社などの駐在員で海外生活数年という人でも、言語係数0.3くらいのレベル
にとどまっている人は案外多いのです。
海外滞在をすると、たいていの人は最初の1年から3年くらいの間に英会話の
力は急速に伸びます。
だから同じ上昇カーブを描いてどんどん上手になるだろうと思いがちですが、
そうとばかりはいえないのです。
言語係数0.3あたりで頭打ちになって、なかなかそれ以上にはいかなくなるケ
ースも決して少なくないのです。

私がいたファナックで、5年から15年の海外勤務をした従業員19名について英
会話の実力を実地に調べたことがありますが、その結果も、やはりこれまで
述べてきたことと同じようなものだったのです。
つまり、ほとんどの人が初めの1年から3年くらいの間に飛躍的に英会話の力
が伸びたが、そこで止まってしまい、その後は何年たっても横ばい状態で、そ
れ以上に伸びなかったのです。
そして止まったときの力は、やや乱暴にまとめると言語係数0.3あたりで、
中にはそれ以下という人も少なからずいたのです。

「ファン・クラブ通信」 第96号 (2005/09/14) ≪ Endo Method 15:私が英会話に強くなれたわけ – 6 ≫

平成17年5月18日配信の79号より、【パソコン英会話】ファン・クラブ
通信では Endo Methodについて連載しています。

テーマは「英会話勉強法の速度」、「海外留学の限界」と進み、現在は「私が
英会話に強くなれたわけ」をお届けしています。

適時 Endo Method シリーズから離れた話題が入っていますが、今回で15回
目となり「私が英会話に強くなれたわけ」の6回目をお送りいたします。

過去配信した号につきましてはバック・ナンバーをご覧ください。

  http://www.pasocon-eikaiwa.com/fanclub/back_num/

   ———————————————————-   

Endo Method-15  私が英会話に強くなれたわけ-6

私はその後、いろいろな経験を積むうちに、やっとわかったのですが、こうい
う時期は英語習得の過程においては誰でも経験することだったのです。
その時期が私にも訪れただけのことだったのです。
あれほど悩んだりがっかりしたりする必要はなかったのです。
しかし当時はそのことがわからなかった。そのことを教えてくれるような人も
周りに誰もいなかった。

 どういうことか少し詳しく説明しましよう。 英語を習得しようとするとき、
初めのうちは勉強すれば、ある程度までは順調に伸びるものです。 けれども
ある程度までいくと、そこから先がなかなか伸びない。 いわゆるスランプの
状態に陥るのです。

ここでいう「ある程度」というのは、多少個人差はあるかもしれませんが、平
均的にいうと、たとえば買い物をしたり、レストランで食事を注文したり、友
達と自分の家族について説明したり、ありきたりの世間話などができる程度で
です。
しかし複雑で高度な内容になるとお手上げになってしまう。 たとえば仕事の
話、趣味の話、また最近読んだ本の話など、もっと深く掘り下げて語りたい。
しかしそれが英語で語れない。 そういう程度の英語の力をさしています。 
私はこのくらいのレベルの英語力を「言語係数0.3」と表現しているのです。
「言語係数 (Language Coefficient)」というのは何か。

これは、私が提唱している言語能力を測る指標で、我々の「日本語言語係数」
は誰も 1.0 です。即ち、日本語と言う母国語を媒体として、自分の頭を動か
している範囲のことを全部伝えられ、また相手の言うことが一度聞いただけで
全部わかる状態です。

もし同じ程度に自由に英語を駆使出きれば、英語の言語係数も 1.0 と言うこ
とになります。 それに対して英語言語係数0.3というのは、3割しか伝え
られないし、また3割しか理解できない状態をさしています。 英語言語係数
が0.3でも、相手に言っていることを何度も繰り返してもらったりすれば7
割くらいは理解できるでしょう。

しかし一度では大体3割くらいしかわからない。 言語係数0.3といっても
厳密な区分けではないので、数字にあまりこだわる必要はないが、私も英語力
が頭打ちになった状態のときは、おそらく言語係数0.3くらいだったでしょ
う。
言語係数という考え方は、日本人が日本にいて日本語でしゃべっている分には
切実感を伴いませんが、海外に住んで日本語が通じないところで生活してみる
と、そうはいきません。

たとえばある人の仕事の実力が100だとしましょう。 日本で暮らして日本
語を使えれば、その人の日本語の言語係数は1でですから、仕事の実力は
100×1=100となります。 即ち、日本社会では全ての日本人の日本語
言語係数は 1ですから、1と言う係数はどのような数字にかけても、元の数
字は変わらないので、そもそも言語係数を意識する必要がないのです。

しかし、英語社会に漬かった場合を考えると、100の実力があっても、英語
の言語係数が0.3なら、100×0.3=30 の評価しか周囲からしても
らえないことになってしまいます。 つまり、その人は言葉が障壁になって自
分の考えを30%しか相手に伝えることができないし、相手の考えも30%しか理
解できません。
これではその人はその社会で一人前の扱いを受けることは難しいのです。
(註:聴ける言語係数としゃべれる言語係数は厳密には同じではないのです。
      通常しゃべれる係数の方が聴ける係数よりも小さいのです。)

「ファン・クラブ通信」 第95号 (2005/09/07) ≪ 英会話とスポーツ ≫

Endo Method が他のあらゆる英会話勉強法よりも優れている理由のひとつに
「英会話は勉強ではなく、芸事だ、トレイニングだ」と言う認識があります。
このことを忘れないようにもう一度「なぜ英語が聴けないのか 話せないの
か」の Pages 7-8/53 をお読みください。 次の URLです:

  http://www.pasocon-eikaiwa.com/naze/5.pdf

芸事の典型例として野球のバッティングやゴルフ練習を例に出しましょう。

野球でも初めから実地の試合で場数を踏むよりも、バッティングやピッチン
グ/キャッチングの練習をみっちりとしてから試合に出る方がはるかに速く力
がつくのです。
ゴルフも同様に初めからゴルフ・コースに出るよりも、ゴルフ練習場で打ちっ
ぱなし練習を1~2ヶ月して安定して球が打てるようになってからゴルフ・
コースに出る方が進みがはるかに速いのです。
そのために野球では「ピッチング・マシン」があり、ゴルフでも「ゴルフ練
習場」があるのです。
しかも、これらの練習の際には自己流で練習するのではなく、老練なコーチ
につくことが重要なのです。

英会話も上記の野球やゴルフと全く同じです。
例えば「ヒアリング・スピーキング」の練習では、普通の学び方は本番の
「ネイティヴ先生による会話」から入るのですが、Endo Method では「野球の
バッティング練習」や「ゴルフの打ちっぱなし」と同様に英語のセンテンス・
パターンを一つ一つネイティヴの発音を聴いては、それが自分の頭の残音領域
に残っているうちに声に出して吐き出す、という練習を50回づつするのです。
それを約 1,000 種類のセンテンス・パターンについて練習するのです。
そして、この時に弊社のコーチについて間違った練習をしないように正しい
練習法を学ぶのです。
これが弊社の p-e net(インターネットによる個人指導)による指導です。 
即ち次の URLのような数字をコーチが分析しながら、生徒を懇切丁寧に指導す
るものです。

  http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/fc/sinkou.html

しかし普通の英会話学校の先生はこの「英会話は芸事であり」、「芸事は単純
作業の反復練習が必要」との根本原理がわかっていないので、生徒は一生かか
っても英会話が上手にはならないのです。