「ファン・クラブ通信」 第286号 (2009/05/27) ≪DynEd のABC ボタン≫

最近、生徒さんと、スカイプを使ったスクーリングをしていて、数名の生徒に
同じ問題が見られましたので、ファン・クラブ通信でこれを紹介します。

現在Endo Method のヒアリング・スピーキング教材 New Dynamic English (NDE)
その他の DynEd 教材を勉強中の方々は特に注意してお読みください。

8歳くらいまでの言語吸収能力に優れた時期を過ぎた「大人」の場合、
英文をただ「聴き流す」だけではダメで、各英語文章を「聴いて、しゃべる」
ことを50回繰り返すことが大事である、ということは、何度も説明しているこ
とです。

しかし、これは、英文の意味も分からずにただやみくもに50回聴いてしゃべれ
ばよい、というわけではありません。

新しく出会った英語文章の時には、50回「聴いてしゃべる」を繰り返す前に、
まずABCボタン(英文テキスト表示ボタン)を3回から5回程度押して、ネイテ
ィヴ音声を聴きながら英文字幕を出し、細かいところが正しく聴き取れている
かをチェックし、その英文章がどんな意味なのかを完全に理解しておくことが
大事です。

これをやってから「50回繰り返し」に入らないと、効果が充分出ません。

ABC ボタンを押して英文字幕を出したら、次のことをしてください:

○ 英文法的に納得出来るようにする。

○ それには5文型の区別をつけ、

○ 主語が単数か、複数かを判断し、単数で普通名詞の場合は countable
(可算名詞)かそうでないかを考え、可算名詞の場合は不定冠詞か定冠詞がつ
いているので、それらがネイティヴ発音から聴き取れていることが必要

○ 複数名詞の場合は名詞のあとに s が付いている筈で、それがネイティヴ発
音から聴き取れている必要がある

○ 可算名詞で単数の場合で、文章が現在形の場合は、動詞の原型に s がつい
ている筈なので、この s がネイティヴ発音から聴き取れている必要がある。

○その他、前置詞句の場合、それが into なのか on toなのか、など、それぞ
れの単語が全て正しく聴き取れる必要がある。

このように、あくまで全ての単語が正確に聴き取れて、自分でも正確に言える
ようになり、文章の意味も良く分かるようになってから、次のリピート・ボタ
ン/マイク・ボタン50回のサイクルに入るのです。
50回サイクルの練習をしている時に、英文の意味が分からず、細かい発音も聴
き取れていないとなると、学習効果が上がりません。
同じ時間と労力をかけているのに、非常にもったいないことだと思いませんか。

このように、新しい文章の最初の3~5回はABCボタンを押すことが大事なのです
が、そのあと50回サイクルに入ったらむやみにABC ボタンを押さないようにし
てください。

ABCボタンもリピート・ボタンと同じくネイティヴ音声が再生されます。
だから、リピート・ボタンのかわりにABCボタンを押す人がいるのですが、これ
は避けてください。
50回サイクルの時は ABCボタンではなく、リピート・ボタン(ネイティヴ音声
のみ再生)を使うのです。
同じネイティヴの英語を聞いても、英文字幕を見ながら聞くのと、字幕無しに
ネイティヴ音声のみを聞くのとでは、英文音声が頭に定着する効果が非常に異
なってくるのです。 字幕無しに英文を聴いてこそ、大きな効果があるのです。
いつまでも浮き輪を使っていては、泳ぎがうまくならないのと同じです。

広告

「ファン・クラブ通信」 第285号 (2009/05/20) ≪安い英会話勉強法-2≫

先週は「英会話の入り口」である英語発音を最も、短期間に、しかも安く、
習う方法をご紹介しましたが、今週は、いよいよ「英会話をものにする」には
どのような安上がりの勉強法があるかをご紹介しましょう。
ここで「ものにする」と言うところが大事で、いくら勉強費が安くても、
「ものにならない」ような勉強法は「安い」とは言えません。

先週は費用の高い順番から、語学留学、アメリカン・スクール、高級英会話学
校、一般英会話学校、安いCD-ROM、DVD 教材などを検討しました。

これらのうち、「ものになる英会話」の力がつく方法はどれか、そして、
それだけの妥当な価格か、安いか、高いか、を検討してみましょう。

語学留学は高いだけで、英会話力は1年もかけているのにつきません。
アメリカン・スクールはテイプ・リコーダーのような頭の構造をした子供なら
2~3年通うとかなり英会話力がつくでしょう。
しかし600~900万円はかかるでしょう。

高級英会話学校は英会話力はある程度ついても、200~300万円程度はかかる
でしょう。
一般英会話、普通のCD-ROM、DVD は安いが、英会話がものにならないでしょう。
勉強し始めてから、ものにならないことに気付くと、興味を失ってやめてしま
うでしょう。

一方、Endo Method の場合は、「発音 \29,000」、「ヒアリング・スピーキン
グ 3ヶ月 \54,000」、合計 \83,000 です。
これに単語 (\38,000)を含めても \121,000 で、高級英会話学校 200~300時間、
200~300万円よりも「英会話力」がつくのです。
言語音声吸収能力が高い子供のうちに通うアメリカン・スクール2~3年と比較
すると、大人になってからのEndo Method 6ヶ月 \121,000 は英会話力のつき方
は少ないでしょう。
しかし、アメリカン・スクール2~3年は英会話力がつくとしても、
\6,000,000~\9,000,000と非常に高い買い物です。
このように、「ものになる英会話」とそのために費やす費用、とを合わせ考え
ると Endo Method ほど安い買い物は他には無いのです。

この Endo Method を小型、軽量、のモバイル・パソコンに入れ込んだ
Portable English Trainer(P.E.T.)は価格 \185,000 と一見非常に高いよう
な印象を持たれるでしょう。
なるほど英会話が「ものにならない」一般英会話学校、低価格のCD-ROM、
DVD 教材と比べると、特に高いように見えますが、所詮これらは英会話がもの
にならない方法なので、これらと価格比較するのではなく、あくまでも「英会
話」が「ものになる」アメリカン・スクール(\6,000,000~\9,000,000)や高
級英会話学校で 200~300時間(200~300万円)習うのと比較すると、P.E.T.の
\185,000 は 1/10~1/50 と「非常に安い」のです。
間違った高いとの錯覚に陥らないようにしましょう。

既に Endo Method の教材だけを購入して勉強している方々は Endo Method の
ソフトがいかに価値があり、安いかを十分ご存知なので、教材ソフトをモーバ
イル・パソコンに入れ込んだP.E.T.に買い換える生徒さんがたくさん出てきて
います。
家庭では1台のパソコンを家族で共用している場合が多く、その時には、他の
家族がテレビでも見ている時に、自分も同じ部屋で Endo Method で勉強して
いると、他の家族にとっても、自分が英語で声をだしているのが邪魔となり、
又自分もテレビがうるさくて勉強しにくい、などの問題があるのですが、
P.E.T.を自分の部屋に持ち込めば、この問題が解消して勉強に専心でき、さら
に、通勤中に長時間電車の椅子に座りながら勉強できるとか、公園で勉強でき
るとか、カフェーで勉強できる等の便利さがあるのです。
これほど優れた英会話の勉強法は他にありません。 しかも「安い」のです。

「ファン・クラブ通信」 第284号 (2009/05/13) ≪安い英会話勉強法-1≫

英会話勉強の費用には高いものから安いものまで色々あります。

費用が高くつくのは、英語国に語学留学することでしょう。
1年の留学で300万円程度はかかるでしょう。
でも、1年も語学留学して、どれほど英会話力がつくか、本当に力がついて
日本に帰ってきた人の話しを貴方は聞いたことはありますか。
残念ながら、語学留学ではたいして英会話力がつかないのです。 

同様に、子供を日本国内のアメリカン・スクールに通わせるのも1年で300万円
程度はかかるとのことです。
大人になってから1年の語学留学をしても、あまり英会話力はつきませんが、
子供なら(8才ぐらいまでは)大人と全く頭の構造が違ってテイプ・リコーダー
に近い頭の構造をしているので、母国語の日本語を0~8才位までに学ぶのと同
様に子供のアメリカン・スクールは非常に効果があり、300万円/年、でも高く
ないでしょう。
ただし1年のアメリカン・スクールでは十分ではなく、2~3年アメリカン・
スクールに通う必要はあるでしょう。 即ち合計600~900万円です。

その次に費用が高いのは、英会話教育の訓練を充分受けた優秀なネイティヴ先
生より1対1で習うことで、これには1時間1万円程度の費用がかかります。 
それでも1時間、2時間で英会話力がつくわけではないので、例えば200時間習え
ば、200万円はかかるでしょう。 

これより安い勉強法は一般の英会話学校で先生1対生徒数名のクラスで習うこ
とで、これだと、1時間あたり2~3000円程度ですむでしょう。
ただし、あまり力はつかないようです。

他に費用の安い勉強法として色々なCD-ROM や DVD が \3,000~\20,000程度で
あります。

このように色々な種類の英会話勉強法が高いか安いかを判断する際に、最も大
事なことは、果たして、その勉強法で十分英会話力がつくか、どうか、という
ことです。
いくら安くても勉強効果がなければ高い買い物だし、高くとも十分勉強効果が
上がるものであれば安い買い物だと言うことになります。

こう考えてくると、Endo Method は、非常に安い学習法でしかも力がつく英会
話学習法です。
フル・コースでも、111,000円ですから、マン・トゥー・マン レッスン200万
円の18分の1 の費用です。
まず入り口の発音教材だけなら、\19,000 プラスあと2回の発音指導 (\10,000)
でわずかの60時間程度の練習量で次の8人の例のように英語発音が上手になります。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html

発音は英会話には関係ないと思っておられる方が多くいるとおもいますが、
発音こそ英会話への入り口で非常に大事なのです。
このことは次のムーヴィーよりご理解頂ける筈です。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/promotion/em-promo/01/01.html

しかも英語発音は英会話マスターの入り口として非常に重要なのですが、普通
は一生かけても英語発音は上手にならないのに、それを Endo Method はわずか
の60時間程度で「日本人離れ」した発音に仕立て上げることができるのです。

いかに英語発音を上手にすることが難しいかは、生まれた時からアメリカで
育った日系2世、3世の人たちは皆、英語発音が上手なのに、日系1世は長いア
メリカ生活にも関わらずあまり発音が上手にならない、という事実も証明して
います。 日系1世とは、成人するまで日本に住んでいて、大人になってから
アメリカに移住しアメリカ国籍を取った人達です。

来週は英語発音教材 \29,000 (最初\19,000、そのあと発音指導料に
\10,000) をかけたあと、どうすれば最も速く、最も安価に、英会話力をつけ
ることが出来るかのお話をしましょう。

「ファン・クラブ通信」  第283号 (2009/05/07)≪映画の英語≫

映画の英語が分かるようになりたいと思って英会話の勉強をしている人は多い
と思います。

その場合、英会話力がつくと、どのような映画でも分かるようになるのではあ
りません。

根本的な問題は、書かれた英文を読んで分からない場合は、それが映画でしゃ
べられても分かるはずが無い、ということです。

では、どのような英文は読んでも分からないのかと言いますと、ギャング映画、
西部劇の映画のように、スラングの多い英文はわかりにくいです。
そうすると、そのようなしゃべり方をしている映画も当然わかりにくいのです。
また、このたぐいの映画には、馬の足音とか、大砲、ピストルの音とかの雑音
が多いので、雑音にじゃまされて、言葉が聴きにくいのです。
さらに、このたぐいのアクション物の映画は、早口でしゃべる場合が多いので、
これまた聴きにくい原因となります。

では、どのような映画がわかりやすいのかと言いますと、ハイレベルのストーリ
ーの映画、オーソドクスなしゃべり方をしている映画がわかりやすいのです。
たとえば、裁判所で、検事、原告、被告、裁判長などが出てくる映画などはわ
かりやすいのです。

もう一つ、ヴァライティー・ショーのたぐいはわかりにくいです。
これはアメリカの学者で、日本語もわかる人は、日本のテレビ番組で、経済談義、
政治談議などに出演して結構日本語で話していますが、彼らは、明石家さんま、
とか、桂三枝のしゃべる日本語はわかりにくいでしょう。
日本人が英語を聴く場合も同じです。