「ファン・クラブ通信」 第330号 (2010/03/31) ≪英会話勉強で挫折している人へ – その2≫

せっかく「遠藤メソッド」で勉強しようと思ったのに、途中で挫折している方
向けに、先週は「英会話勉強で挫折している人へ ? その1」をお送りしました。
次のURLです: http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc329.txt
今週は「その2」をお送りします。

【その2】英語発音も子供のうちに学ばねばならない。しかし大人でも救済法はある。

私(遠藤尚雄)は20才前に4年間アメリカ駐留軍の通訳をしていましたが、
私のような日本人通訳以外に、日系アメリカ人も10人程度通訳の仕事に従事し
ていました。

彼らは、私のような日本人通訳よりも遥かに英語が上手なだけでなく、特に
英語発音もアメリカの白人と同じように上手でした。

しかし、これは日系二世、三世のように生まれた時からアメリカで育った人達で、
日系一世だけは英語発音が非常に下手だったのです。

この違いを目の当たりにし、英語発音と言うものは子供のうちから学ばねばダメ
なのだと言うことを知りました。

また、その後、私は49才になってからアメリカに住むようになりましたが、
同じことが再確認できたのです。

アメリカに3年住んでいるうちに沢山の日系一世、二世、三世などと出会いました。

何人かは私が社長をしていた現地会社に雇いました。
そのときも一世だけが発音が下手だったのです。

英語が聞けて話せるようになることは非常に難しい、ということを先週の
「ファン・クラブ通信」でお知らせしましたが、英語発音は英会話よりも、も
っと難しいのです。
普通は、アメリカで生まれ育たない限り、ほとんど習得不可能なのです。
それを可能にするのが弊社の英語教材である「口と舌の形で学ぶ英語発音」です。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd_infocart.html

私の教育方式で英語発音を学ぶと次のURLのように僅かの30~60時間程度の練習
時間で英語発音が上手になるのです。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html

この場合でも、大人よりも子供の方が余計に上手になるのです。

いずれにせよ、日系一世が一生かけても出来ないことを、僅かの30~60時間で
可能にすると言うことは画期的なことだと思いませんか。

広告

「ファン・クラブ通信」 第329号 (2010/03/24) ≪英会話勉強で挫折している人へ – その1≫

せっかく「遠藤メソッド」で勉強しようと思ったのに、途中で挫折している人
がいます。 これから「英会話勉強で挫折している人へ」と題して「ファン・
クラブ通信」で何回か連載します。

【その1】子供と大人では全く英会話習得能力が違う

いくらネイティヴ英語を聴いてもなかなか英会話が上手になれるものではあり
ません。

貴方は CNNテレビ放送、英語の映画、英会話の先生、または徹底的に英会話力
をつけるために1年程も語学留学をする、などのことをされたり、検討したり
していませんか。
これらの、どれをしても英会話は簡単に上手になれるものではありません。

私はアメリカに3年、ヨーロッパに5年住んで、海外駐在の日本の企業人及び
奥様たちが何年海外に住んでも英会話が上手にならない例を非常に多く見てきて
おります。

4~5年住んでも英会話が上手になった例は非常にに少ないのです。

よほど語学の才があるか、または現地人の恋人ができたとか、結婚したとかの
人だけが上手になるのです。

さらに現地人と結婚して何十年も現地に住んでいても英会話が上手にならない
人たちも非常に沢山私は知っているのです。

その典型例が第二次大戦後アメリカより駐留軍が日本に住み、彼らと結婚して
アメリカに移住した「戦争花嫁」たちです。

私がアメリカに3年住んでいたときに、このような戦争花嫁がお婆さんになって
アメリカの主人と離婚し、経済的に自立せねばならないので日本の料亭や日本の
蕎麦屋、すし屋などに仲居として勤めていた日本人女性を沢山知っていますが、
皆何十年とアメリカに住んできたのに英会話ができないのです。

このような人達は実に悲惨です。

なぜなら、ご主人や社会全体だけでなく、自分が生んだ子供でさえ英語がぺら
ぺらになってしまうのに、自分だけが、英語がわからないまま、取り残され、
挙句の果てに離婚までせねばならなくなったのです。

私はこのような日本人女性(お婆さん)の悲惨なことを貴方達に知って頂きた
いのではなく、大人になってから英語漬けになっても英会話は上手にならない
ことをお伝えしたいのです。

ここで大事なことは、このような戦争花嫁の子供たちは皆英語がぺらぺらにな
っていると言う事実です。

アメリカで生まれ育った子供が小学校へあがる前に英語がぺらぺらになってい
るのは当然ですが、戦争花嫁の子供でも英語がぺらぺらになるのです。

同じように、日本企業から海外赴任さされた企業戦士達の子供も、0才から8才
位までなら、2~3年で英語がぺらぺらになるのです。

これは小さい子供の頭は、大人とは違って、テイプ・リコーダーに近い「言語
の録音・再生能力」をもっているからです。

テイプ・リコーダーなら、一回英語を聴いただけで、直ぐにそれを録音できるし、
1時間のち、1年のち、10年後でも簡単に再生できるのです。

子供は、この点ではテイプ・リコーダーよりは少しは劣るとしても4~5回英語
を聴くと再生できるのです。

大人は50回ほども同じ文章を聞かないと再生できません。
また長い文章はフレイズ(句)ごとに分けて50回ほども聴かないと再生できません。

このようなことを一般の日本人は知らないから、だだひたすらネイティヴの
英会話を聞こうとし、無駄な時間と無駄なお金を費やしているのです。

このように、大人になってからは、子供よりも遥かに録音・再生能力が落ちて
しまっているから50回も、録音・再生の訓練をしなければならないことを私は
知っており、このような教材を生徒に与えているのです。

「ファン・クラブ通信」の来週号では、英会話だけでなく英語発音も子供のうち
なら日本人でも簡単に出来るようになるのに、大人になると全くダメだと言うこと、
しからばどうすれば、大人でも英語発音が上手になるのかを、お知らせしましょう。

「ファン・クラブ通信」 第328号 (2010/03/17)≪ライブ・トーク with メリッサ先生 - その2≫

先週の「ファン・クラブ通信」第327号では、英会話テスト「ライブ・トーク
with メリッサ先生」を受けたI.K. さんからの感想文を紹介しましたが、今週
はこの生徒さんの感想文に対する私(遠藤尚雄)の考えを書かせて頂きます:

———————————————————————-

I.K. さんは、中学時代から英語勉強に多くの時間を割き、英文読解、
英作、ヒアリング、スピーキングのあらゆる分野で猛勉強をしてきた方です。

「ライブ・トーク with メリッサ先生」での好成績も、これまでの猛勉強の結果
の表れでしょう。

しかし、次のことも、英会話力を上げるのに非常に有効だったことが分かります。

○ NDE (New Dynamic English) をみっちりと勉強した。
NDEだけでなく、それ以外の DynEd 教材のほとんどのものを、何百時間と勉強
した。

○生来が日本語でもおしゃべり、である。 

(これは英会話が上手になる良い素質だと、私は考えております。
日本語でも話しベタな人は、自分の考えを意欲的に表現しようとする人よりも
英会話力が伸びにくいです。)

○英語で日記をつけている。 

(私も若い頃には、これを良くやりました。 また、英会話レベルが私程度あっ
た友達とも良く英語でしゃべりました。 キザなようですが、これは有効です。
下手でも、間違っていても、日記と日本人の友達と喋ることは役立ちます。
どこが間違っているか、どう言えばもっと良い英語になるのか、始終考えて努
力することが良いのでしょうね。)

私は次の考えを持っています。

(1) 私は4年の駐留軍の通訳生活で言語係数が0.3 になり、その後10年の多読
で、言語係数 1.0 近くにまでなりました。
これでも、英会話を効率よく方法を編み出すインテュイション(直感)に恵ま
れていたことと、なんとしても英会話をモノにしたいという情熱で、他の日本
人よりははるかに速い速度で、英会話力がついたと思います。

(2) しかし、現在の「遠藤メソッド」では、発音DVD 教材と DynEd DVD のお
かげで、わずかの400時間(毎日2時間だと半年)で言語係数0.3 になり、その
後、たった2 ~3年(毎日2時間の場合)で言語係数1.0 近くまで到達できるよ
うになったのです。
つまり、(1) では14年かかったものが(2) では2.5 ~3.5 年程度に短縮できた
のです。

ちなみに、日本人の場合、私も含めて、言語係数が完全に1.0 になることはなく、
「1.0 近く」にしかなりません。

なぜなら、テイプ・リコーダーの頭の構造をしている0才~8才の間に英語漬け
になっていないし、また、小学校から大学校の16年間にアメリカ人のように
35,000 時間も英語を勉強していないからです。

これについては、次のURLで説明しています:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/houshiki/amaku.html

私の場合は多読に10年かけないと言語係数1.0 近くになれなかったものが、な
ぜ今の「遠藤メソッド」の生徒さんたちなら、たった2~3年で同じ英会話力に
なれるのでしょうか。 それは私がやっていた「多読」の代わりに DynEd の
DVDを使うようになったからです。

このDVD は多読よりも勉強効率が良いのです。 なぜなら、多読と同じ「逃げ
も隠れもしない」文字が見られると同時に、非常に勉強効率をあげる「音声ベイス」
の練習(即ちABC ボタンと、リピート・ボタン、マイク・ボタン)ができるか
らです。

私が勉強していた時代は、音声付き教材自体が少なかったし、ましてや、
DynEd のようにインタラクティヴな教材など無かったので、10年多読をするし
かなかったのです。

I.K. さんは遠藤メソッドをみっちりやってこられたことで着実に言語係数1.0
近くまでの道を歩んでいるのです。

「ファン・クラブ通信」 第327号 (2010/03/10) ≪ライブ・トーク with メリッサ先生≫

前回(第326号)の「ファン・クラブ通信」ではネイティヴ会話テストが無料
化されたことをお知らせしました。
今回は、このテストを受けた方(I.K.さん)からの感想が届きましたので紹介
します。

ネイティヴ会話テストについて詳しくは次のURL をご覧ください。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/taryu/level-test.html

===================================

本日は大変ありがとうございました。

始まるまではドキドキしておりましたが、思いのほかとても楽しくて、あっと
いう間に終わってしまったという感じでした。

評価もありがとうございました。
遠藤先生から、このようなお褒めの言葉をいただけるとは夢にも思っておりま
せんでしたので、嬉しくてたまりません。

Melissa 先生からも、「自分の考えをはっきり述べられている」ということで
したので、とても自信になります。

遠藤先生からご指摘のありました、語尾に母音を入れてしまう問題は、再三注
意されているにもかかわらず、そして、自分では気をつけているつもりであり
ながら、改善が見られなくてダメですね。

ますます心掛けて直していかなければならないと肝に銘じました。

Londonの発音についても、言われてみればその通りです。
アメリカ西海岸での英語の発音を基準に学んでいるのですから、以後気をつけます。
(遠藤注:イギリス発音では [O]は唇を強く絞って前に突き出した「オ」、
アメリカ西海岸は、口を全開にした father の 「ア」 の発音)

Melissa 先生からご指摘いただいたことは、テストを終えた直後に自分でもの
すごく反省した点でした。

特にhistoricalという単語がどうしても出てこなくて、historialと言ってから
何か変だなと思ったのですが、終わったらすぐに思い出しました。 残念です。

また「一匹狼」と言いたいと思った時、それがlonely wolfで良かったかどうか
自信がなく、自信なく話していることは、やはりうまく通じないものですね。

実は、昨年の元旦から、毎日英語で日記を書くことを実践しています。
文庫本サイズの日記帳なので、大した量ではありませんが、毎日自分が行った
こと、考えたこと、思ったことをとにかく英作文して書いています。
誰かにチェックしてもらうわけでもなく、ただ自分で書いているだけで間違い
も多いと思いますが、それでも毎日英語で考えて書くことが習慣になってきました。

今日の会話の内容のような事(家族のこと、子どもたちのことなど)を、あれ
これ考えて書いてきたと思いますので、それが大いに役立ったような実感があ
りました。

自分の感想としては、「思っていることを言えた」というふうにはまだまだ思
えませんが、私の英語力のレベルから言えばこの程度でしかたないのでしょうね。

DynEd の勉強を、特にNDEを繰り返し勉強したお陰で、関係代名詞や不定詞や
動名詞などをうまく使って、文章をつなげて説明していく英文の感じがつかめ
たような気がしています。
まだまだうまくフレーズごとにとらえることが弱いと思いますが、以前に比べ
ればずっとその感覚が身についてきたような気がしています。

聞き取りに関しては、Melissa 先生の英語はとても聞きやすかったので、困る
ことはほとんどありませんでした。(遠藤注:NDEはヒアリング・スピーキング
力をつけるのに非常に効果があるのです。)

Placement Test やCASEC などで思うような結果が得られなかったので、がっかり
してしまいましたが、DynEdに取り組んできたことがとても役に立っており、
決して無駄ではなかったという実感が得られましたので、今日のMelissa 先生
との会話のテストを受けて本当に良かったと思いました。

元来お喋りな方だと思うので、その性格もプラスになっているかと思いますが、
Melissa 先生との会話が楽しくてたまりませんでした。

本日は本当にありがとうございました。
どうぞMelissa 先生にもよろしくお伝えくださいませ。

「ファン・クラブ通信」 第326号 (2010/03/03) ≪ネイティヴ会話テストが無料化≫

好評を博している アメリカ人先生との自由英会話 30-minute Testing Service
は、弊社のヒアリング・スピーキング教材 DynEd DVD (主としてNew Dynamic
English: NDE) での練習により、自分の英会話力が飛躍的に伸びていることを
確認して自信をもって頂くためのもので、これまで1回\3,500 でしたが、この
3月1日より【無償】で提供することになったのでお知らせします。

これは根をつめた DynEd 勉強のご褒美として弊社から差し上げるものなのです。

このテストを受ける資格は「DynEd を勉強中の方、又は卒業生」です。
またDynEd を中途半端に勉強されているのではなく、各々のModule やUnit の
進度パーセンテージを 100%にしておられる方に限ります。

各Module やUnit の進度が100%になった段階で、E-mail による指導を行って
いますが、その際にご希望の方は、無料でこの30-minute Testing Service が
受けられるようになったのです。

この条件を満たしていない方でも、今までどおり1回\3,500 でテストを受ける
ことはできます。

ここで、この自由英会話テストの内容をもう少し具体的に説明いたしましょう:

===================================

大体貴方の現在の英会話レベルに合わせた範囲でMelissa先生が話をして、
貴方からも、その英語レベルで答えられることを予定しています。

今までMelissa 先生は、話題の赴くまま、何でも思いついたことを英語でしゃ
べり、また、生徒にもしゃべらせることを重視していたのですが、今後の新し
いテスト方式では、生徒のレベルに合わせた会話内容にする、ということをも
っと重視するようにしました。

これまでのフリー・トーク形式にも、とにかく英語で自分の考えていることを
口から出し、その楽しさによって学習意欲を刺激するという長所はあります。

しかし、そのような会話内容になると、生徒側は自分が日本語で考えてしゃべ
るのと同じレベルで英語でもしゃべろうとします。 これは当然のことでしょ
うが、ここで自分が考えていることを100%うまく英語でしゃべれないからと
いって、落ち込む人が多いのです。

私は毎回、メリッサ先生と生徒の会話にオブザーバーとして立ち会っています
が、ほとんどの生徒が、遠藤メソッドの学習によって「英語を聴き取る力」を
飛躍的に伸ばしていることが分かります。 そのことに気づかず、自分が考え
ていることを、母国語と同じように英語でしゃべれなかったからといって落ち
込み、英会話学習へのやる気さえ失ってしまわれるのは非常に残念です。

そもそも、日本語で考えているのと同じような複雑なことを英語でしゃべろう
とすることがいかに難しいことか、にほとんどの人が気づいておられません。

既に読まれたかも知れませんが次の「本能を生かす英会話」: 
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/honnour.pdf
第2章第1項「言語係数」 Page 18 を良くお読みください。

相当に英会話力のある人でも、英語の言語係数は 0.3 程度でしょうだから、このレベルでしか自分で英語はしゃべれなくても当たり前なのです。

貴方の日本語の言語係数は 1.0 なのですが、これと同じレベルで英語をしゃ
べれるようになるには、非常に厳しく長い道を歩まねばならないことを良く頭
に入れておいてください。

そして日本人の英語の言語係数は、「聞く言語係数」の方が「しゃべる言語係数」
よりも高いのです。
このことについては「何故英語が聴けないのか、話せないのか」の
Page 40/53~page 41/53の第16項 「話せるようになるには」をお読みください。
次のURLです: http://www.pasocon-eikaiwa.com/naze/16.pdf

貴方の英語の言語係数が 0.3と言ってもわかりにくいでしょうから、もっと具
体的に言いますと、最新の DynEd Placement Test のレベルに対応する NDE
の Module Number が貴方の現在の英会話力です。

今後は貴方がMelissa 先生のテストを受ける前に、貴方の英会話レベルを弊社
からMelissa 先生にあらかじめ伝えておきます。
Melissa 先生も、この貴方の実力レベルに合わせて喋ってくれるようになるの
です。 

同時に貴方も Melissa 先生との会話の前に Placement Testで判明した Module
の文章を少し練習しておいてください。
また、自己紹介の英文を準備し、それ以外に Melissa先生に言いたいことの英
文を考えておいてください。

そうするとぶっつけ本番で英語をしゃべるよりも、喋りやすくなるでしょう。

しかし、決して味気ない会話テストと思わず、基本はやはり「英語で話す」こ
とを楽しんでいただければよいのです。
Melissa 先生の英会話テストは、非常に優れたもので、貴方を喜ばせ、自信を
持たせてくれるでしょう。 NDE の勉強に更に励みがかかることでしょう。

NDE 勉強の励みとなる方法として、弊社では同じように NDE 勉強に励んでいる
生徒さんとの横の連絡を取ってお互いに競い合い、励ましあうことをも考慮中
ですが、貴方もこのことで何か良い案をお持ちならぜひ次のE-mail アドレスま
でお知らせください。

company@pasocon-eikawia.com