「ファン・クラブ通信」 第150号 (2006/09/27) ≪カタカナ英語の重要性(1) ≫

○英会話が上手になりたければ、まず発音を上手にすること。
(Endo Methodを勉強されると、この理由が判ります。
次の2つのURLをご覧ください)

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/houshiki/zenbou.html
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/houhouron/sokushu.html

○そして、日本語として使われている「カタカナ英語」の間違いを追求してい
くと英語発音向上に大いに役立つ。
上記のような考え方から、弊社では毎週「間違いだらけのカタカナ英語」の記
事をホーム・ペイジ(http://www.pasocon-eikaiwa.com/)に掲載しているので
す。
最近この記事の購読者が増えてきていますが、もっと沢山の人々に「カタカナ
英語」の重要性を知って頂きたいので、今週の「ファン・クラブ通信」では、
「間違いだらけのカタカナ英語」の記事の一つをご紹介したいと思います。

このような「間違いだらけのカタカナ英語」は、次の方々のお役に立てます:

○今まで英語発音に全く興味がなかった方(興味を持つようになります)

○発音が上手になりたいと思いながらも、まだ弊社の発音教材である「口と舌
 の形で学ぶ英語発音」を勉強したことがない方(弊社教材を勉強したくなり
 ます)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」を勉強中の方(教材の補足として役立ちます)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」の勉強を終えた方(勉強を終えて、個々の発
 音記号が正しく発音出来るようになっても、各単語の発音記号が判らないと、
 やはり正しく単語を発音することが出来ないのです。
「間違いだらけのカタカナ英語はこの問題解決に大きく役立ちます。
では、次に「デート」と言うカタカナ英語の説明をURLからお読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.net/katakana/3.php?j=1

広告

「ファン・クラブ通信」 第149号 (2006/09/20) ≪”ex” の発音 ≫

ある生徒さんからあった質問ですが、どなたにも役立つことだと思いましたの
で、「ファン・クラブ通信」で取り上げることにしました。

“ex”で始まる英語が多くありますが、[eks], [iks], [egz], [igz] と4通りの
発音があります。
この4つの発音を区別する方法があるか、との質問です。
区別するルールがあります。 ただし、余り正確なルールではありません。 
■[eks]または[iks]と発音するもの:
ex のあとに清音の子音が来る場合
[eks] と発音するもの:
最初の e に第1アクセントがある。
第1アクセントの位置にはアンダーラインをひきました。

excavate, excellent, execute, exile
~         ~          ~        ~

最初の e に第2アクセントが入る
exchange, excise, excite, exclaim, exclude, excursion, excuse, exhale,
    ~        ~       ~        ~        ~       ~~         ~       ~
excavation, except,  exception,
     ~         ~         ~

[iks] と発音するもの: 最初の e にアクセントが無い
(しかし[eks] と余り違いは無い。
「第2アクセント」と「アクセントが無い」の区別がはっきりしない:)

exceed, excel, except, exception, exchange, excite, exclaim, exclude,
   ~~      ~      ~       ~           ~        ~        ~~       ~   
excursion, excuse,
   ~~         ~
■[egz]または[igz]と発音するもの

ex のあとに母音が来る場合
[egz] と発音するもの:exam, exert, exact, exotic,

[igz] と発音するもの:[egz] と同じ単語

「ファン・クラブ通信」 第148号 (2006/09/13) ≪「ファン・クラブ通信」と「間違いだらけのカタカナ英語」の価値≫

先週の「ファン・クラブ通信」では「Endo Method の真の理解者」をご紹介し
ましたが、同様な「Endo Method の真の理解者」をもう一人ご紹介しましょう。 
八幡敏さん より:

本日、「Endo method の真の理解者」と「間違いだらけのカタカナ英語第20回
:メジャーリーグ」を拝見・拝聴いたしました。
先生の教材は真の生きた教材、後世に残さなければならないものだと再度確認
するとともに、何か学ぶものとしての責任感といいましょうか、その重さに
「身震い」を感じました。
「間違いだらけのカタカナ英語 第20回」のような先生の肉声の発音指導が増え
るといいですね。
指導がわかりやすく、「ジ」と「ヂ」の違いもハッキリと手に取るようにわか
り、このような「立体的」な発音指導はどこを探してもないと思います。
真似ができそうで、実際は遠藤先生でなければ完成できないものだと思います。
弟子である私たち学習者は「時間がない」とか「今日は疲れた」などとは言っ
ていられないですね。 「今」という時間は二度と来ないのですから。
【遠藤注1】
上記で引用されている記事を再度読まれたい方は、次のURL をご利用ください。
 
「ファンクラブ通信」第147号
 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc147.txt

「間違いだらけのカタカナ英語」第20号
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/ から「週刊間違いだらけのカタカナ英語」
 に入り、「 過去に掲載したものをご覧になりたい方はここをクリック してく
 ださい」をクリックして、第20号をご覧下さい。
【遠藤注2】 
八幡敏さんは日本語を中国人に教えておられ、私の英語の効率的な教え方に興
味を持たれて、その教育法をご自分の日本語教育に適用しようとしておられる
方なのです。
言語の教育は英語であれ、日本語であれ、ドイツ語であれ、フランス語であれ、
7~8割がたは全く同じであることに私は気づき、私も八幡さんの協力を得て、
近いうちに日本語教育を開始しようと計画中なのです。
私としては日本語同様に自由に使える英語でもって、英語国民に日本語を教え
るのです。
私がいつも言っているように、英語勉強の場合、その方法論がまず大事なので
すが、それが故に日本語教育は英語国民に対して英語でするのです。

「ファン・クラブ通信」 第147号 (2006/09/06) ≪Endo Method の真の理解者≫

今回のファンクラブ通信は、Endo Method の良さをご理解いただいた方とのや
り取りをご紹介します。

  -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

国際教育研究所より 菊地様へ:

弊社の教材をまとめてご発注頂き、有難うございました。
ところで、貴方はどのような経緯で弊社のことをお知りになり、しかも初めか
ら教材をまとめて発注されるほど弊社教材及び勉強法を気に入って頂いたので
しょうか。 恐縮ですがお知らせください。

  -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

菊地より:

ご質問を頂きました件にお答えします。
少し長くなってしまうかもしれませんが宜しくお付き合いくださいませ。

私は・・県に住む・・歳の主婦です。とにかく英語が好きで大学卒業以来就職、
結婚、出産、家事、育児、子育て、と生活は色々変化がありましたが、ほぼ25
年間一時も英語から離れないようにしてきました。
勉強法としては、数々の通信添削、数々の市販のテキストを使っての独学及び
ネイティブの先生との英会話、ホスト・ファミリーの経験、TOEIC受験、翻訳
の勉強、Graded Readersの多読などです。
仕事としても、小中学生対象の英会話スクールの講師、中学生対象に自宅で塾
を経験し、現在は翻訳スクールの基礎コースの通信添削指導員をしております。
常に一生懸命ではありましたが、私にとっては主婦であり、母親であることが
一番大事なことでしたので、英語は趣味という位置づけでした。
25年も、学生時代を加えれば35年も勉強し続けても、「使える英語」が身につ
かない情けない状態ですが、家族第一だから仕方ない、わずかずつでも英語力
は付いたに違いないと思って、それなりに満足してきました。
2年前に娘が、そして今春息子が学生生活を送るべく上京し、実質の子育てを
終了したことを機会に、改めて時間とお金を自己投資し、念願の「使える英
語」を身に付ける努力を本気でしようと思い立ちました。

それと平行して、長年、数々の英語の勉強をしてきた中で、3、4年ほど前か
ら自分なりに究極の英語勉強法は発音にあると思うようになり、いろいろテキ
ストを試してきました。
中でも「英語の耳トレ」木下和好著、「英語の耳づくりドリル」安河内哲也著、
の2冊はとても勉強になりました。しかし、いくら勉強してみても自分が正し
い発音をしているという自信が持てず、いくらCDを聞いてもLとRの発音の違い
を聞き分けられる、という自信も持てませんでした。それで、さらに英語耳を
鍛えられるテキストはないかと、東京へ行く機会がある度に丸善や、紀伊国屋
書店などへ足を運びテキストを探し続けてきました。そんな中で、この6月に
丸善の英語教材のコーナーにある、特に発音に関する教材全てを手に取って、
真剣に探すということをしました。
その時「英語脳DVD」と「英語のスペルは覚えるな」の2冊を見つけて、これぞ
私の探していたものがあったという喜びで、即購入しました。(国際教育研究
所の注:上記の2冊よりも、もっと良い本は「これなら出来る超高速英会話速
習法&トレイニング」です。)
これが、貴社を、そして貴社の教材を知ることになったいきさつです。

それからほぼ2ヶ月の間、2冊の本を熟読し、貴社のホームページ、及び「なぜ
英語が聴けないのか、話せないのか」を読み、貴社の勉強法をじっくり研究し
ました。
実際鏡を見ながら「英語脳DVD」を使って練習もしてみました。初めはうまく
行かない舌や口の動きも、鏡を見ながら練習すればできるようになりそうだ、
という実感も持てました。ただし、自分が、本当に貴社の勉強法に則って最後
までトレイニングを続けられるのか、家族を第一に考え、仕事にも責任がある
中で、体力的、気力的に持続できるのかが心配で、なかなかGOサインが出せま
せんでした。いくら悩んでいても始まらないので、これが「使える英語」を身
に付けられる最後のチャンスだと思い決心しました。
そして、どうせやるなら貴社の勉強順序に従って、きちんとやりたいと思った
ので、教材をまとめて発注することにしました。それでも360時間全ての
コースを一括で購入するのは躊躇してしまい、まずは本格勉強前の基礎教材セ
ットを購入することにしたのです。

本日教材が一式届きました。いよいよ勉強が始まると思うと嬉しくもあり、不
安でもあります。パソコンがあまり得意ではないのでそれも不安です。
私なりに一生懸命取り組んでいきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお
願い申し上げます。

  -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

きっと、この方のように Endo Method について深くご理解いただき、その方
法どおり勉強していただければ必ず英会話を克服できることでしょう。