「ファン・クラブ通信」第379号(2011/02/23)≪英語耳の作り方―その3≫

先週の「ファン・クラブ通信」第378号で、英語の子音領域 (1,500~4,000 ヘルツ)
を増幅する機器”Bio Listening” の体験談を募集しました。

1人、体験談を寄せてくださったので、それをここにご紹介します。

この方の体験談は「英語耳」助長器の Bio Listening の体験だけでなく、
遠藤メソッドによる効率的英会話勉強法全般に及ぶような記事となっていますが、
遠藤メソッドの生徒さんには非常にお役にたてる記事だと思います:
【遠藤より M.S.さんへ】
———————————————————————-
貴方の過去の遠藤メソッド関係教材の買い方を見ていますと、貴方のように仕
事をバリバリとされている方にとっては Time is more important than money.
なので、私が薦める英会話勉強に役立つと思うものは何でも買って頂いている
ようですね。

英会話は所詮トゥールで、海外で能力を存分に発揮するには、「英語言語係数」
を高める必要があります。
逆に、どんなに有能な人でも、「英語言語係数」が低ければ、海外では自分の
持っている能力を充分に発揮できません。

なお貴方はお忙しくて、自宅外の時間も英会話勉強に有効に使われたいようで
すから、弊社のP.E.T.(Portable English Trainer)をお奨めします:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/pet/pet-hdd.html
———————————————————————-

【M.S. さんから遠藤へ】
———————————————————————-
お察しの通り48才の私にとっては、お若い方々と比べますとTime is more
important than money. という面は強く、「遠藤メソッド」が時間効率を重視
してくだっていることを大変有難く感じております。

Bio Listeningについては、私は、これを使い始める以前に「キオークマン」
を使いながらDynEd まで学習させていただき、おそらくは英語特有の周波数に
幾分か慣れていたためか、現段階では効果を言語化するほどに実感できないで
います。

おそらく、日々の使用のなかで、ジワジワと英語特有周波数への感度が増して
いるのではないかと期待しております。

ただ、近時、発音を集中的に復習するなかで、遠藤先生が発音について指導し
ておられることの意味を改めて気づかせていただくことがあり(たとえば、音
が破裂するとは、このような感じのことを指しておられたのだ、などと)、
 Bio Listening 使用も、私のように感度の鈍いものが気づくことができる一
助となっているのかもしれません。

P.E.T. (Portable English Trainer) は強力な機器だと感じます。
私自身も、仕事でノートPCを常時持ち歩いていることから、発音教材、英単語
教材、DynEd などすべてノートPC経由でも、仕事合間の隙間時間をフル活用し
て学習しております。

P.E.T.が発売されていない頃でしたので、自前で同様の構成をおこなっていた
ような格好です。
それがフルセットで実現されているのですから素晴らしいと思います。

発音教材の学習時間は17時間まで参りました。
(遠藤注:この方は以前にも発音練習をされ、その後、DynEd も相当練習された
のですが、更に英会話レベルを上げるために「口と舌の形で学ぶ英語発音」を
再度練習されることとなりました。) 

一日もはやく60時間を達成してDynEd に移行したいと考えております。
英会話学習の重要性を、仕事でネイティブと会話するごとに日々肌で感じつつ
も、日々のBAU(Business as Usual)に追われる余り、歩みの遅い生徒で誠に
申し訳ありませんが、今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。
———————————————————————-

広告

「ファン・クラブ通信」第378号(2011/02/16)≪英語耳の作り方-その2≫

先週の「ファン・クラブ通信」第377号では、英語耳をつくるためのパイオニア製 
femimi (フェミミ)をご紹介しました。
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc377.txt

従来お奨めしていた Bio Listeningと違って携帯性、移動性があり、価格も
Bio Listeningの半額の 25,000円と安い、英語発音子音領域 (1,000~4,000ヘルツ)
の増幅器です。

つきましては、この際今まで弊社が販売していた Bio Listening のユーザーに
子音領域の増幅がどれほど英語耳作りに役立つかをお尋ね致したく、
Bio Listening ユーザーの体験談を募集させて頂きます。
応募者にはお礼の意味で、弊社ホーム・ペイジで販売しています「趣味の陶器」
の中から1点を、無償でお送りさせて頂きたいと思います。

ふるって体験談をお送り頂きますようお願いします。
そして、その際には、価格 2,000円以内のご希望の陶器の品番をお知らせください。
「趣味の陶器」は次のURLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/touki/top.html

「ファン・クラブ通信」 第377号 (2011/02/09) ≪英語耳の作り方≫

新製品の発表なので、今回は「ファン・クラブ通信」購読者以外の方にも配信
しています。

弊社では英語耳を育てるために役立つ補助器具として、Bio Listening を販売
しておりますが、Bio Listening は (1)「移動性が無い」こと、即ち「ネイテ
ィヴ英語の音源をパソコン又は英語放送テレビから取り出してアンプリファイ
ヤー経由ヘッドフォーンに繋ぐ必要がある」そして、(2)5万円と高価、とい
う2つの欠点がありました。

そこで、もっと手軽な値段で、持ち運びもできるfemimi (フェミミ)VMR-M78
を紹介します。パイオニア製の、音声増幅器です。

この femimi は、アンプリファイヤーを胸のポケットに入れて、そこから両耳
まで線をだしてヘッド・フォーンで聴けるので、どこでも持ち運びが簡単です。

価格は、Amazon から購入されると、定価34,650円のものが、25,000円です。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/recommend/main.html

femimi を使うと、低域・広域の生活雑音を抑え、会話音声帯域を中心に増幅
するので、重要な会議や講義等で聴き取りづらい声をクリアに聴き取ったり、
夜間、あまり大きな音を出したくない時、テレビの音量を上げずに視聴したり、
映画や観劇などを遠い座席から楽しんだりすることができます。

しかし、弊社の目的は、femimi を弊社発音教材の「口と舌の形で学ぶ英語発音」
の補助器具として英語耳を作っていただくために、使っていただくことです。

日本人は、人間がしゃべるのを聞いているとき、母音領域の 1,000ヘルツまで
は良く聴こえますが、英語音声に多数含まれている子音領域の 1,000~4,000
ヘルツを聴き取るのが困難です。
これが、日本人が「英語の発音は聴き取りにくい」と感じる原因です。

子音領域の 1,000~4,000ヘルツが実際に耳でキャッチできていないわけでは
ないのですが、この周波数帯は日本人にとって意識にのぼりにくいのです。
もちろん日本語にも、k, p, t, s などの子音はあるのですが、英語では特に
子音が非常に重要なので、彼らの耳は子音を特に意識して聞いているのに、
日本人にはそれができないのです。

femimi はこの子音領域をアンプリファイして聴くことができます。
2~3ヶ月 femimi で英語発音を聴き続けていると、その後は femimi をはずし
ても子音が聞きやすくなるのです。
これを「英語耳」といいます。
しかしそのあと長く femimiをはずしていると再び「日本語耳」に戻ってしま
うこともあるので、再度 femimiを使う必要があるようです。

femimi は、弊社のサイトからは販売せず、皆様にはamazon の販売ペイジを紹
介するだけですが、もしamazon や、他のサイトからfemimi を購入された方は、
是非弊社にお知らせ下さい。

femimi を使った効率的な英語発音練習法の指導をさせていただきます。

「ファン・クラブ通信」は、このように、英会話学習に役立つ情報を提供し
ています。 まだ購読していない方は、次のURLよりお申し込みください:
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/bk_mm.php

「ファン・クラブ通信」 第376号 (2011/02/02) ≪Advanced Membership≫

今までは、DynEd ヒアリング・スピーキング学習のお申し込みを3ヶ月、6ヶ月、
または12ヶ月、と一括で発注された方々を「Dedicated Members」として、
「HSSST (米国高等学校教科独習書:HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT)
解説書の無償配信」という特典を提供してきました。

しかし、最近お知らせしたヒアリング・スピーキング教材の価格改定で、初回
は3ヶ月まとめて申し込まなければならなかったものが、1ヶ月からご利用いた
だけるようになり、そのあと4ヶ月一括発注が10%引きでお申込みいただけるよ
うになりました。 合計5ヶ月で英会話力をつける標準的コースです。
この価格体系について詳しくは、ファン・クラブ通信の368号をお読みください。
https://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc368.txt

この新しい方法では、まだヒアリング・スピーキング学習の初期段階でも4ヶ月
の一括発注をする方が増え、今までのとおり一括発注をした方全員をDedicated
Members として認定し、「HSSST解説書の無償配信」の特典を提供することにな
ってしまいます。

しかし、High School Subjects のような本を学習するのは、ヒアリング・スピ
ーキング学習を相当こなし、音声ベイスでの訓練が出来上がってからのほうが
望ましく、まだDynEd を始めたばかりの方には負担が大きすぎます。

そのようなこともあり、これまでの Dedicated Membership を見直した結果、
これを廃止し、新たにAdvanced Membership というものを設けることになりま
した。

Advanced Membership の対象者は次の方々です:

○ New Dynamic English Module 8まで勉強された方

特典は、「HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT解説書」の無償配信です。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/dedicated/index.html

なお、既に Dedicated Membership の特典を得ている方々には、今までの
特典開始日から毎週2回の合計80回、引き続き「HSSST 解説書」の無償配信を
継続させて頂きますのでご安心ください。