「ファン・クラブ通信」 第294号 (2009/07/22) ≪微妙な英語発音の違い、その1≫

今週から「微妙な発音の違い」の表題で、数回連載して行こうと思います。

これは弊社発音教材である「口と舌の形で学ぶ英語発音」基礎編で説明されて
いることですが、易しいようで、日本人は案外間違いやすい英語発音を取り上
げていきます。

英語発音は、英会話を学ぶ前にどうしても学んでおく必要があるのです。
弊社の発音教材を既に卒業したが忘れてしまったという方はもちろん、覚えて
いても、この際復習したいという方に、お役に立てるでしょう。

まだ「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版、又はその前の第2版、第1版を習
っておられない方にもお役に立てます。
即ち、「英会話勉強」をされたい全ての方々のお役に立てるものです。

第1週~第8週の配信内容はこちらをクリックしてご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00018.html

今週は(第1週目)の 「フ」/ [fu] 、「ブ」/ [vu] の発音の違いです。
まず、日本語の「フ」と「ブ」は貴方としては正しく発音できますね。
このように「フ」と「ブ」の音質と、そしてそれらを発音する仕方を念頭に
置いた上で、今度は[fu] と [vu] がどのように違うかを、ここをクリックして
学んでください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00017.html