「ファン・クラブ通信」 第299号 (2009/08/26) ≪微妙な英語発音の違い、その5≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週取り上げる発音は、large の最後の ge の発音と、
garage の最後の ge の発音の違いです。
カタカナ英語で書けば両方とも「ジ」ですが、
実際の発音は違います。

詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

まずは、large の ge から。
http://cs-x.net/endo-method/c/00051.html

次に、 garage の ge の発音です。
http://cs-x.net/endo-method/c/00052.html

こういった発音をもっと詳しく学び、発音指導も受けて上手になりたい
方は「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版をご購入ください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

「ファン・クラブ通信」 第298号 (2009/08/19) ≪微妙な英語発音の違い、その4≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週は [ou] を取り上げます。
アルファベット O の発音です。

[ei] でも説明したとおり、日本人は[ei] や [ou] を二重母音として正確に
発音することが苦手です。
「エイ」、「オウ」でなく、「エー」、「オー」と発音してしまうのです。

次のように、何気なく使っている単語に、[ou] は含まれています。

boat [bout]  ボウト
cold [kould] 寒い
pole [poul] 棒
loan [loun]  貸す
low [lou] 低い
hope [houp]  望み
road [roud]  道
go [gou]  行く
told [tould] tell の過去形

これらの単語のうち、カタカナ英語化されているものも多いですね。
ボート、コールド、ポール、ローン、ホープ・・・等、
これらのカタカナ表記は[ou] の二重母音を全く無視しています。

詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

http://cs-x.net/endo-method/c/00044.html

「ファン・クラブ通信」 第296号 (2009/08/05) ≪微妙な英語発音の違い、その3≫

「微妙な発音の違い」と題して、易しいようで、日本人は案外間違いやすい
英語発音を取り上げています。

今週は [ei] を取り上げます。
アルファベット A の発音です。

[ei] は特に難しい発音に思えないかもしれませんが、

日本人は[ei] を含む英単語を、「エイ」と二重母音で言えず
に「エー」とだらしなく伸ばして発音しがちです。
カタカナで表記すると次のようです。

メイル → メール
デイト → デート
ゲイム → ゲーム

早く英語をしゃべっているときには、余計に[ei] をしっかり発音するのが
難しくなります。

では、ネイティヴはなぜラクに[ei] が言えているのでしょうか?
その秘密は舌の使い方にあります。
詳細は次の解説ムーヴィーをご覧ください。

http://cs-x.net/endo-method/c/00032.html