「ファン・クラブ通信」 第179号(2007/04/25) ≪「10の盲点」の感想≫

ファン・クラブ通信177号で「英会話10の盲点」を紹介しました。
皆さんはこれをお読みになって、いかがでしたか。
既に知っていることもあれば、新たに気づいたこともあったことと思います。
ある生徒さんから、「英会話10の盲点」を読んだ感想を送っていただきまし
た。 今回のファン・クラブ通信ではこれを紹介します。

以下はある生徒さんから寄せられた、各「盲点」を読んでの感想です。

【盲点1】
「文字から勉強するのは間違い。 あくまで音声ベイスでやるべし。」

 →今は知っていますが、遠藤式を知る前は知りませんでした。
  一生懸命書いて覚えるものだと思っていました。
  もちろん聞き取りができなくては意味がないので、発音を聞くことは必要
  だとは感じていましたけれど。

【盲点2】
「英会話は勉強ではなく、芸事である。 芸事の根本は、徹底的に反復練習し
て、反射運動を作り上げることにある。これを英会話にも適用すべし。」

 →これも今は知っていますが、遠藤式を知る前は考えたこともありませんで
  した。一日5分でぺらぺら!なんていう広告を見ては惹かれていましたし、
  どこかでそんな方法があるのかもなんて期待もしていました。
  でも、そんなに甘いものではなく、芸事なんだということ、実際の発音練
  習をした時に納得できました。

【盲点3】
「ネイティヴ教師から学ぶのは効率が悪く、優れたDVD, CD-ROM の方が遥かに
効率が良い。自宅練習が可能だから、はるかに大きな練習時間がかけられる。
時間当たりの進歩量が大きく、しかもコストもはるかに安い。」

 →そんなに良いCD-ROM 教材があるとは遠藤式を知る前はしらなかったので、
  ネイティヴ教師に付く事が一番良いと思っていました。
  ただ、そういった教師に習うことは、通う手間もあるし、お金もかかるこ
  とは前から知っていたので、実際にやったことはありませんでした。

【盲点4】
「会話の時、頭の中で「英語から日本語」、「日本語から英語」への転換をや
っていては、時間的に間に合わない。」

 →ネイティブの人はもちろん日本語を介しているわけが無いので、最終的な
 目標は英語だけで頭の中も動くようになることが大事だということは以前
 から感じていました。ただかなり難しいことだとおもったので、とりあえず
 は日本語を介してもいいから、英語をいくらかでも話せるようになりたいと
 以前は思っていたので、その考えは間違っていたのだと思います。
 遠藤式をしったあとは、最初から日本語を介さないことを目標にしないとい
 けないのだとしりました。

【盲点5】
「言語は、何語であれ、テープ・レコーダーのような頭をもった8才程度まで
が習得のゴールデン・タイムであり、それを過ぎた大人が習得するには十倍ほ
ども聴いてしゃべるということをしないと身に付かない。」

 →遠藤式を知る前は全く知りませんでした。ですので、簡単に英語がものに
  なるという広告をどこかで信じていたところがありました。
  今はそんなことがないのだと知っていますし、子供ができたことで、子供
  の教育のこと、能力開発のことなどの書籍も大分読みました。
  そういう中にも子供の言語に関しての能力について同じようなことがかか
  れていましたので、やはりそうなのだと納得しましたし、実際に子供が英
  語のCDを聞いてその発音のままに繰り返すのを目の当たりにしてますます
  納得しました。

【盲点6】
「英語には53種類の音素があるのに日本語には24種類しかなく、それ故に
英語国民の発音が聴けないと言う根本問題がある。
この問題を解決しないと、ネイティヴがしゃべる文章を構成している個々の英
単語の発音が聴けないので、結果ネイティヴのしゃべることが分からない。」

 →遠藤式を知る前は発音記号に目を向けたことがなかったので全く知りませ
  んでした。発音の訓練をしたときに知りました。

【盲点7】
「ネイティヴが発音する単語を聴けるようになりたいなら自分自身でネイティ
ヴと同じように上手に発音出来るようになることである。大人になってからで
も、わずかの60時間程度の練習で日本人離れした素晴らしい発音が出来る方
法があり、このように自分の発音が上手になれば、ネイティヴ発音が俄然聴き
取れるようになる。」

 →自分が上手に発音する練習をしようとは以前は全く考えていませんでした。
 上手にしゃべりたいとは思っても、そのために特別に訓練をしようとは思い
 ませんでした。上手に発音できることは聞けるようになるために必要だとい
 うことがわかっていなかったからだと思います。

【盲点8】
「たとえネイティヴの単語発音が聴き取れるようになっても、聴き取れた単語
の意味が1/3.3 秒以内に頭に浮かぶ程度に速く理解できていないと、ネイティ
ヴのしゃべることが分かる筈がない。 何故なら、ネイティヴの英語をしゃべ
る速度は200単語/分(即ち 3.3単語/秒)だからである。」

 →遠藤式をしって電光掲示板理論をお聞きするまで知りませんでした。
  考えてみればあたりまえのことなのですけれど…

【盲点9】
「前記の盲点(即ち盲点6,7,8)が解決出来たとしても、毎分 200単語の
速度で(しかも英文法の順序で)出てくる単語を、その順序のまま理解出来る
頭を育てておかないと、いちいち英文法を考えながら日本語の順序に並べ替え
て理解することをしていては時間的に到底間に合わず、結局は理解出来ないこ
ととなる。」

 →これも同じくわかっていたような気はしていましたがわかっていなかった
  と思います。盲点4にて日本語を介さないで…ということにも通じるとお
  もうのですが、結局日本語を介して文法的に直して…としていたら聞くこ
  とができないわけだからもちろん聞いたことを理解して話すこともできず
  会話が成り立たないのですよね…だから、英語を聞いたら英語の順序のま
  ま英語のままで理解できないといけないのですね。

【盲点10】
「英語をしゃべることは英語を聴くことよりも遥かに難しい。
英語で徹底的に聴きこんで頭に溜め込んでおかないと、それをアウトプットす
ることは出来ないものである。」

 →聞くことよりも話すことのほうが難しい…このこともあまり意識したこと
  が無かったように思います。何度も遠藤先生のお話しをきいて、それから
  はこのことを理解できていると思いますけれど。

* * *

盲点1~10について感想を書いてみました。
私は遠藤式に出会ってからこれらの事をみな知ったと思います。
それまではほとんど知らなかったし、なんとなく感じていても意識して深く考
えた事が無かったように思います。
そして、英語習得はそれほど大変なことで、決して簡単なことではなく、時間
をかけなくてはいけないし、早く習得する方法をとらなければいつまでたって
もできるようにはならず、物にもならず、結局無駄な時間とお金を費やしてい
るだけということを、痛いほど感じています。

私の課題は「継続」です。どうしてもうまく時間をとって学習を続けていくこ
とができないのが悩みです。走り出すと一気に頑張るのですが、他の用事をそ
の間差し置いても頑張って走っていき、結局は後回しにしたほかにやるべきこ
とが押し寄せてきてそこで英語が中断してしまうのです。
時間のやりくりがヘタなのかもしれません。
時間のやりくり、気力の維持が最大の課題です。

遠藤式で学習している方は働いている方が多いでしょうし、もっともっと時間
の無い中でやりくりしている方もいるかと思います。
もしもそういう方とお話する機会があれば是非お話しを聞いてみたいと常日頃
思っています。
オンライン複数指導で、そういう私のように継続ができないことが問題の生徒
に対しての指導を頂くとか、または、忙しい中でしっかりと継続し走りつづけ
ている学習者の方のお話しを聞くとか、そういう機会があればぜひ参加したい
と思っています。

***

感想文を寄せてくださり、ありがとうございました。
この方がおっしゃっているように、Endo Method の方法論をきちんと理解して
実行している方でも、「継続」が一番の課題である、という方は多いでしょう。
「継続は力なり(Practice makes perfect.)」で、確かにこれは重要なテーマ
です。
この問題をテーマとしたオンライン指導を受けたい方は下記URL からお申し込
みください。

「複数名のオンライン指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=107-0046-0702

先生1人に対し生徒は最大4名が参加可能です。
同じ悩みを持つ生徒さん同士で、励ましあったり、継続するためにどのような
工夫をしているか、などを聴ける貴重な機会ともなるでしょう。
申込者多数の場合は開催回数を増やしますので、ふるってお申し込み下さい。

 

「ファン・クラブ通信」 第178号 (2007/04/18) ≪教材価格の変更≫

今回は重大な価格変更通知なので、「ファン・クラブ通信」購読者以外にも配
信させて頂きます。

現在では、「発音セット」、「英単語セット」、「ヒアリング・スピーキング
セット」を一括購入すると、トータル価格 \130,000が 5%引きの \123,500
と \6,500 安く購入できます。

将来まとめ買いの効果を更に大きくするために、まとめ買いの場合に \6,500
引きを取りやめ、その代わりに定価 \15,000 の HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF
TAUGHT を無償で提供させて頂くことにします。
但し、これよりも従来の 5% 値引きを好まれるお客様のことを考えて、連休明
けの5月7日(月曜日)午後11時59分までは、従来価格の \123,500で購入可能
とさせて頂き、5月8日(火曜日)正午より、\130,000で HIGH SCHOOL SUBJECTS
SELF TAUGHT 込みとします。 

即ち5月8日からは \15,000がお得となるわけですが、これだけの大きな恩典を
与えさせて頂くのは、次の理由に基づくものです:

(1) 初めの発音だけで挫折するかも知れないなどの不安は持たずに、最後のヒ
    アリング・スピーキングまで必ずやり通そうとの決意に感謝するため。
 
(2) 高等英会話の最終目標である HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT を念頭
    に置いて、Endo メソッドを始めようとされる、高邁なご計画を賞賛する
    ため。

(3) HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHTは非常に優れた教材なので、その価値
    を知って頂きたいため。

なお HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT をご存知ない方は次のURL をクリッ
クしてください。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/highschool.html

「ファン・クラブ通信」 第177号 (2007/04/11) ≪英会話勉強の「盲点」≫

日本での英会話勉強の主流は次のようになっています:

英会話学校(かなり高額)
テレビ英会話講座(安い)
ラジオ英会話講座(安い)
テレビ英語映画(安い)
英語テレビ・ラジオ ニュース(安い)
映画館での英語映画(比較的安い)
語学留学(高額)

しかし、上記の全てが中途半端なのが実情です。
高額な語学留学なら効果があると思っている人も多いでしょうが、そうではな
いことは次のURLよりお判り頂けるでしょう。

 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc020.txt
 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc021.txt

何故日本での英会話勉強がこのように中途半端なのか、一方で、中国では国策
として効果的な方法(DynEd勉強法)を2年前より取り入れ、既に毎月50万人がこ
の方式で成功しており、中国に見習うシンガポール、マレイシア、ミャンマー、
ヴェトナムも国家方針として採用し、更に最近ではトルコ政府が300万人にこ
の教育方式を導入することとなりました。
トルコはEU加盟を目先に控えて、EU諸国での共通語である英語の人口を急
速に育てる必要があるからです。
それにしても DynEd 方式が他のあらゆる英会話勉強法より優れていることを
トルコ政府は知っているからです。

日本が成功していないのは、英会話勉強には次の10の「盲点」があることに
気づいていないからです。
弊社の「ファン・クラブ通信」の読者はこれらのことをある程度ご存知かも知
れませんが、この問題は非常に重要なので、この際「英会話10の盲点」とし
て、ハッキリと説明させて頂きましょう。

貴方はこれらの「10の盲点」のうち、何番と何番を既にご存知だったでしょ
うか、そして何番と何番は初めて気づかれたことなのでしょうか。

私のEメイル (endo@pasocon-eikaiwa.com) なりフリー・ダイアル(0120-322
-989)なりに直接お答え頂いても良く、または「ファン・クラブ掲示板」
http://pasocon-eikaiwa.net/bbs/)に投稿して頂いても結構です。
「掲示板」投稿の場合は、貴方のEメイル アドレスを知らせて頂く場合は個
人的にあとのフォローはさせて頂けますが、匿名、Eメイル無し、の場合は
「ただ聴きおく」だけになってしまいます。

「英会話勉強における10の盲点」(下記URL をクリックしてください)
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/mouten/mouten.html

 

「ファン・クラブ通信」 第176号 (2007/04/4) ≪厚生労働省コース≫

4月1日より厚生労働省コースが改版されましたのでお知らせ申し上げます。

「発音セット\38,000」+「英単語セット\38,000」+「ヒアリング・スピーキ
ング セット\54,000」から構成される弊社の「標準セット\130,000」と全く
同じ内容のものを同じ価格で、2007年4月1日付けで「厚生労働省コース」とし
て再登録されました。
勉強期間は6ケ月としております。
これより長い時間がかかりそうな方はご相談ください。
その場合の対処方法をお知らせします。
コースの名称は「Endoメソッド標準コース」とは呼ばずに、過去数年間厚生労
働省に登録している「実用英語実力養成6ヶ月コース」の名称としています。

「厚生労働省コース」の利点は、コース終了時に弊社が修了証書を発行すると、
その修了証書を添付して最寄のハローワークに申請すると、
トータル \130,000のうちの 20%又は40%が厚生労働省より還付されます。
詳しくは次のURLをご覧ください:
https://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=080-0023-0704