「ファン・クラブ通信」 第295号 (2009/07/29) ≪微妙な英語発音の違い、その2≫

ファン・クラブ通信では、先週より「微妙な発音の違い」と題して、
易しいようで、日本人は案外間違いやすい英語発音を取り上げています。

今週は think の th の発音と、 that の th の発音を取り上げます。

ここでは国際発音記号が使えないので、think , that の th の発音記号は、
次をクリックしてご覧ください。

think の th http://cs-x.net/endo-method/c/00025.html
that の th http://cs-x.net/endo-method/c/00026.html

think の th と that の th の違いを説明したムーヴィーは、こちらを
クリックしてご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00024.html

ムーヴィーではかなり大げさな舌の動きに見えるかもしれませんが、
日本語には無い独特の舌の動きは、これくらい大げさに練習を積んでちょうど
良いくらいです。
オーバー気味に練習するのが良い、というのは、発音練習の際、いつも注意し
ておくと良いでしょう。

「ファン・クラブ通信」 第294号 (2009/07/22) ≪微妙な英語発音の違い、その1≫

今週から「微妙な発音の違い」の表題で、数回連載して行こうと思います。

これは弊社発音教材である「口と舌の形で学ぶ英語発音」基礎編で説明されて
いることですが、易しいようで、日本人は案外間違いやすい英語発音を取り上
げていきます。

英語発音は、英会話を学ぶ前にどうしても学んでおく必要があるのです。
弊社の発音教材を既に卒業したが忘れてしまったという方はもちろん、覚えて
いても、この際復習したいという方に、お役に立てるでしょう。

まだ「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版、又はその前の第2版、第1版を習
っておられない方にもお役に立てます。
即ち、「英会話勉強」をされたい全ての方々のお役に立てるものです。

第1週~第8週の配信内容はこちらをクリックしてご覧ください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00018.html

今週は(第1週目)の 「フ」/ [fu] 、「ブ」/ [vu] の発音の違いです。
まず、日本語の「フ」と「ブ」は貴方としては正しく発音できますね。
このように「フ」と「ブ」の音質と、そしてそれらを発音する仕方を念頭に
置いた上で、今度は[fu] と [vu] がどのように違うかを、ここをクリックして
学んでください。
http://cs-x.net/endo-method/c/00017.html

「ファン・クラブ通信」 第293号 (2009/07/15) ≪ HSSST の一般販売~その2 ≫

先週の「ファン・クラブ通信」では HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT 解説
書の有料販売をお知らせしました。

次のURLから、この解説書の内容説明画面が見られ、また発注もできます。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/hssst-service.html

今週この問題を再度とりあげさせて頂く理由は、
この「HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT 解説書」を購入され、何週間か経っ
た後に Dedicated Membership の資格を取られた方に対して「有償」から「無
償」への切り替える方法について説明させて頂くためです。

ご存知のように、DynEd 使用料を、3、6 又は 12ヵ月まとめて一括発注され
ると Dedicated Membership が得られ、このような Dedicated Members には、
特典として「HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT 解説書」が無償で毎週届けら
れることとなっています。
Dedicated Membership について:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/dedicated/index.html

これを考慮して、有償で「HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT 解説書」を購入
された方がそのあとでDedicated Members になった場合の生産方法をお知らせ
します:

\15,000 - \375 × (今まで有償で購読された週の数)