「ファン・クラブ通信」 第59号 (2004/12/28) ≪今週の話題: 英単語の記憶法-1≫

弊社の「アニメで覚える英単語」で勉強中の生徒さんのために最近作った「英
単語記憶法」の資料です。
まだ弊社の「アニメで覚える英単語」を勉強しておられない方にもご参考まで
にお送りしましょう。 
英単語の勉強法

「アニメで覚える英単語」上巻、下巻を使用して8000語の英単語を効率的に記
憶して頂く方法をこれから述べさせて頂きます。

【8,000語の語彙力】:
「アニメで覚える英単語」には約3,000語の英単語がありますが、実質的には
8,000語に相当します。 その理由は次の通りです。

(1)「アニメ」に含まれている単語は全て語尾を取った単語です。
この語尾無しの基本単語に -ness, -er, -or, -ee, -ist, -ment, -ism, -ion,
-ability, -ant, -um, -less, -ese, -able, -ly, -ous, -ic, -al, -ive,
-ize, -ing, -ish, -ce, -cy, -ive, などの語尾をつけると意味は同じですが
品詞が変わった単語になるので、このような派生語も含めると元の 3,000語は
6,500語以上になります。
ですから 3,000語の基本単語を覚えると言うことは6,500語を覚えたも同然なの
です。

(2)「アニメ」には中学校で習った1,500語は含めていません。
これらの1,500語は誰でも知っている school, dog, cat, house, sea, happy,
sad, sleepy, get, go, sing, swim などの容易い単語なので誰でも覚えている
ものです。
これらを(1)の 6,500語に加えると 8,000語になるのです。
この 8,000語は日本国内の上位30校の大学受験の出題英文から選んだ単語で、
また TOEICテストもこれだけ知っておれば十分です。
【上巻Part1から下巻Part2までの分類】:
基本単語 3,000語は弊社では次のように区分けしています。
上巻 Part 1  Group 1, 2, 3, 4, 5, 6
上巻 Part 2  Group 1, 2, 3, 4, 5, 6
下巻 Part 1  Group 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
下巻 Part 2  Group 1, 2, 3, 4, 5, 6

弊社の pasocon-eikaiwa net (p-e net) に学習記録を送られる場合は上記の
分け方で送って下さい。
上記の区分けで記憶率が最低80%になれば学習記録を送ってください。
ただし80%ぎりぎりが良いわけではなく、なるべく100%にしてから送っ
てください。

学習記録を弊社に送るには、 p-e netの「学習進行状況確認表」の中ごろにあ
る「英単語記憶」の表の下に記載されている「※あなたの単語学習記録を反映
させるには?←ココをクリック!」を押してください。
【勉強時間】:
「アニメで覚える英単語」による単語記憶開始時に平均的な語彙力をお持ちの
方(目安として TOEIC点数 450~500)は 3,000語を覚えるのに約 120時間が
必要です。
これより語彙力の少ない方は120時間以上、これより語彙力の多い方は120時間
以下の時間で 3,000語が覚えられるでしょう。
【初期値】:
「アニメで覚える英単語」の勉強開始の時には、先ず単語上巻Part1 から下巻
Part2 まで全体を一通り見て、既に覚えている単語は「覚えた」に移し、この
段階で第1回目の学習記録を弊社に送ってください。
(学習記録の送り方は既に説明しました。)

その後上巻Part1 を 80~100%まで記憶した後に学習記録を送ってください。
以下同様に 80~100%覚える度に学習記録を送ってください。
【次のURLの表の説明】:

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/tango/p-e.html

このURL の表は貴方のp-e net の「学習進行状況確認表」で見ることが出来る
ものです。
その中で、上の表の「初回記憶済単語」は上巻Part 1 から下巻Part 2 までの
3,000 語を一通りみて、既に覚えている単語を「覚えた」に移した段階で弊社
に学習記録を送った場合の数字が出ています。

下の大きな表は上巻 Part 1から下巻 Part 2 までの学習記録の Group 1 から
Group 6(時には Group 7)までの内訳まで分かるようになっています。 

広告

「ファン・クラブ通信」 第58号 (2004/12/22) ≪ クリスマス・お正月企画 ≫

今回は重大ニュースがあります。

★国際教育研究所からの「クリスマス・お正月特別企画」
 ”Endo Method”の教材が15%引きで購入できるチャンスです

「特別企画」は第57号でもお知らせしましたが、もし見落とされているといけ
ませんので再度お知らせします。前号と内容が少しだけ変わっています。
今回の号をお読みください。
———————————————————————-
国際教育研究所では皆さんからのご意見を活かすためにアンケートを募集しま
す。

アンケートをお寄せくださった方には”Endo Method”の教材を特別に15% 引き
で販売いたします。

今回は期間限定特別の大きな割引率となっています。
しかもご希望の教材は何点でも結構です。

これから”Endo Method”を始めてみようという方も次の教材を購入しようと考え
ている方も15%引きで購入できる大きなチャンスです。
割引購入の権利は2005年3月31日までとします。ですから、いますぐ購入しなく
ても3月まで使えますからこれはお得です。

アンケートの内容は次↓のようにお願いします。

(1)「ファン・クラブ通信」第47号から第57号までの「シリーズ Endo Method の
全貌」を読んでの感想

 1. 役にたちましたか?
     役に立った ・役に立たなかった ・どちらともいえない
 
  2. 役に立った・役に立たなかった・どちらともいえないのそれぞれの理由
     とその感想

(2)「掲示板」についての感想

  1. いままで「掲示板」を見たことがある
   はい・いいえ

  2. 今後「掲示板」を双方向性の活発なものにしたいと考えています。
   どのような「掲示板」なら読んでみたいと思いますか?
   皆さんのご意見をお聞かせください。

(3) その他何でもご意見・ご感想をお書きください。
アンケートは「シリーズ感想」の表題で次↓のe-mail address 宛てに送って
ください。

company@pasocon-eikaiwa.com
「シリーズ Endo Method の全貌」は次の「ファン・クラブ通信」バック・ナ
ンバーの URLよりお読みください:

http://www.pasocon-eikaiwa.com/fanclub/back_num
Eメイルでの投稿は今年の12月31日(金)まで受付ます。

アンケートの結果は1月12日(水)の「ファン・クラブ通信」の記事として発
表させていただきます。

新しい年に”Endo Method”を始める大きなチャンスです。
多くの方の投稿をお待ちしています。

「ファン・クラブ通信」 第57号 (2004/12/15) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第11話≫

このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されています。 前回の第10
話では (B) の4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたら
します、の「発音中心」を説明しました。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

          ──────────────

これまで説明してきたように、”Endo Method” は

 1.「英会話学習方法論(戦略)」
 2.「発音練習(外堀)」
 3.「語彙増強(内堀)」
 4.「ヒアリング・スピーキング(本丸)」

と、この順序に忠実に従って学習することにより、飛躍的に英会話力がつくと
いう事がお分かりいただけたと思います。

“Endo Method”ではこの順序に従って、忠実に学習できる「標準コース」

 http://www.pasocon-eikaiwa.com/fanuc_course/fanuc_course.html

をご用意しています。

しかし、皆さんの中には、「果たして自分はできるのだろうか」とご心配され
ている方もきっとおられることでしょう。
「最後までできる自信がない」、「費用的にも大変だ」などという方もきっと
おられることと思います。

ご安心ください、最初は書籍1冊 \1,575 から初めて、勉強が進むに従ってス
テップごとに教材を購入していけば良いのです。 途中で嫌になれば、そこで
ストップしても良いのです。
しかし、実際に学習を始められた方は、目に見えてその効果を実感する事がで
きるので、最後までやり遂げられる方が多数でています。

費用も全ステップを学習されても13万円程(レンタル使用)で、更に厚生労働
省教育訓練給付金制度を利用すると、コース終了後厚生労働省より40%の還
付金がえられますので、自己負担額はほんのわずかですむのです。

わずかの費用で勉強効果はアメリカに1年留学、または日本最高の英会話学校
でネイティヴ先生と1対1で170時間、170万円で習うのと同じ効果、又はそれ以
上が得られます。

さあ、あなたも一歩踏み出してみてください。

          ──────────────

【結び】
今回をもって10月7日より開始した”Endo Method” の全貌のシリーズを終わり
ます。

このシリーズで述べた事は今まで貴方が弊社から入手された資料にも含まれて
いたかも知れません。
しかし弊社から膨大な資料を受け取られると、かえって読めないのかも知れま
せん。

そこで今回はシリーズとして小刻みにわけて丁寧に説明させて頂いたのです。
こうして初めて皆様もEndo Method の真髄がお分かり頂けたのではないでしょ
うか。

最後に国際教育研究所から「クリスマス・お正月特別企画」を発表します。
なんと15%引きで”Endo Method”が始められる、教材購入のチャンスです。

今回のシリーズについての感想を次のe-mail アドレスまで件名を「シリーズ
感想」と書いてお送りください。

company@pasocon-eikaiwa.com

このシリーズを読んで、”Endo Method” にこれから真剣に取り組んでみたい、
また、もうすでに始めているが追加教材を入手したい、という熱意が感じられ
る内容と弊社が判断したものについては、弊社より勉強を奨励する意味で一部
の例外(注★)を除いたほとんどすべての教材について15%引きで販売させて
いただきます。
ですから「シリーズ感想」の最後には割引購入ご希望の教材も明示して下さい。
ご希望の教材は何点でも結構です。

投稿は今年の12月31日(金)まで受付ます。
発表は来年の1月11日(火)に弊社の掲示板上で行います。
投稿された内容は掲示板上で発表させていただきます。

掲示板は http://pasocon-eikaiwa.net/bbs/
従来より「ファン・クラブ通信」特別会員の5%割引きや、コース一括購入の
10%割引きなどがありましたが、今回の割引率の15%はそれらの割引率に追加
するものではなく、定価から15%を割り引くというものです。
今回の15%は従来のすべての割引率より大きいものです。

注★(ただし「アニメで覚える英単語」の第2版から第3版への買い替えと、
発音教材のビデオからCD-ROM への買い替えの割引きはそのまま有効です。
これより更に15%引くという意味ではありません。)

15%引きで販売させていただく人数の制限は今回は設けていません。
新しい年に”Endo Method”を始める大きなチャンスです。
多くの方の投稿をお待ちしています。

「ファン・クラブ通信」 第56号 (2004/12/08) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第10話≫

このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されています。 前回の第9
話では (B) の4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたら
します、の「発音中心」を説明しました。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

          ──────────────
今週は、(C)最後の仕上げは多読 を紹介しましょう。 次のURLです。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/reference/81.htm

この資料には「実用英語の基礎が出来ている人の勉強法」の題名がついていま
す。

「実用英語の基礎が出来ている人」とは Endo Method の標準コースである
「方法論」→「発音」→「英単語」→「ヒアリング・スピーキング」を360
時間程度をかけて終了した人のことです。

Endo Method の標準コースを終えても未だ「英語の言語係数」 0.3 程度なの
で、この「言語係数」0.3 から教養あるアメリカ人の英語力である「言語係
数」1.0近くにまで上げるには多読中心の勉強法が CD-ROMよりも有効になりま
す。

「言語係数」については既にご紹介した

  http://www.pasocon-eikaiwa.com/naze/

「なぜ英語が聴けないのか 話せないのか」の:
【問題点解決編】(11)これでもなお、たいして聴けない の 1
【問題点解決編】(13)多読の重要性 の 1

をご覧ください。
これで、多読を続けることにより英語脳を作り、真の意味での英語力がつくと
言う事がお分かりいただけると思います。
               (このあとは本シリーズ第11話に続きます。)

「ファン・クラブ通信」 第55号 (2004/12/01) ≪今週の話題 : シリーズ”Endo Method”の全貌 第9話≫

このシリーズは次の(A),(B),(C)の三部から構成されています。 前回の第8
話では(B)の4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらし
ます、の「発音中心」を説明しました。

(A)”Endo Method 英会話習得法”は高速勉強
   6ケ月でTOEIC点数を320点アップした生徒さえ2名輩出。
   20名クラス平均で同じ6ケ月で183点のアップを実現。

(B)何故高速勉強が可能なのか
   これだけ大きな効果を上げている理由は次の4つです:
 1)「方法論」がしっかりしています。
 2)  この確立された方法論とおりに着実に個人指導が可能な e-learning
   方式を持っています。
 3)「発音」、「英単語」、「ヒアリング・スピーキング」の3本柱の極め
   て効率的な教材を使用しています。 全て CD-ROMです。
 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

(C)最後の仕上げは多読

          ──────────────

今週も先週に引続き

 4)「発音」からスタートする方法が非常に大きな効果をもたらします。

について説明します。
これの説明は次の3項目があります:

 ・本丸攻略
 ・発音中心
 ・発音が目だって上手になった生徒6名の例

今回はこの3項目の中の「発音が目だって上手になった生徒6名の例」を、
次の URLでご紹介しましょう:

   http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html

このURLでは、実際に Endo Method で発音練習をされた生徒の成果を、動画で
ご覧いただくことができます。

これら6名の生徒の練習時間が、それぞれ 70時間、50時間、47時間、25時間、
39時間、72時間となっていることにご注目ください。
このように Endo Method による発音練習は、短時間で驚くほどの効果を挙げ
る事が可能なのです。
              (このあとは本シリーズ第10話に続きます。)