「ファン・クラブ通信」 第141号 (2006/07/26) ≪ 「再度」カタカナ英語 ≫

ここ13週間連続で「カタカナ英語」を弊社のホームペイジ
http://www.pasocon-eikaiwa.com/)に連載しております。

これは未だ弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」で英語発音勉強をしておられ
ない方のためのものです。

しかし、これは既に弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」の勉強を終了された
方にも、また現在勉強中の方のためにも、非常に役立つと思います。

「口と舌の形で学ぶ英語発音」を勉強された方は個々の国際発音記号は正しく
発音出来るようにはなっています。
そして、そのあと国際発音記号を結びつけた英単語、更には英単語を結びつけ
た英語文章の練習も一通り勉強はしてもらっています。
しかし、それでもなお、非常に基本的なところで迂闊な間違いをする人が沢山
おられるのです。
それは皆さんの母国語である日本語発音の影響を完全には断ち切れていないか
らです。

簡単な例を言いますと、「エイ」と [e] と [i] の二重母音で発音すべきとこ
ろを「エー」と「エ」を伸ばして発音し「イ」を発音しない誤りです。
即ち:
キャンペイン、バリエイション、インフォーメイション、エジュケイションを
キャンペーン、バリエーション、インフォーメーション、エジュケーション
と発音してしまっているのです。 

このような初歩の誤りは、すぐに改善してください。 このようなことを狙っ
て「カタカナ英語」を毎週ホームペイジに掲載しているのです。

「ファン・クラブ通信」 第140号 (2006/07/19) ≪ クレディット・カード番号の暗号化 ≫

本年7月4日からクレディット・カード番号の暗号化を開始しましたのでお知
らせ致します。
これにより発注手続きが簡略化されました。
従来は電話でカード番号をお知らせ頂くと言う手間なことをお願いしていまし
た。

弊社ホウム・ペイジで教材を発注される際に、クレディット・カード決済を指
定され、いよいよカード番号をタイプ・インされる段階で「暗号化技術により
あなたの情報は保護されます」の文言を表示しています。

ご参考までに、弊社ではクレディット・カード決済以外に銀行振り込み、代金
引換の決済方式も承っております。

「ファン・クラブ通信」 第139号 (2006/07/12) ≪ 松尾様の感想文 ≫

今回は、私が今でも英語顧問をしているファナック株式会社の後輩にあたる
松尾健一さんの感想文をご紹介しましょう。

この人は大学を卒業してから間もなく米国に赴任し、26年も米国で生活をし、
最終的には220名の従業員を持つ FANUC AMERICA の社長をしていた人です。
私が30年程前に初代社長を勤めたFANUC USA が、その後アメリカ合衆国以外に
カナダ、メキシコなどの北米、中米、更には南米までカヴァーする会社に発展
したので FANUC AMERICA と名づけられているのです。

詳しいことは直接次の URLをお読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kansou-matsuo.html

Endo Method が優れていることを報告してくれていますが、それよりも大事な
ことは、最終的には、物凄い「多読」をしないと高いレベルの英会話力は得ら
れないと言うことです。
私はベイシックの英会話をマスターした後は3,500 時間程度の多読をしたので
す。
普通海外に住んでも、この徹底した「多読」をしないので、英語力が伸びなく
なるのです。

多読の必要性は「これならできる超高速 英会話速習法&トレイニング」の
Page 46 の「言語係数を 0.3 から 1.0 に上げるには」から Page 68 までを
お読みください。 本書の購入は次の URLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/houhouron/sokushu.html