「ファン・クラブ通信」 第347号(2010/07/28)≪英会話教育の重要性≫

皆さんも既にご存知と思いますが、中国、台湾、韓国などが、パソコン、携帯
電話、家電製品などの分野で、技術的に日本に追いつき、追い越してきています。

その結果、これ等の国々の経済力が急速に強くなって来ており、特に中国はGDP
が米国に次ぐ世界第2位になりました。

日本は過去20年ほど世界第二の経済大国であったのが、その座を中国に取られ
てしまったのです。

そしてその背景の一つとして、彼等が英会話教育に力を入れているということ
があります。

次の記事は「週刊新潮」の最新号から借用した韓国企業サムスンの実体です。

記事URL: https://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/img/347/samsung.txt

技術的に日本と互角または日本よりも優れてきている場合も確かにあり、更に
技術的にまだ日本よりも弱い場合でも、世界市場の要求に合う製品開発に優れ
ている場合があります。
記事中にもあるように、彼らの「本気で考える」姿勢が的を得た決断と行動の
源となっています。
物事を本気で考えると、それについての「先見性」が自然と優れてくるもので
す。

これらの国は、優れた先見の一つとして、早い段階から英会話教育に力を入れ、
既に世界経済で優位に立ちつつあるという結果を出しています。
これは記事だけを鵜呑みにして言っているのではなく、世界各国で採用されて
いる英語教材を扱っている立場から、私自身がずっと感じていたことでした。

日本は、この英会話教育の重要性については、曇ったメガネ程度の先見性しか
持っていません。
遠藤メソッドの受講生には、日本を担う企業に勤めている方も多く、私は彼ら
の話を聞く機会が多いのですが、社内英語教育が真っ先にコスト削減の対象に
なっているし、もともと英語力のある社員の能力も、うまく生かし切れていな
いことがしばしばあります。

ファン・クラブ通信の345号では、いくつかの日本企業が、社内公用語を英語
にした、というニュースについて触れました。
しかし社員、もっと遡れば入社前の人材、に対する英会話教育について根本的
な見直しがなされない限り、国力の向上にはつながらず、せっかくのこうした
試みも失敗に終わってしまうでしょう。

中国韓国などに対する日本の劣勢…弛緩と停滞の悪循環については、英語力だ
けでなく、オリンピックなど様々なところで感じている方も多いと思います。

次号のファン・クラブ通信では、この現状の打開の一助と必ずなるであろう、
私の「使命」についてお伝えしたいと思います。

広告

「ファン・クラブ通信」 第346号 (2010/07/21) ≪会話テストがさらに充実しました≫

3月3日のファン・クラブ通信では、弊社のヒアリング・スピーキング教材
(DynEd New Dynamic Englih 他)を学習中の方に、 アメリカ人先生による
英会話レベルのテストを無料化するお知らせをしました。

このテスト「Live Talk with Melissa-sensei」は、次の点でTOEICや英検テ
ストより優れています。

○申し込みから結果がでるまでの日数が「1日以内」

○無味乾燥な筆記試験でなく、ライヴ英会話である

○弊社教育責任者の遠藤からの指導も受けられ、ネイティヴからとはまた違っ
た観点から今後の学習の方向性についてアドヴァイスを得られる

しばらく試験的に無料期間を設けましたが、受けていただいた生徒さんからは
非常に好評を得ており、無料ではあまりに申し訳ないと言ってくださる方も
多く、また実際一人一人に渾身の指導を与えるために、ネイティヴ先生も私も
かなりの時間を要しているのが実情です。

そのため、今回テストを有料に戻し、しかも価格を以前の \3,500から\5,000
に値上げすることに致しました。

価格改定に伴い、テスト内容は、より充実したものになります。

○Melissa 先生は、単なるフリー・トークではなく、最初の段階で生徒のレベ
ルをつかみ、そのレベルに合った会話内容を提供します。

○私(遠藤)は、Melissa 先生と生徒さんの Skypeに参加して黙って聞いてい
ますが、生の会話の中で、生徒さんの弱点が、非常にハッキリと判ります。
TOEIC や教材のテスト結果などからだけでは絶対分からない、これらの弱点と
その克服法を、私から生徒さんへEメイルで提供します。

値下げのお知らせでなく恐縮ですが、これを機会に、このテストをもっと沢山
の生徒さんに受けていただき、その効果を実感していただきたいと思います。

弊社のヒアリング・スピーキング教材、発音教材を学習していない方でも気軽
に受けられます。

次のURLからお申込みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/taryu/level-test.html

「ファン・クラブ通信」 第345号 (2010/07/14) ≪TOEIC 950点の英会話≫

TOEIC 950から遠藤メソッドで「発音」→「英会話」に進まれた方の感想文です。
航空会社勤務の男性の方です。

======================================================================

「もっと早く遠藤メソッドに出会っていれば・・・。」

これが私の正直な感想です。

英会話スクールに行くお金も時間も無かったので、遠藤メソッドを知るまでは、
本とCDでずっと勉強していました。

その結果、英検1級やTOEIC 950点を取得しましたが、あまりにも無駄な時間と
労力を費やしてしまったと後悔しております。

しかし、書店に並ぶ様々な教材に手を出し、さんざん挫折を繰り返したからこ
そ、遠藤メソッドに出会ってその凄さが理解出来るのかも知れません。
遠藤メソッドの長所を挙げればきりが無いのですが、私が感じたことを幾つか
お話したいと思います。

まず私が気に入ったのは、最初に発音を徹底的に鍛え上げるところです。
DVDのお手本を見ながら口と舌の形で発音を学ぶ方法は非常に画期的だと思い
ました。

学習を開始してすぐに、今まで出したことのない音が自分の口から響いている
ことに感動しました。

もちろん最初は苦手な発音もありましたが、ビデオ録画による指導のおかげで
少しずつ自分のものになっていくのが実感できました。
発音は帰国子女でもない限り無理だと諦めていましたが、お蔭様で自信を持っ
て喋ることが出来るようになりました。

英語が話せるようになるには、ネイティブの声を聴いて何度も喋る練習をする
しかない・・・これは英語の勉強をある程度やった人なら誰もが行き着く考えだ
と思います。

しかし面倒な繰り返し作業を続けるのは相当根気が必要で、市販の教材はどれ
も長続きしませんでした。

その点、遠藤メソッドが使うDynEd は、パソコンのクリック一つで何度でも繰
り返すことが出来きるのでストレスがなく、内容も物語から科学、歴史と実に
豊富に用意されているので面白く、初めてスピーキングの学習が長続きしまし
た。

また、なぜ先に発音を勉強すべきなのか、本当の意味がここでやっと分かりま
した。

DynEd には音声認識の学習項目がありますが、正しく発音しないと全く認識し
て貰えません。

逆に上手く発音できてクリアー出来るとかなり嬉しく学習進度がぐっと上がり
ます。

先に発音をマスターしていなければ、せっかくのDynEd も途中で挫折していた
でしょう。

遠藤メソッドはDynEd の学習効果を最大限に引き出すために緻密に計算されて
いることがよく理解できました。

そして私が最も有難いと感じたのは、通信講座のサポート体制です。
学生の頃から通信講座は色々やって来ましたが、一つも続いたことがありませ
んでした。
これだけが唯一心配だったのですが、何とか仕上げた添削課題を送ると、
驚いたことにまだ記憶が新しいうちにすぐに丁寧な解説がついて戻って来まし
た。 これには俄然やる気が湧きました。

また、仕事が忙しくて英語を少し休んだ時があったのですが、励ましのメール
を頂いたお陰で挫折せずに続けることが出来ました。
さらに、自分の仕事で英語を活かすための学習計画についても、遠藤先生はご
多忙にも関らず本当に親身になって相談に乗って下さいました。

New Dynamic English を終了した後もDynEd には豊富な教材が用意されていま
す。
私は現在English by the Numbers やEnglish for success に取組んでいますが、
これからも更に高いレベルを目指して遠藤メソッドで学習して行きたいと考え
ております。

======================================================================

【国際教育研究所 遠藤の補足】

この方の書かれていることが「遠藤メソッド」の実体なので、私も教材の解説
書や、学習者向け資料、そして日々の指導をとおして、同じことを受講生(そ
して遠藤メソッド検討中の方)にお伝えしては、いるのです。

しかし、教える側の私が言うのと違って、実際に「遠藤メソッド」で学習を進
めている方だからこそ、各学習過程における効果と実感を、これほど迫力のあ
る文章で表現できるのでしょう。

さて、今、楽天、ユニクロなどが英語を社内公用語にすると発表し、話題とな
っております。
http://news.livedoor.com/article/detail/4882346/
今や日本人には「遠藤メソッド」で教え得るような、非常に高いレベルの英会
話力が必要なのです。 

この方は、英検1級・TOEIC 950点だけでなく、会社内での英会話試験でも上位
の成績を取られてから「遠藤メソッド」を始められました。

そこまでいっても、まだ勉強することがあるのか?と驚かれる方もいらっしゃ
るかもしれません。

しかし、仕事で使う英会話というのは生易しいものではありません。
英会話力不足が、会社の多大な損失の原因になったり、職種によっては人命に
にかかわることもあるのです。

この方はそのようなことが実感できる環境におられ、試行錯誤しながら努力を
続けてきた結果、「遠藤メソッド」にめぐり合われたのです。

実際この方は「遠藤メソッド」を始めたあと、急速に英会話力が伸びてきてお
り、「遠藤メソッド」ならまだまだ伸びることをよくご存知なので、これから
も今までと同じように勉強を続けようとされているのです。

この方の他にも、TOEIC点数900-950点を取り、海外に派遣されたが、なお英会
話力不足で現地での仕事に支障をきたしている、と悩んでいる方が「遠藤メソ
ッド」でたくさん学んでおられます。

ネイティヴが喋る英語をいくら聴いても、右の耳から入った英語のほとんどが
左の耳から抜けてしまって、頭にはなかなか入らないのが英会話勉強の厳しい
現実であることに、そろそろ沢山の日本人が気づいてきています。

それに対する、決定的な solution が「遠藤メソッド」なのです。

「ファン・クラブ通信」 第344号(2010/07/07)≪英会話学習用スピーカー≫

10倍速度で英会話が学べる「遠藤メソッド」は、トレイニング全般を徹底して
音声ベイスで行う英会話学習法であり、その礎として英語発音指導には、特に
力をいれております。
これが10倍速マスターを可能にする一つの理由なのです。

そこで生徒さんには教材の英語を聴く時にも、なるべく音質の良いヘッド・
フォーンで聴くことをお勧めしています。私の生徒さんに対するスクーリング
では、普通の電話でなくSkype方式を利用していますが、これは電話料をタダ
にするためだけではなく、英語を含めた会話が極めて音質よく出来るからです。

特に、英語の子音領域である 2,000-5,000 hz. 帯を強調して聴ける
Bio Listening ( http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bio/bio.html )
はベストの方法ですが、ここまでしなくとも、なるべく高音質で弊社教材を
聴くべきです。

最近のパソコン用ヘッド・フォーンは \1,500 程度の安価なものでも結構良い
音質です。
しかし、これよりも、もっと良い音質で英語発音及び英会話を学びたければ、
次の日本ビクターが開発した、ノート型のスピーカー(PC AUDIO SYSTEM NC-SP1)
をお勧めします。

次の写真のようなもので、価格は \35,000 です。

これは、所謂「オーディオコンポ」と言われている音楽鑑賞用の次の写真の
ようなスピーカーからでるものと同じ程度の音質です:

Bio Listening のように、特に 2,000-5,000 hz.帯を増幅はしておらず、
20-20,000 hz.領域を同じ音量で増幅しているものです。

このノート型スピーカーは、音質が良いだけでなく、使用面でもヘッドセット
と同じ程度に便利なものです。

私自身も「遠藤メソッド」の教材を使うのに、ここ2~3年はオーディオコンポの
2個の小さいスピーカーを使っていましたが、これの欠点は、スピーカーの
amplifier、2つのスピーカー間の配線、パソコンへの配線など、多数の配線を
しなければならず、非常に配線に面倒で、またこれらの多数の線が絡んでしまう
などの、やっかいな問題がありました。

それが今回おすすめするPC AUDIO SYSTEM だと、このうすっぺらいスピーカー
をUSBでパソコンに繋ぐだけで、電力とスピーカーへの音声電流の供給がされる
ので、配線が簡単、見た目もすっきりしています。

このように音質が良く、音量が大きく、しかも使い勝手が良いと言う長所を持っ
たこのスピーカーは、小学校、中学校の教室で、数十名の生徒に同時に英語を
聴かせるために日本ビクターが最近開発したものです。

学校販売をしているのみで、一般個人向けには販売されていないのですが、
私はこれに特に興味を持ったので、この販売権を同社から取得したのです。
次のURLより購入できます:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/speaker/victor-ncsp1.html

もっとも、大抵の生徒さんは、近くにいる家族などに迷惑をかけないために、
ヘッドフォーンを使って静かに英語音声を聴くことを望まれる場合が多く、
そのような場合には、この PC スピーカーは適当ではありません。

しかし、子供に Let’s Goを勉強させる時に母親が傍にいて、勉強の仕方を子
供に指導するとか、母親も、子供と一緒に Let’s Goを勉強したい場合には理
想的です。
また、大人用の New Dynamic English などを、ご夫婦や親子、兄弟などが一緒
に勉強するような場合にも便利でしょう。

ダイナミックな英語音声を空間に響かせることにより、いつもと違った気分で
学習できるという効果もあります。 特に音に敏感な耳をもつ幼児~子供には、
ライブな音声が興味をひくでしょう。

1週間(7月14日いっぱいまで)送料850円を【無料】でお送りします。
通常は学校販売のみの高品質スピーカーを送料無料で入手できるこの機会を、
ぜひご利用ください。