「ファン・クラブ通信」第408号(2011/10/26)≪カラオケ練習会参加者募集≫

いよいよ「カラオケ練習会」参加者を募集することとなりました。 アメリカ歌曲の練習は英語発音向上だけでなく、英会話力アップにも非常に効果があることは過去の次の「ファンクラブ通信」第401号に詳しく説明しました:
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc401.txt

最近一人の生徒さんと私だけで試しに「カラオケ練習」をしたところ、上記の「ファンクラブ通信」第401号で説明したような効果が出ることが確認できました。

参加条件は Advanced Membersは無償、Non-membersは1回 \5,000です。
1回 2時間です。 Advanced Membersの資格は NDE Module 8を卒業し、その後 Dynamic Business English, Functioning in English, English by the Numbers, English for Success, Hospitality English, The Lost Secret, Advanced Listening などの練習のために、4ヶ月(10%割引)、6ヵ月(30%割引)、12ヶ月(50%割引)いずれかのDynEd レンタルの一括発注をしてられる方です。

「カラオケ練習会」にはスカイプを使います。 ウェブカメラは必要ありません。
Skypeの説明は次のURLにあります:https://pasocon-eikaiwa.net/endo/skype.pdf

次の3つの日時を設定しましたから、参加希望者は、私のイーメイル・アドレスの endo@pasocon-eikaiwa.com 宛てに希望日を指定して申し込んでください。 そうすると、今回の練習課題は You light up my life. ですから、この曲の音楽ファイルと英語の歌詞を直ちにお送りします。 開催日までに十分練習しておいてください。 練習してから参加しないと参加効果はありませんから、くれぐれも十分に練習しておいてください。 そのために開催日を今日より1ヶ月も先に設定しているのです。 Skypeで貴方にも歌って頂き、それに対して私が指導いたしますが、ご自分では歌わずに、聴き手にまわられても結構です。

開催日:
2011年11月24日、木曜日、20:00~22:00
2011年11月26日、土曜日、20:00~22:00
2011年11月27日、日曜日、20:00~22:00

広告

「ファン・クラブ通信」第407号(2011/10/12)≪再度英語カラオケ募集≫

再度英語カラオケ練習会に参加を希望する方をつのります。

内容を判りやすくするために、ある生徒さんと私とのイーメイル会話を下記します:

—————————————————————————–

「もうすでに何人か希望者はおられるのでしょうか?」

Skypeによるスクーリングの時に英語カラオケに興味があると言った生徒が
2~3人おられ、それ以外にも Advanced Members の生徒何人かを
英語カラオケ練習会にお誘いしているのですが、今のところ応募者はゼロです。

3~5名希望者があれば、「英語カラオケ練習会」を開こうと思います。

「歌は余り上手でないとのことです」が、英語の歌が好きであれば、練習するうちに
上手になるでしょう。
それで発音も良くなり、英会話力もつくのですから、一挙両得です。

準備としてはスカイプさえ使えればOKです。 ウェブカメラは必要ありません。
Skypeに数人参加していただき、そこで Perry Comoの歌
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/Youlightup.m4a
などをながそうと思います。 なお上記のURLの歌を聴くには、貴方のパソコンに
Apple の i-Tunes という無償ソフトをあらかじめインストールしておく必要が
あります。(http://www.apple.com/jp/itunes/download/

希望者に歌ってもらいますが、歌いたくない人はタダ聴き手にまわるだけでも
良いのです。
発音のこと、英会話のことで私が気付いたことを適宜解説するつもりです。

希望者のみなさんたちでの日程調整が難しそうなので、各人の向こう2ケ月ほど
の間、ダメな日にちとダメな時間を事前に教えてもらえば、最大公約数の日時が
決められるでしょう。

皆さんの都合の悪い日時を事前にお知らせいただくための「申し込み表」に
記入してもらうことにしているのです。

カラオケ練習会に関する過去の「ファンクラブ通信」を2通下記します:

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc401.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc404.txt

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=106497 は正式申し込みではありません。
ご都合の悪い時間帯を書き込む表です。

これで3~5名の希望者をつのって、開催日時が決まれば、
正式に参加申し込みをして頂くこととなります。

「ファン・クラブ通信」第406号(2011/10/05)≪TOEICリーディングのスコア・アップに役立つHSSST≫

HSSSTは HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT の略で、米国高校生用の教科書
よりももっと詳しい自習用参考書です。

米国では高等学校教育は義務教育ではないので、高等学校には行かずに働いて
お金を稼ぐ人がいるのです。

しかし、この人達のなかには、やはり大学教育を受けたいと途中で思う人が
いますので、その人達のために、大学入試資格を与えるための「センター試験」
があるのです。

むしろ日本の「センター試験」は米国を真似ているのです。
そしてこの「センター試験」に合格するための独習書が、
この HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHTなのです。

TWT国際教育研究所は、「遠藤メソッド」のブランド・ネイムで、TOEICゼロ点か ら
TOEIC満点(990点)までの英会話力を付けるための英会話教育をしていますが、
TOEIC点数を飛躍的に上げるには DynEd のヒアリング・スピーキング教材以外に
HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHTのような高いレベルの英書の速読が望ましいのです。

日本の学校で習った英語のように、ゆっくり時間をかけて英文法を考えながら
日本語に訳す作業ではなく、アメリカ人が英文を読むように、人が英語を喋る速さで、
書いた文字を読んで意味が判るようになるような読み方が大事なのです。
ここまで来るとTOEICのリーディング点数が飛躍的に上がるのです。

「ヒアリング・スピーキング」ができると、TOEICのリスニングの点数はあがりますが、
英文の速読能力がないとリーディング点数は上がりません。
この意味で高等な内容の英書を速読することがTOEICを飛躍的にあげるには重要なのです。

英会話力をつけるために高いお金を払ってアメリカ留学をし、アメリカの大学に入る
日本人がいますが、このようなことをしても、折角入った大学を卒業できる人は
少ないと思います。

なぜなら、大学の先生はアメリカの高等学校を卒業しているネイティヴの学生を対象に
教えているので、このようなネイティヴの学生は皆 HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT が
すらすらと読め、このレベルでの英会話ができるようになっているので大学の先生の講義を
聴いて判るのですが、日本学生はこのような高いレベルの英会話力は全く持っていないからです。

なお HSSST は弊社の次のURLからも購入できますが
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/highschool.html
下記の書店からも購入できます:

丸善書店 丸の内本店洋書売場
丸善書店 日本橋店洋書売場
八重洲BC本店
三省堂書店 神保町本店6F洋書売場
ジュンク堂書店池袋店
リブロ池袋本店
ジュンク堂書店新宿店
ブックファースト新宿店
MARUZEN&ジュンク書店 渋谷店
ブックファースト銀座コア店
青山ブックセンター六本木店
ジュンク堂書店吉祥寺店
有隣堂ルミネ横浜店
ブックデポ書楽
丸善書店 仙台アエル店
ジュンク堂書店大阪本店
ジュンク堂書店三宮駅前店
京大生協ルネ店