「ファン・クラブ通信」 第221号 (2008/02/27) ≪英単語記憶≫

先週の「ファン・クラブ通信」では「発音」→「英単語記憶」→「ヒアリング
・スピキーング」の順序が大事だと説明しました。

今週は、「英単語記憶」を、必ずしも「発音」のすぐあとにしなくとも良い、
との考え方を提起します。
むしろ、「発音」→「ヒアリング・スピキーング」→「英単語記憶」の順序の
方が良いのではないか、との考え方です。

「アニメで覚える英単語」の勉強には120時間ほどかかります。
単語記憶は英語勉強全体の中で最もつらい部分です。
それに大量の時間をかけても、すぐに英会話力がつくこととはならないのです。
しかしヒアリング・スピーキング教材のNDE (New Dynamic English) には
180時間~360時間程度かかりますが、この間に英会話力が急速につきます。
英会話力とはネイティヴのしゃべることが判って、自分もある程度英語でしゃ
べることが出来る力です。

さらに、NDE の最後の方は非常に高度な文章構成になっていますが、最初の半
分までは、比較的易しい中学で習う単語でほぼ判る程度の簡単な単語しか使わ
れていないのです。
NDEでは、高いレベルの英語構文が自由に頭のなかでこなせるように教育して
いかねばならず、これに注力させるには、単語ではなるべく生徒に負担がかか
らないように配慮しているのです。 

単語を後回しにして NDEに進むもう一つの理由は、NDEで出てくる単語で知ら
ないものがあっても、以前ほどは、最近は困らないからです。
以前なら知らない単語を字引で引くのに1分~3分とかかるでしょうが、最近
の電子辞書を使うと、わずかの数秒で単語の意味がわかり、単語を知らない不
便さが減っているからです。
電子辞書ではキーボードの寸法が小さいので、10本の指を使ってタイプ・イ
ンできず、人差し指1本でキーを打たねばならないので、1単語のタイプ・イ
ンには数秒はかかるでしょう。
しかし、英和辞書のソフトをパソコンに内蔵すると、知らない単語をタイプ・
インするだけで、意味が分かるし、更に、パソコン上の知らない単語をクリッ
クするだけで意味が出てくるものもあり、こうなれば1単語を引く時間は1秒
以内になります。
頭の中に記憶している単語は1秒以内に意味が判って、1~3分もかかる英和
辞書よりは遥かに便利ですが、パソコン内で1秒以内に意味が判るようになっ
ていれば、頭から意味を引き出すのと、余り変わらなくなるのです。

このようなことから、「アニメで覚える英単語」よりもNDEに進む案が良いと言
うことになります。

====================================================================

「ファン・クラブ通信」 第220号 (2008/02/20) ≪英会話は勉強順序が大事≫

次のことは理詰めに考えれば当然のことなのですが、それに気づいていない人
が多いように思います。

ネイティヴがしゃべる英語は、スペルをしゃべるのではなく、単語の発音から
出来上がった英文をしゃべっているのです。
ですから、ネイティヴが発音する単語が音として聴きとれる必要があります。
そのためには、生徒自身がネイティヴに近い発音で英単語が発音出来ることが
大事なのです。
弊社の生徒は「日本人離れした」英語発音になっていますが、そうなった全員
が、急に「ネイティヴの単語の発音」が聴き取れるようになったと私に報告し
てくれるのです。 どの程度の発音になるかは、次ぎの URLのようなのです。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html

こうしてネイティヴの単語発音が聴ける耳を育てた上で、単語記憶の段階でも
「ネイティヴ発音」を聴き取り、その意味を覚えてもらうのです。
スペルから意味を覚えるのでは無いのです。
こうして初めてネイティヴがしゃべる英語の単語が聴き取れ、その意味も分か
るようになるのです。

ここまで来ても、ネイティヴがしゃべる英文の意味が判るようにはなりません。
何故なら、意味が判るようになった単語は英文法の順序に並んでしゃべられて
いるので、英文法の順序で頭を動かすことが出来ない日本人としては、それを
日本文法の順序に並べ替えないと文章の意味が理解できません。
しかし、このような単語順序の並べ替えをネイティヴの英語を聴きながら、あ
たかも「暗算」をするかのように、頭の中で並べ替えをしていては、
毎分200単語もの高速でネイティヴがしゃべる間内に日本語に並べ替えることは
時間的に間に合いません。
そこで、どうしても「英語の順序で出てくる単語の意味が、其の順序のままで、
意味を成す順序として日本人の頭が動くようにならねばなりません。
このように頭を動かせるようにすることは非常に大変なのです。

弊社では、このように「発音」→「単語」→「英語順序で頭を動かす」の全て
のことが出来るように生徒を育てているのです。
即ち、「発音」→「単語」→「ヒアリング・スピキーング」の順序が大事なの
です。

「ファン・クラブ通信」 第219号 (2008/02/13) ≪DynEd 方式は英会話に即効性あり≫

今号では、海外に住むようになってから間もない主婦の方からの報告を紹介し
ます。
DynEd 方式は英会話に驚くほど即効性があることがこれよりお判り頂けると思
います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まだ New Dynamic English Module 3を学習中ですが、英語が少しずつ理解でき
ているような気がします。
それは先日、病院に行ったのですがドクターと英語で話すとき、今までは何度
も聞きなおしたり書いてもらっていたのですが、それが先日はドクターの言葉
が一度きいただけで理解できたのです。

これは先生の指導とダインエドのおかげだと感じました。 とても感激しました。

子供の英語の宿題を一緒にみている時も、今までは難しいと思っていましたが、
この頃は以前より楽にできています。

このまま学習を続けていき、もっと上達できればと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

国際教育研究所よりの補足:

他のどの英会話勉強法よりも、速く勉強効果が出てくる Endoメソッドは、
通常次の順序で勉強するのです:

「英語発音」(約60時間)→「ヒアリング・スピキーング」(DynEd New Dynamic
English、約 270時間)

最近、弊社の 「New Dynamic English の勉強法」を大幅に書き直しました。
これは、普通は New Dynamic English を実際に勉強している生徒さんだけに
提供している貴重な資料ですが、今回は特別に「一般公開」いたします。
次の URLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/nde/std-nde.html

既に New Dynamic Englishを勉強した方も是非新しい「New Dynamic English
の勉強法」
をお読みください。 再度挑戦したくなると思います。
その場合は、1ヶ月単位で、\15,000 で、継続勉強出来るのです。
New Dynamic Englishの延長教材である Dynamic Business English,
Functioning in English, English by the Numbers, Hospitality English,
Advanced Listeningなどでも良いのです。 ますます、英会話力がつきます。
次の URLより発注してください:
http://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=068-0090-0508

「ファン・クラブ通信」 第218号 (2008/02/06) ≪英語勉強の12の盲点≫

昨年4月11日の「ファン・クラブ通信」第177号で「英語勉強の10の盲点」
を配信しましたが、この考え方に賛同される生徒さんが多数おられることを
知りました。
その後、盲点を2つ追加し、現在では「英語勉強の12の盲点」になっており
ますので、再度お知らせします。

日本での英会話勉強の主流は次のようになっています:

英会話学校(かなり高額)
テレビ英会話講座(安い)
ラジオ英会話講座(安い)
テレビ英語映画(安い)
英語テレビ・ラジオ ニュース(安い)
映画館での英語映画(比較的安い)
語学留学(高額)

しかし、上記の全てが中途半端なのが実情です。
高額な語学留学なら効果があると思っている人も多いでしょうが、そうではな
いことは前回の「ファン・クラブ通信」第217号でもお知らせしました。

何故日本での英会話勉強がこのように中途半端なのか、一方で、中国では国策
として効果的な方法(DynEd勉強法)を2年前より取り入れ、既に毎月60万人が
この方式で成功しており、中国に見習うシンガポール、マレイシア、ミャンマー、
ヴェトナムも国家方針として採用し、更に最近ではトルコ政府が500万人に
この教育方式を導入しています。

日本が成功していないのは、英会話勉強には次の12の「盲点」があることに
気づいていないからです。
弊社の「ファン・クラブ通信」の読者はこれらのことをある程度ご存知かも知
れませんが、この問題は非常に重要なので、この際、再度日本人が持つ
「12の盲点」として、ハッキリと説明させて頂きましょう。

貴方はこれらの「12の盲点」のうち、何番と何番を既にご存知だったでしょ
うか、そして何番と何番は初めて気づかれたことなのでしょうか。

次のURLをクリックして「12の盲点」をじっくりと読んでください:
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/mouten/mouten.html