「ファン・クラブ通信」第405号(2011/09/28)≪「メール」は間違い≫

今日は日本の国語に対する挑戦をします。

最近非常に流行っている「電子メイル」を「メール」と言うのは英語では全く
間違っているのです。

もっとも日本人全体が間違って「メール」と言いたいのなら、そして書きたい
のなら、それもやむを得ないでしょう。

これは民主主義の「多数決の原理」と同じなのです。

投票の結果多数決で決まれば、それが間違っていることでも実行に移されるのです。
「メール」も同じことです。

しかし超高速で英会話が学べる「遠藤メソッド」の生徒さんなら、少なくとも
英語で mail の単語をつかうのなら、このような間違いはして欲しくないのです。

アメリカ人なら必ず electronic mail とか e-mail と言ったり書いたりします。
決して単に mail とは言わないのです。

そもそも日本人がこのような間違いをするのは非常におかしいのです。

なぜなら貴方は中学校で 「mail は郵便」だと習ってきたでしょう。

そして「郵便」即ち mail にも色々な mail があります。

surface mail : これがいわゆるmailなのです。

そして mail の前に色々な形容詞をつけると sea mail〈船で運ぶ郵便〉、

air mail 〈飛行機で運ぶ郵便〉、express mail 〈速達便〉、confidential mail〈極秘便〉、registered mail(書留便)。

そして米国では voice mail の時代があって、そのあとに出てきたのが
electronic mail なのです。

voice mail とは、発信人が受信人のコンピューター・ファイルにつけられた番号
〈電話番号のようなもの〉に 音声ファイルを放り込むものです。

そして voice mail の次に出てきたのが「電子で運ぶ mail」即ち「電子メイル」
ですから、これは当然 electronic mail と呼ばれたのです。
或いは略して e-mail とも言うのです。

何故日本人は中学で習った本来の mail の意味をけろりと忘れてしまって、
「メール」と言うと「電子メール」しかないと思い込んだのでしょうか。

単語を記憶するにしろ、単純に記憶するのでなく、もう少し意味を考えながら
記憶したら良いのではないでしょうか。 
これは日本人の「はしたない」ところで、私は恥ずかしいです。

もう一つ「はしたない」ところがあります。

それは mail は国際発音記号では [meil] で [e] を引っ張って発音するので
はないのです。 即ち、「メール」ではなく「メイル」なのです。

「遠藤メソッド」で英会話を学ぶ生徒さんは、皆このようなことを「口と舌の
形で学ぶ英語発音」の教材で厳密に学ぶのです。

今日のメルマガは「ファンクラブ通信」購読者以外にも配信しています。
「ファンクラブ通信」は迷惑メイルではなく、英会話に役立つ貴重なことしか
教えていません。

もし、毎週水曜日発行の「ファンクラブ通信」を購読されたいのなら、
次のURLより、どうぞお申し込みください:
 https://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/bk_mm.php

「遠藤メソッド」のことを知られたいのなら、次の28頁の小冊子をお申し込み
ください。 無償で、かつ郵送料弊社負担です。

「遠藤メソッド」の発音とヒアリング・スピーキングの教材の体験版DVD も
無償でお送りしています。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou.html

広告

「ファン・クラブ通信」第404号(2011/09/21)≪早口の英語≫

ネイティヴは通常早口で英語をしゃべりますから、英会話勉強中の日本人は
このような早口のネイティヴ英語を手本にして自分も早口でしゃべろうとします。

しかし、これは非常に良くないのです。

DynEd の英会話教材ではアナウンサーが喋るような、ゆっくりと正確な発音を
標準としています。

これは日本人は英語発音がそもそも下手なので、早口英語を手本にすると、
返って日本人の発音は良くならないのです。

とくにペダンティックな(学者ぶる、自分が能力があると見せびらかしたがる)
人は速く格好良くしゃべろうとしますが、これでは英語発音が何年経っても良く
ならないのです。

私はファナック株式会社の仕事でアメリカに3年、ヨーロッパに5年住みまし
たが、私の現地での部下でも早口でしゃべろうとする人は皆発音が上手になら
なかったのです。
このことについては「ファン・クラブ通信」第392で説明しました。
次のURLです:
 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc392.txt

英語発音を良くし、英会話力をつけるために「英語の歌のカラオケ練習会」を
Skype で行なうことを弊社では企画しておりますが、この場合でもゆっくりと
歌う歌曲を練習することにしております。

次のようなゆっくりとした英語の歌を聴いて自分も練習すると、英語発音が
上手になり、更に英会話も上手になるのです:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/Tattoo.mp3

Perry Comoが歌う The Rose Tattoo です。
このようなスロー・テンポの、しかも非常にロマンティックな歌なら貴方も
歌いたくなりませんか。

このような歌を楽しみながら歌っている内に自然に貴方の英語発音が良くなるし、
それだけでなく英会話も上手になってくるのです。

DynEd New Dynamic English DVDなら 300時間も練習すると、英会話が出来る
ようになるのですが、それにしても 300時間の猛練習は少し厳しすぎると思って
いる方もいるでしょう。

そのような時には、少し息抜きの意味でこのような歌を歌ってみませんか。

一人で練習するのは自信がないでしょうから、「カラオケ練習会」で
私(遠藤尚雄)がお助けするのです。

同じような生徒さんが一緒に練習するのですから、余計に心強いでしょう。

なぜ英語カラオケが英語発音を良くし、更に英会話が上手になるのかは
「ファン・クラブ通信」第401号に書きました。 次のURLです:
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc401.txt

もう一つ英会話が上手になる決定的な理由があるのです。

それは、英語カラオケを練習することは、英語のフレイズの練習になるとは言っても、
ただ英語のフレイズだけを練習するのと、メロディーに合わせて練習するのとでは
練習効果が全く違うのです。

それはメロディーが好きなら、そのメロディーはすぐに覚えてしまうのですが、
メロディーを覚えてしまうと不思議と歌詞も覚えてしまうのです。

特に小さい子供の場合はメロディーをすぐに覚えてしまいますが、
その時の歌詞は大人の英語で子供にはその意味が判らなくても、口移しで歌詞が
メロディーとともに口から自然にでてくるのです。

このことがあるから、DynEdも子供用の Let’s Go の教材には各々のレッスンの初めに
必ず子供の好きなメロディーの歌を聴かせて、子供にも歌わせるのです。

発音良く歌うには英語の歌詞が必要です。 次のURLから歌詞が見られます:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/rose.pdf

開催予定日は2011年10月1日から10月31日のうちどれかにする予定ですが、
まだ練習会の日時は正式には決めていないので、ご関心のある方から、それぞれの方の
ご希望の時間をお尋ねしたいのです。
「カラオケ練習会」の1回の開催時間は2時間です。

貴方のご都合の悪い日にち、及び時間帯をお知らせください。
そうすれば、皆さんのご都合の悪い時間を消去して行って、全員に都合の良い日にちと
時間を見つけて、「カラオケ練習会」の開催日時を決めさせて頂きます。

「カラオケ練習会」の参加費用は、Advanced Members の方は無償で、それ以外の方は一回5,000円です。

Advanced Members については次のURLをお読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/dedicated/index.html

開催日を決定してから参加者の皆さまに発注手続きをしていただくことになります。

参加ご希望の方は、まず次のURLをクリックして、10/1~10/31のうちで貴方が都合の悪い
日程・時間帯をお知らせください。

例)10月3日の午前10時~11時がダメ
   10月1日、10月6日の午後は都合が悪い
  10月10日~10月20日は全日ダメ
  など、具体的に。

この参加表明だけではお金はかかりませんからお気軽にどうぞ:
 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=106497

「ファン・クラブ通信」第403号(2011/09/14)≪DynEd は月謝制≫

米国 DynEd International社の 幼児/小学生、中学生、高校生、大人用教材は
DVDで供給されますが、このDVDは売り切りではなくレンタル制です。

これは1ヶ月単位の「月謝」制だと言っても良いでしょう。
丁度ツタヤのDVD映画のレンタルのような考え方です。 
ツタヤのレンタルは3日間とか1週間単位のレンタルですが DynEd のレンタルは
1ヶ月単位なのです。

例えば幼児/小学生用の Let’s Goの1ヶ月のレンタル料が 4,000円だと言うこと
は、英語塾の月謝 が4,000円だと言うことに匹敵するのです。

大人用教材の1ヶ月レンタルは15,000円で、初月のみDVDの代金1,000円が加算されます。

幼児/小学生、中学生、高校生用教材の場合には、初月のDVD代は無料にしています。
塾、おけいこ、予備校代などが他にかかるので、最初の1ヶ月を気軽に試せるように
と考慮したサーヴィスです。
DynEd 教材のような「レンタル制」は期限がくると使えなくなってしまうので、
一度教材を買い取ったらずっと手元に置いて好きな時に試せる「買い取り制」の
教材のほうが良い、と考える方もいるかもしれません。

しかし英会話習得は「期限付きプロジェクト」で、一番肝心なことは、教材の内容
をしっかり吸収し、身に付けることです。
これが芸事というものです。 英会話能力をDVDに温存しておいても意味がないのです。
DVD内の英会話力をあなたの頭にうつしとって初めて意味があるのです。

この目的がしっかりしていて、また、以下に説明するような「レンタル制」の利点
も理解すると、「レンタル制」が損だ、というような考えは無くなるでしょう。

例えば、弊社の英語発音用DVDは買い取り制です。
しかし、一生使おうとしても、それは現実的ではありません。

なぜなら発音の「口と舌の形で学ぶ英語発音」は60時間程度の練習量で卒業でき、
毎日2時間練習すると1ヶ月で卒業できるからです。

また、「遠藤メソッド」の教育法は日進月歩で進歩してきているので、
3年も経てば改版が売り出されますので、古い教材は陳腐化してしまうからです。

発音にしろ、ヒアリング・スピーキングにしろスポーツと同じで「芸事を学ぶ」
ようなものですから、発音練習だけで3年もかけていると、毎日の練習量が微々たる
ものとなり、これでは「芸事」としては成功しません。

DynEd International社の教材がDVDであるにも関わらず「買い取り方式」でない
のは、次の4つの理由があるからです。

(1)米国 DynEd International社のサーヴァーから1,000万人以上の全世界の
生徒に大量かつ高品質の教材コンテンツ(動画、音声)を配信するのは回線の
負荷が大きいため、教材コンテンツが収録されたDVD は、生徒にあらかじめ
配布しておきます。

(2)しかし普通の DVD方式では、悪意ある企業や個人に不正コピーをされる
恐れがあります。
このようなことを防ぎ、きちんと料金を払って真面目に学習している方のみ使用
できるように、DynEd 及び弊社のようなDynEd 教育会社は、生徒がパソコンに
インストールした教材の有効期限を自由にコントロールできるようになっているのです。
このコントロールはインターネット経由行っており、生徒側からの定期的な
インターネット接続を必要とします。
そのため、DynEd 教材はインターネット接続無し(オフライン)でも学習できますが、
オフラインの学習が2週間続くと、インターネットに接続するようにメッセージが出ます。

(3)インターネットに接続しながら学習している場合にはリアル・タイムに、
インターネット接続無しで接続している場合には2週間に一度、生徒のパソコン内に
記録された学習記録がDynEd Internationalのサーヴァーに転送されます。

(4)このように転送された生徒の詳細な学習記録は、弊社のような DynEd 教育会社
も見ることができます。
それに基づいて弊社の生徒のコーチングが出来る仕組みとなっているのです。
売りっぱなしのDVD教材では、学習記録データは生徒のパソコン内に溜まるだけで、
生徒から報告が無い限り、指導者側は生徒がうまく学習を進めているのかどうか、
知ることができません。
そのような状態では、的確な指導もできません。
リアル・タイムの学習記録の共有は、「レンタル制」の大きな利点です。

ちなみに「遠藤メソッド」の開発者の弊社社長、遠藤尚雄 は DynEd Japan の
役員を17年間もしてきています。
「遠藤メソッド」については次のURLをお読みください:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/f-shousassi.pdf

「ファン・クラブ通信」第402号(2011/09/07)≪アメリカ高等学校全教科自習書の再販≫

弊社(TWT国際教育研究所)では14年前よりアメリカ高等学校全教科の独習書
を HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT (HSSST) の題名で全国の書店で販売して
いました。

ここ2~3年間は販売を停止していましたが、又再開しましたのでお知らせします。

15,000円(税込み)で弊社のホーム・ペイジからでも、全国の書店からでも購入できます。
書店の場合は大きな書店でないと売っていないかも知れません。
この本の詳しい説明を読まれたければ次のURLをクリックして下さい:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/HSSST.pdf

この英書には次のようにアメリカの高等学校で教える全教科が収録されているのです。

————————————————————————–
古代西洋史、中世西洋史、近代西洋史、アメリカ歴史、アジア歴史、アメリカ政治、
地理(北米、中米、南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オーストラリア)、
経済、英語、文学(英国、米国、東洋、ギリシャ、ローマ、イタリア、スペイン、
フランス、ドイツ、北欧、ロシア、南米)、芸術(絵画、建築、彫刻、音楽)、
一般数学(加減乗除、分数、少数、百分率、各種単位、平方、立方)、代数、
平面幾何、立体幾何、三角関数、一般科学(コンピュータ、気象、近代輸送、近代通信、
原子力、宇宙)、天文学、地質学、物理学(力学、液体、気体、熱、音、光、波形運動、
磁気、電気、電磁波、電子工学、核物理)、化学(分子、原子、無機/有機化合物、放射物)、
生物学、生理学、心理学、社会学
————————————————————————–

独習書なので、教科書より詳しいのです。

また、教科書でも、一つのテーマ、例えば「アメリカ歴史」だけの英書は1冊の本と
なって、輸入書として4~5,000円で日本でも購入できるかもしれませんが、全部の
教科書の輸入価格は10万円以上にはなるでしょう。

それが僅かの 15,000円だからいかに安いかがお判りでしょう。

日本人は学校では英文読解だけを勉強してきたので、英書を読む時には「英単語を
日本語単語に置き換えたのち、英文法を考えながら日本語に翻訳して、それで初めて
英文の意味がわかるのですから、このようなことをしていては、この独習書にあるような
課題について英会話でアメリカ人と話し合うことは出来ないのです。

日本人はこのようなことを考えていないので、高い留学費をだしてアメリカやイギリス
の大学に留学しますが、所詮大学の先生は自国の高校卒の生徒を対象に英語で講義を
するのですから、この HSSST にあるような英文で、すらすら喋ることが出きるように
なっていない限り、英米の大学で学ぶことは出来ないのです。

だから英米大学に留学した日本人の殆どは卒業出来ずに、脱落してしまっているのでは
無いでしょうか。

「遠藤メソッド」では英米の大学に留学をしても言葉で困らないような英会話教育を
しており、だからこの  HSSST を「遠藤メソッド」の生徒さんには読むことをお勧め
しているのです。

読むとしても、アメリカの高校生がスラスラと、英会話の速度で (200単語/分、3.3単語/秒)
読めるようにならねばならないのです。

発注は次のURLよりお願いします:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/highschool.html
このHSSSTの読書をラクにするための HSSST簡易版の解説を週2回のイーメイルで指導も行ってお
ります。 詳しくは次のURLをお読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/hssst-service.html