「ファン・クラブ通信」第443号(2012/05/31)≪「遠藤メソッド」の最新資料≫

「遠藤メソッド」の教材について、最も早く英会話が学べる説明資料は差し上

 

げていると思いますが、この度、それを最も判りやすく説明する資料を作りま

 

したので、この「ファンクラブ通信」で差し上げます。 信じられないほど勉

 

強速度を上げ、しかも勉強費用がネイティヴの英語の先生から習うのが1時間

 

2~3,000円(複数生徒が先生の時間給を分割負担)から1時間 10,000円(先生

 

と1対1)かかるのが DynEd 方式では1時間125~250円と非常に安いことが

 

誰にでもすぐ判る資料です。

 

 

 

 

初めて英会話学ぶ人、色々の勉強をしてみたが中々早く英会話力がつかないで

 

悩んでいる人は、是非この機会に大決心して「遠藤メソッド」教材を買ってく

 

ださい。

 

 

 

 

また現在「遠藤メソッド」で勉強中の人も、これを読めば「更に勉強意欲が湧

 

き」又「現在の勉強法を改善できる」ようになると思います。 又、ご家族や

 

お友達にもお勧めください。

 

 

 

 

【エジソンの大発見】

 

https://pasocon-eikaiwa.net/endo/Edison.pdf

 

 

 

【もういいかげんに目覚めなさい。英会話の習得はこれしかない!】

 

https://pasocon-eikaiwa.net/endo/f-shousassi.pdf

 

 

 

【TOEICアップ】https://pasocon-eikaiwa.net/endo/TOEICUP.doc

 

 

 

【遠藤メソッド教材の体験版】

 

 

 

発音体験版: http://www.pasocon-eikaiwa.com/movie/taiken-hatsu.html

 

初級英会話体験版: http://www.pasocon-eikaiwa.com/movie/nde-m1.html

 

中級英会話体験版: http://www.pasocon-eikaiwa.com/movie/nde-m5.html

 

上級英会話体験版: http://www.pasocon-eikaiwa.com/movie/nde-m8.html

 

 

 

【遠藤メソッド教材の発注】

 

「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版(1回の発音指導料込み)19,000円

 

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/v3_dvd.html

 

 

 

「6ヵ月標準コース」(発音とヒアリング・スピーキングを含む)99,000円

 

 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/course/hyoujyun.html

 

広告

「ファン・クラブ通信」第442号(2012/05/23)≪英単語について-その1≫

英単語の意味は厳密に理解しましょう。そうでないと英文読解にしろ英会話に

 

しろ上手にはなりません。

 

 

 

 

「確認する」、英語では“confirm”、の意味について説明しましょう。 英語

 

国民は「confirm」は「他動詞」で、そのあとに「目的語」を正確に使わないと

 

ダメなのです。 日本人はそれが出来ていないのです。 それと言うのも「確

 

認」が他動詞だと言うことを認識していないことから来ているのかもしれませ

 

ん。 「確認する」とは「或る事実、実体に間違いないことを確認する」と言

 

う意味なのです。 英語の confirmでも日本語の確認でも全く同じ意味なので

 

す。 ですから「事実、実体」を目的語としてハッキリと文字で書いたり、言

 

葉で言う必要があるのです。

 

 

 

 

英語国民なら I confirm your letter. とは言わないのです。 日本人は「私

 

は貴方の手紙を確認する」と平気で言っているのです。  I confirm receipt of

 

your letter of May 23.  とか I confirm that your letter of May 23 has

 

acknowledged receipt of my order.  のように英語国民なら書くべきところを

 

日本人は I confirm your letter としか言わないのです。 

 

 

 

 

同様に、私がAさんに電話したのに、彼自身が席にいないで、他の人が電話を

 

取ったばあい、私の電話を受けた人は、「Aさんを確認します」と言うのです。 

 

確認の目的語は「Aさんは今席にはいないが、直ぐに戻ってきて私に電話する

 

こと」とか、「外出中で夜までもどらないこと」とかでしょう。  そのよう

 

なことが「確認」する内容なのです。

 

 

 

 

他にも例をあげましょう。 この頃は「大丈夫です」と日本人は盛んに言います

 

が、これは広辞苑をみても「しっかりしている」、「ごく堅固」、「危なげの

 

無い」の意味しか書いていません。 先ず「丈夫」とは英語の healthy, sound,

 

stable, rigid(日本語では「健康な、頑丈な、堅固な」の意味で、「大」とは

 

very much (非常に)の意味です。 それなのに、日本人は「大丈夫」を yes,

 

O.K., satisfied の意味に使っているのです。 これは可笑しいとは思わない

 

ですか?

 

 

 

 

英語国民は日本人より「論理的」です。 英単語も全て論理的に彼らは理解し

 

ているのです。 日本人も日本語単語でこれを学ばねばなりませんね。

「ファン・クラブ通信」第441号(2012/05/17)≪共有≫

5月3日の「ファンクラブ通信」第439号で私は「合理化」の考え方について

 

説明しました。 今日の「ファンクラブ通信」では、この「合理化」の延長線

 

上にある「共有」について述べましょう。

 

 

 

 

最近、とわ言っても2~3年前からのことですが、「共有」と言う言葉が日本

 

語として盛んに使われるようになりました。 これは英語の “share”の直訳

 

です。 “share”と言う英単語自身は何百年、何千年前からあったのでしょう

 

が、この “share”は米国では日本の「共有」よりも遥かに前からビジネス用

 

語として使われているのです。 本来の意味は、例えば兄弟で1個のリンゴを食

 

べる時に「リンゴをshareする」と言うのですが、ビジネス用語としては、あ

 

る知識を share する、即ち共有する、と言うように使われるのです。 何故

 

「知識、情報の共有」と言うことが大事かと言いますと、優れた考えが浮かぶ

 

ためには「考える材料が一つよりも、二つ、二つよりも三つ」と多ければ多い

 

ほど、良いアイディアが浮かぶのであって、そこで「文殊の知恵」と言うよう

 

な日本語もあるように、沢山の人が、違った意見をだして、皆でその多数の意

 

見を共有すると、非常に良いアイディアが浮かんで来るので、これは経営上非

 

常に有利なことなのです。 私は天才的に頭の良い上司に仕え、その人から非

 

常に多くのことを学びましたが、そのように頭の良い、カリスマ的な人が陥り

 

やすい欠点として「人の言うことに耳を傾けない」ことがあるのです。 私は

 

会社のためを思って幾つかの「進言」をしたのですが、それをその人は採用し

 

ないのです。 採用してくれていたなら、其の会社は既に非常な有料企業なの

 

ですが、もっと強い会社になっていた筈です。

 

それに反して、私の知っている人に米国の取引先の会長で、米国業界で最も有

 

能な経営者と認められていたような凄い人がいるのですが、この人は部下の言

 

うことに耳を傾け、自分より良い考えがあれば、それを採用するのです。 こ

 

のように、知識、情報を share (共有)することは非常に重要なのです。 幾ら

 

頭の良い人でも考える材料が不足すると、良いアイディアは出てこないものな

 

のです。 しかるに部下は彼の守備範囲は上司よりは狭いので、その狭い分野

 

に関する情報量は上司の情報量よりも多いのです。

 

 

 

 

知識、情報を share (共有)することが如何に大事なことなのか、太平洋戦争後

 

の疲弊した日本が急速に技術力ができ、経済的に発展してきたのは、欧米の優

 

れた技術を「猿真似」したからです。 日本人はこのような「猿真似」が上手

 

なので、戦勝国の米国人からは「黄色い猿」だと罵られたのですが、この「猿

 

真似」が戦後の急速な経済復興に大きく貢献したのです。 同じ「猿真似」を

 

最近では「中国」、「韓国」などのアジアの後進国民より米国、日本がされ、

 

中国の GDP は日本を追い越して、米国に次ぐ世界二位となりましたね。 この

 

一つの理由は中国は日本の10倍もの人口をもっているので、一人当たりの生産

 

性はまだ日本より低くとも、国全体としての GDPが日本を追い越したまでです

 

が、この調子で彼らが、かつての日本人のようにハングリー精神をもって、猿

 

真似をしながら働き続けると、早晩 per headの生産性が世界二位、最終的に

 

は世界一位にもなるでしょう。 韓国のサムスンも今や日本の家電業界の企業

 

を追い越して、家電界で世界一位となり、そのために、日本大手家電企業は赤

 

字となってきているほどですが、サムスンは最も激しく米国、日本より技術を

 

学び取ったからです。 生活レベルが米国、日本よりも低いので、何とかこれ

 

から脱却しようとのハングリー精神から、猿真似に徹して技術力、経済力をつ

 

けてきたのです。 この「猿真似」とは、汚い言葉で言うと「人の知恵をパク

 

ルこと」です。 しかし、この「パクリ」は非常に効率が良いのです。 人の

 

知恵をパクらずに自分自身で研究を進めると、もっと経済発展が遅れるのです。

 

 

 

 

この「パクリ」がとりもなおさず share(共有)と言うことです。 弊社は社

 

長の私及び部下全員は「在宅勤務」により経営効率をあげ、経費を極限にまで

 

下げていますが、この「在宅勤務」の基本的な考え方は「パクリ」、「共有」

 

にあるのです。 即ち個々の社員が作った「ワード、エクセルの英文、和文資

 

料」や「動画・音声」の files をサーヴァーに folderにまとめて保存してお

 

き、そのすべての folders, filesを全員が共有しているのです。 共有した

 

folders, filesの中身を個々の従業員が modify したり、追加したり、削除し

 

たり出来るようなコンピューターシステムを採用しているのです。

 

 

 

 

これで「共有」と言う考え方が如何に我々の作業効率を上げてきているのかが

 

お分かりでしょう。

 

 

 

 

この「ファンクラブ通信」の購読者も全て、この「共有」のメリットをフルに

 

仕事に、日常生活に生かしてください。

「ファン・クラブ通信」第440号(2012/05/09) ≪これだけはわかって!≫発音編 その5 「発音は音質がすべて」

今日は「発音は音質がすべて」というお話です。

 

日本人は、ネイティヴ発音の音質だけを聴いて、それを真似ようとしても残念な

 

がらできません。 その問題解決のために、ネイティヴの口や舌の形を忠実に真

 

似ることによって、正しい発音ができるようにする発音教育法が開発されました。 

 

それも、アメリカに住む日系人、しかもアメリカで生まれ育った日系二世、三世

 

ではなくて、日本で生まれ育ち大人になってからアメリカに渡ったために英語発

 

音が下手な日系一世によって開発されたのです。 それの改良改善を進めたもの

 

が、弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版DVDです。

 

 

 

 

英語発音には、日本語にはない母音や子音がたくさんあります。 だから日本人

 

は、母国語にないだけに、聴いているだけではそれらの微妙な発音の違いになか

 

なか気づけませんし、どのように発音して良いかもわからないのです。 そもそ

 

も日本語はあまり口や舌を動かさなくてもすむ言語ですが、英語の発音には、日

 

本語にはない口の形や舌の使い方があります。 つまり、口の動きが活発で、唇

 

や舌の使い方に独特のものがあるのです。

 

 

 

 

そこで、英語発音を習得するためには、英語発音をするための正しい口の形や舌

 

の位置を理解して、真似をし、繰り返し練習して、口や舌の筋肉を鍛える必要が

 

でてきます。 だから、英会話勉強は学問ではなくて芸事なのです。 スポーツ

 

と同じように「トレイニング」だと思って取り組むべきことです。 そうして体

 

で覚えた発音は、自転車乗りや水泳などと同じように、一度覚えたら何年たって

 

も忘れることなく身についてしまうものなのです。

 

 

 

 

この発音習得の過程では、口や舌の動きを研究して、真似して、練習することが

 

何より大事であることはおわかりいただけると思いますが、ここで「これだけは

 

わかって!」とお願いしたいことは、最終的には発音は音質がすべてだというこ

 

とです。 つまり、正しい発音ができてさえいればそれで良いということなので

 

す。

 

 

 

 

習う為には、お手本通りの口や舌の形や動きをそっくり真似して、なりきって練

 

習することが何より大事ですが、正しい音質で発音できるようになったら、口や

 

舌の形がお手本通りではないから間違いだなどと思う必要は全くないというこ

 

とです。 そもそも、人それぞれによって口や舌の構造は違うものですから、同

 

じ発音をするのにも、口や舌の動かし方が微妙に違ってくることが考えられます。 

 

だから勘違いしないでほしいのです。 発音練習の目的は、口や舌の形や動きが

 

そっくり同じようにできるようになることではありません。 口や舌の形や動き

 

を真似することで、そっくり同じ音質の発音ができるようになることを目標に練

 

習に励んでください。

 

 

 

 

相撲でたとえると、上手投げのような大きな技がかかったからと言ってその力士

 

は勝ったとはいえないのです。 相撲での勝ち負けは、足の裏以外の体の一部で

 

も「土がつく」か、土俵の縄の外に足が出てしまうと「負け」なのです。 英語

 

発音での勝ち負けも、「口や舌の形」で決まるのではなく、良い「発音」ができ

 

ていると、それで「勝ち」なのです。

「ファン・クラブ通信」第439号(2012/05/03)≪合理化≫

「合理化」と言っても良いし、「効率化」と言っても良いのですが、私はこの

 

ことを徹底的に追及してきました。 この結果わずかの6ヵ月でアメリカに5

 

年程住んで得られる英会話力が得られる英会話勉強法の「遠藤メソッド」を作

 

り上げたのです。 即ち、最小の英会話練習時間で、最大の英会話力をつける

 

のです。

 

 

 

 

日常生活では、私は一人暮らしですが、食事、洗濯、掃除など、日常生活に必

 

要な作業も徹底的に合理化出来ています。 この合理化の基本は、(1)最新

 

の科学技術を応用することと、(2)物事を A, B, C, D, E と普通は順序を追

 

ってこなさねば出来ないことを、A, B, C, D, E を同時に行うこと、なのです。 

 

先ず第1の合理化は、電気洗濯機、電気掃除機、そして食事準備は、素材とし

 

ては冷凍食品を使い、電気ポットと電子レンジで全てを処理しているのです。 

 

食事準備に時間をかけない普通の方法は外食ですが、この場合は、味がくどく

 

て体に良くないマイナスがありますが、冷凍食品は家族が愛情こめて作ってく

 

れる食事同様に薄味で、香りも、味も良く、美味しいのです。 栄養バランス

 

も良く出来るのです。

 

 

 

 

「遠藤メソッド」の生徒さんは私の合理化方式の恩典に浴しているわけですが、

 

それにしても「英会話」は「芸事」として充分な練習量、すなわち毎日 20, 20,

 

20分、合計1時間程度の練習量を確保する必要があり、これだけの練習量を確

 

保するには、貴方も生活全体を今までよりも合理化して英会話のための時間を

 

捻出する必要があるのです。

 

 

 

 

それには私が私生活で実行している、最新科学技術を応用した合理化機器を使

 

うとともに、連続した工程を順々にこなすのではなく、同時並行的にこなすこ

 

とを考えれば良いのです。

 

テレビにしろ見たい番組がある時にみるのではなく、それらを録画して、仕事

 

に差し障らない時に見るのです。

 

 

 

 

私の私生活の例では、自動で風呂を沸かし(A)、洗濯機を動かし(B)、電気ポ

 

ット(C)、と電子レンジを使い(D) ながらパソコンに向かって仕事をする(E)な

 

のです。 こうすると (A), (B), (C), (D), (E)の5つの仕事が同時並行で出

 

来るのです。 非常に時間短縮が出来るのです。

 

 

 

 

貴方も「英会話」の練習時間を捻出するために、以上のような合理化方式を採

 

用してください。

 

 

 

 

他にも合理化の方法があります。 それはパソコンの代わりに、iPhone, iPad

 

を使うと「いつでも、どこでも」英会話練習が可能となるのです。 あとの合

 

理化による時間の捻出には次の2つがあります:

 

 

(1)  朝1時間早く起きて勉強する。 夜遅く疲れて、お酒でも飲んだあとの

 

勉強は非常に勉強効率が悪いのに反して、早朝の英会話練習は効率的な

 

のです。

 

 

(2)  仕事場では通常昼休みは1時間ですが、このうち15分で昼食を済ませ

 

て、残りの45分を英会話練習にあてる。

 

 

この2つの方法を採用するだけでも、毎日 1時間45分もの練習時間が確保出

 

来るのです。