「ファン・クラブ通信」 第137号 (2006/06/28) ≪渡辺光尚さんの貴重な体験≫

前回の「ファン・クラブ通信」では渡辺光尚さんと北沢真弓さんの「掲示板」
での交信の件をお知らせしました。

今回は、その中での渡辺光尚さんの投稿の一部をご紹介させて頂きます:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どうして私が疲れた身体にムチ打ってここまで勉強できるのかと言うと、
教材が Endo method だからなんです。
以前にも書き込みしましたが、ネイティブとひょんなきっかけから会話をする
機会があり(2、3分位でしたが)いきなり話しかけられても、それを聞けて英
語ですぐに返事をする事ができました(簡単な会話でしたが)。

効果を実感できたのがとても嬉しく、そして自分の英語がネイティブに通じた
事がとても快感でした。それは今でも忘れられません。
一生かかっても習得できない可能性のある英会話が、超簡単なレベルとはいえ、
こんな短期間で身につくんだ・・・この教材の効果を実感しました。
私自身 Endo method 以外に手を出す事は考えられません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ファン・クラブ通信」 第136号 (2006/06/21) ≪Endo Method に励む2人の生徒さんの尊い姿≫

弊社が毎週水曜日に発行しているこの「ファン・クラブ通信」は、非常に真面
目な記事を厳選して配信していますが、弊社の「掲示板」も同じような価値の
あるものになって欲しいとかねがねから願っておりました。

なかなか、そうはならないで低調でしたので残念に思っていましたが、この度
「Endo Method に励む2人の生徒さんの尊い姿」が浮き彫りにされている交信
が出てきました。

それについての私の考え方も同じ「掲示板」に書き添えました。
次のリストをご覧ください:

136:NDE終了 渡辺 光尚(2006年5月16日 23:53:01) 
137:Re:NDE終了 KITAZAWA(2006年6月09日 19:21:27) 
138:Re:Re: NDE終了 渡辺(2006年6月14日 22:39:27) 
139:がんばります! KITAZAWA(2006年6月16日 0:19:09) 
140:Re:がんばります! 遠藤尚雄 国際教育研(2006年6月16日17:41:37) 

上記のお二人以外にも沢山の方々が Endo Method で一生懸命に勉強しておられ
ることと思います。 そのような方はこの際「掲示板」に投稿してください。

この際皆さんも是非上記の「掲示板」での交信をお読みください。
「掲示板」は次の URLから見ることができます。

http://pasocon-eikaiwa.net/bbs/index.php

弊社では p-e net(インターネットによる独学個人指導の場)で生徒さんには
至れり尽くせりのサポートを行っております。
更に特に熱心な生徒さんにはMSN Messenger による「電話チャッティング」
及び「ヴィデオ・チャッティング」さえ行っており、これらの方法により大き
な勉強効果を上げて頂いております。
しかし、一方「同病相哀れむ」の生徒さん同士の「掲示板」上での交信も違っ
た意味で大きな勉強効果があると思う次第です。
「同病相哀れむ」の表現には少しネガティヴな感じが含まれますが、これだけ
でなく「戦友意識」と言うポズィティヴな考え方でも「掲示板」投稿は有効に
働くと思います。

「ファン・クラブ通信」 第135号 (2006/06/14) ≪厚生労働省コース≫

弊社の厚生労働省コースは非常にお買い得のものなのですが、この啓蒙が行き
届いていないので、今回の「ファン・クラブ通信」では、これを取り上げまし
た。

現在では次の4種類のコースが発表されています:

弊社ホウム・ペイジに掲載のもの:
学校名:国際教育研究所
 (1) 実用英語実力養成コース   \168,615
 (2) 実用英語強化コース     \187,620
厚生労働省ホウム・ペイジに掲載のもの
学校名:P・E・コーポレーション
 (1) 実用英語実力養成コース   \367,275
 (2) 実用英語強化コース     \523,620

上記の掲載内容につき正しくないことがありますので、これからご説明します。

厚生労働省ホウム・ペイジには学校名が「P・E・コーポレーション」となって
いますが、これは国際教育研究所のホウム・ペイジに掲載しているものと同じ
コースなのです。
「P・E・コーポレーション」は国際教育研究所の兄弟会社です。

厚生労働省ホウム・ペイジに掲載のコースの方が金額がはるかに高くなってい
ますが、これはコース申請時の DynEd CD-ROM の価格が非常に高く、その価格
で申請し、承認されてしまったのですが、その後DynEd の価格に大幅な値下げ
があったので、現在実際に受注している価格は国際教育研究所のホウム・ペイ
ジに掲載の価格が正しいのです。

国際教育研究所ホウム・ペイジも厚生労働省ホウム・ペイジも
「実用英語実力養成コース」と「実用英語強化コース」の2つになっています
が、その後DynEd の価格が変更となり、New Dynamic English 以外の
Dynamic Business English とEnglish by the Numbers を含めても価格は
New  Dynamic English 1つの場合と変わらなくなったのです。

最近の DynEd では価格は1ヶ月レンタル料金 \15,750(ミニマム3ヶ月) で
1枚の DVD  に次の9シリーズが含まれるようになったのです。
・New Dynamic English (180h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/nde-r/description.html

・The Lost Secret (60h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/ls/ls.html

・English by the Numbers (40h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/ebn/ebn.html

・Dynamic Business English (60h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/dbe-r/description.html

・Functioning in Business (40h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/fib.html

・Advanced Listening 1, 2 (80h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/adl.html

・Hospitality English (40h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/he.html

・First English (96h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/fe.html

・English For Success (120h)
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/efs.html

注:カッコ内は標準勉強時間
結論として弊社の厚生労働省コースは次の1種類だけになったのです。

 厚生労働省に登録された学校名:P・E・コーポレーション
 
 (1) 実用英語実力養成コース   \168,615

このように簡素化され、価格も安くなったので、大いにこの厚生労働省コース
をご利用ください。

http://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=080-0022-0410

この実用英語実力養成コース \168,615 で厚生労働省給付金制度を利用した場
合の自己負担額は次のとおりです。

・雇用保険支給期間が5年以上の方
\168,615 の40% \67,446 が還付→自己負担額 \101,169

・雇用保険支給期間が3年以上、5年未満の方
\168,615 の20% \33,723 が還付→自己負担額 \134,892

_______________________________________________________________________
 ※教育訓練給付金の支給額は雇用保険の支給要件期間に応じ以下のとおりと
    なっています。
 
a. 雇用保険支給要件期間が5年以上の方(教材費の40% が還付、上限20万円)
b. 雇用保険支給要件期間が3年以上、5年未満の方(教材費の20% が還付、
   上限10万円)