「ファン・クラブ通信」 第171号 (2007/02/28)≪春、ご友人と「オンライン説明会」で英会話のスタートを≫

「無料オンライン説明会」も回を重ねるにつれて、この方法が、初めての方に
弊社の英会話勉強法を知って頂くのに非常に効果のあることが判ってきました。

弊社は「普通の英会話学校よりも10倍程度効果がある」ことを標榜しています
が、これを聞いてもピンとこない方が大半でしょう。 これが「嘘ではなく本
当だ」ということと、「では具体的にどうすればそれが可能なのか」を判って
頂けるのが、この説明会なのです。

この説明会の参加は、どこかの会場にまで足を運んで頂く必要がなく、皆さん
の自宅のパソコンから気楽に参加出来るのです。 しかも無料です。
ヘッドフォーンとマイクさえあれば良いのです。
もし、パソコンに繋げるヴィデオ・カメラをお持ちなら、参加者の顔を映し出
すこともできます。 毎週3回定期的に実施しています。
午前、午後、夜の会合から選択できます。
説明会の長さは1時間~1時間半程度です。 
詳しくは、次のURL をクリックしてください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/video/setsumeikai.asx

貴方は「ファン・クラブ通信」の読者なので、既にEndo メソッドで勉強して
おられるかも知れず、そのような方はEndo Method が他の勉強法とは段違いに
力がつくということを既に感じておられるでしょう。
今、お願いと言うのは、貴方のまわりに英会話に興味のある方、英会話勉強で
悩んでいる方がいれば、ぜひこの「オンライン説明会」に誘っていただきたい
のです。
ご友人が参加されたいとなれば、貴方が代理で「オンライン説明会」の参加申
し込みをするのですが、その際貴方のお名前も書いていただければ、ご友人が
実際に参加されたことを確認の上、紹介者、即ち貴方、にその後3ヶ月間に
貴方自身が発注される弊社教材を全て 5%値引きさせて頂きます。
初めから 5%値引きの恩典がある、纏め買いの標準コース(\130,000のものを
\123,599)からは更に値引くことはせず、その変わりに \15,000 もする弊社の
自慢教材であるHIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT を無償でお送りさせて頂
きます。
何故このような破格の大判振る舞いをするかと言いますと、弊社の標準コース
のあとに更に英会話力をつけるには、多読が必要で、
この HIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT は多読の最高峰にある教材だからで
す。
この本を読む前に「標準コース」を十分勉強され、更に、今回は知人をご紹介
して頂いたことに対するご褒美と感謝の表れです。

この書籍の内容については
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/highschool.html
をクリックしてください。

「無償オンライン説明会」への参加手続きは、次のURLから行ってください。
http://pasocon-eikaiwa.net/present/setsuoubo_online.php
 
この手続きの様式の最終欄のスペースに、貴方の氏名とEメイル アドレスを
必ずご記入ください。

ご友人に紹介する前に、貴方自身が参加してどのような内容なのかを知ってお
くのも良いし、当日ご友人と貴方が一緒に参加するのもよいでしょう。
参加したら必ずEndo Method の商品を購入しなければならないということはあ
りませんから、お気軽にご参加下さい。

「ファン・クラブ通信」 第170号 (2007/02/21) ≪複数名のオンライン指導≫

今週は「複数名のオンライン指導」について説明させて頂きます。 
「無料オンライン説明会」(初心者用)、「個別オンライン指導」と同じよう
に、次のURLのような「アイリス Biz Power 24 のシステムを利用します。

  http://www.pasocon-eikaiwa.com/video/setsumeikai.asx

上記のデモの画面には「無料オンライン説明会」と書かれていますが、
「複数名のオンライン指導」の場合は、参加費用は1名、1回 \5,000 です。
指導時間は1時間程度から必要に応じて、それよりも長くなりましょう。
課題には次のように色々あります。

・発音
・英単語
・ヒアリング・スピーキング
・英文法
・多読

上記の5つつの課題を更に細分化して「発音:er系統の難しい発音」、
「発音:ジとヂの違い」となったり、ヒアリング・スピーキングにしても
「NDE(New Dynamic English) Module 5 のPresent Perfect」、
同じく「NDE Module 5のSubjunctive Mood」、単語にしても「原義から連想展
開」などを課題とすることもありましょう。
参加者から課題をつのり、同じ課題に関心のある人が3~4名集まれば開催する
こととなります。

ホーム・ペイジより、次の形式で申し込んで頂くこととなります。
https://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=107-0046-0702

「ファン・クラブ通信」 第169号 (2007/2/14) ≪無料オンライン説明会の報告≫

ファン・クラブ167号でお知らせした「無料オンライン説明会」の第1回目を
2月12日に開催しました。 

これはアイリス(株)の Biz Power 24と言うオンライン・システムを利用し
たもので、次のURLの要領で行ったのです。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/video/setsumeikai.html

他のどの英会話勉強方式よりも、(1)高い質、(2)速く学べる、(3)低価格、と
いう特徴を持った Endoメソッドの説明を、説明会場に行かずとも自宅で説明
会に参加出来ると言う画期的な企画で、大成功でした。

インターネットを利用するので、距離のハンデが全くなく、現に第1回説明会
では、参加者は、ニュージーランド、大阪市、福井市、つくば市、の方々でし
た。

Endoメソッドを手っ取り早く知りたい方は、是非お気軽に参加してください。
無料オンライン説明会の参加申し込みをする(次のURLをクリック)
http://pasocon-eikaiwa.net/present/setsuoubo_online.php

「ファン・クラブ通信」 第168号 (2007/2/7) ≪個別指導≫

1月24日発信の第166回「ファン・クラブ通信」の合同説明会報告の際に
「個別議題の同好会」を先生1対生徒マックス4名で実施する計画をお知らせ
しました。

今日は、それの変形とも言うべき「先生1対生徒1」の個別指導をインターネッ
トで実施する方式を新しく作りましたので、ご紹介します。
「新しく作った」とは言え、既に1年半程前から、特に熱心に勉強される
New Dynamic English の生徒さんには、私からの特別の好意として、
Microsoft Live Messenger を使ったインターネットによる「ヴィデオ・チャ
ッティング」方式で「スクーリング」と称した1対1の個人指導をしていました。
これと同じことを今回アイリス システムを使って行うことにしたまでです。
ヴィデオは使用しても良いし、使用しなくても良いのです。
このインターネットを利用する方法では、お互いが話す音質が電話よりもはる
かに良くなるので、デリケートな英語発音を聴くのに非常に有効なのです。
外国在住の生徒さんとの会話でも国際電話料金がかからない利点もあります。

従来の「スクーリング」でどれ程の効果を上げていたかは、次の URLより
ご理解ください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/schooling/kansou.html

最初のスクーリングは無償で何名かテスト的に行い、その後は1回 \3,000 で
行ってきました。
でも私としては「損得抜き」に「生徒が急速に育つこと」ばかりを考えてやっ
てきましたので、1回最低30分、長い時には1時間半ぐらいも指導を続け、ス
クーリング時間の長短に拘わらず、\3,000で指導していたのです。 

しかし、今回から価格体系を変更しました。
30分 \5,000、1時間 \10,000 です。
90分なら \15,000、2時間なら \20,000 です。
以前よりは高くなっていますが、

一般のネイティヴ教師によるマン・トゥー・マンのレッスンが1時間\10,000
であることと比べ、それ以上にきめ細かい充実した内容、またその効果も比べ
物にならないほどあることから、上記の価格でお願いしたいのです。

このインターネットによる個別指導にどれ程大きな価値があるかは、上述のス
クーリング体験談及び1月14日の合同説明会出席者の感想文などからも、よく
お判り頂けると思います。
感想文のなかには、独学中に勉強のモチベーションを高めるために時々先生と
の接点がほしいとの意見もありましたので、その人達を元気づけるためにも個
別指導は必要だと思います。

しかもその中にはアイリス システムで、ヴィデオ・カメラで相手が写るだけで
はダメで、どうしても直接先生と会わないとダメとのご意見もありました。
もし、このご希望に沿うとなれば、やはり赤坂見附の会場に生徒さんに来て頂
いて、先生1と生徒1、又は複数で直接話し合いの場を持たねばならないことと
なり、このようなご要望もお受けするとなれば、生徒1人でも複数人でも、いず
れの場合でも、一人あたり1時間 \10,000 を頂いて実行するしか方法は無いと
思います。

個別指導をお望みの方はホームペイジよりご発注ください。
この「1対1の個別指導」は「ヒアリング・スピーキング」だけでなく、「発音」
、「単語」、「多読」、「英文法」など、あらゆる課題について適用できます。

https://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=107-0045-0702