「ファン・クラブ通信」 第282号 (2009/04/28) ≪ゴールデン・ウィーク中の営業について≫

明日からのゴールデン・ウィークをレジャーや健康増進に使われる方が多いと
思います。
それはおおいに結構なことですが、中には「英会話」勉強に時間を使われる方
もいらっしゃるでしょう。

そのことを考えて、弊社、国際教育研究所、はゴールデン・ウィークの
4月29日から5月6日まで、開業しておりますので、ご利用ください。
出荷業務だけは関連会社に依存している場合もありますので、弊社も業務を止
めています。

それ以外の、受注、学習指導、学習問い合わせ、などの業務は行っております。

既に弊社の教材で勉強中の方は、それに関連したことで何なりとお問い合わせ
ください。

そしてまだ弊社教材及び弊社の教育法(Endo Method)のことをご存知無い方は、
まず次のURLを見られて、ご興味があれば、お問い合わせください。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/promotion/em-promo/01/01.html

お問い合わせは、次のEメイルとフリー・ダイアルです。 
Eメイル: company@pasocon-eikaiwa.com
フリー・ダイアル: 0120-322-989

また Skypeで30分~1時間でも、じっくりと弊社にご相談になりたい方は、
このゴールデン・ウィーク期間に限り、無償でご相談に乗らせていただきます。
通常は Skypeによるスクーリングは \5,000 です。

Skypeの使い方は次のURLをご覧ください:
http://www.pasocon-eikaiwa.net/endo/skype.doc

国際教育研究所 社長 遠藤尚雄

私の経歴は次のURLをご覧ください:
http://endo-method.com/category/%e3%81%94%e6%8c%a8%e6%8b%b6/

ホーム・ペイジ: http://www.pasocon-eikaiwa.com/

「ファン・クラブ通信」 第281号 (2009/04/22) ≪最も優れた英単語の覚え方(4)≫

最近3回の「ファン・クラブ通信」では、最も優れた英単語の覚え方は
「電子辞書ソフト」を使うことだと説明しました。
 
これらの「ファン・クラブ通信」を読んでおられない方々のために過去3回の
「ファン・クラブ通信」をURLでさしあげます。

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc278.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc279.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc280.txt

弊社は過去2年程、最善の「電子辞書ソフト」の選定のための調査を続けてい
ましたが、いよいよ「超辞典・ジーニアス英和辞典第4版の電子辞書ソフト」
を選定しましたので、これをご紹介しましょう。

価格は、ジーニアス和英辞典第2版をも含めて \7,480(ダウンロード版)または
\9,240(CD-ROM版)ですが、弊社のお客様には、前記の一般価格の 10%引きの
\6,732 及び \8,316 で販売させて頂きます。
ただし、CD-ROM版は送料 \525 が加算されます。

一時弊社は「ロボワード」の電子辞書ソフトをお勧めしていましたが、今はこ
のお勧めは取り消しております。
これをお勧めしなくなった理由を説明しましょう。
「ロボワード」は価格が \25,200円と高いこと。
また、新機種が開発されると、メーカー側で旧機種を大幅値引きし、価格を混
乱させること。
このようなことをメーカーにされると弊社の信用にも傷がつくこと。
機能が豊富過ぎて、かえって使いにくく、英語勉強をしている我々が、電子辞
書ソフトに、引きずりまわされること。
一例を挙げると、英文和訳、和文英訳機能もあって、これらは不完全なもので、
かえって邪魔になるのです。
我々日本人としては不完全な自動翻訳に惑わされずに、あくまで、英単語その
ものに強くなることが大事だと思います。
語彙を増やして、DynEd ヒアリング・スピーキング教材で英語の順序で頭が動
く訓練をすることが、英語が使えるようになるベストな方法なのです。

一方「ジーニアス英和辞典第4版」は、既に非常に普及している既存の携帯用
電子辞書のほとんどの機種に採用されており、これから見てもベストな辞書ソ
フトであることが分かります。 語彙数も10万語程度と適当です。
あまり語彙数の多い英和辞書はかえって使いづらいのです。
語彙が限定されているだけに、個々の単語の説明はかえって詳しいのです。

弊社として特に重要視したのは、弊社の発音教材である「口と舌の形で学ぶ英
語発音」で採用されているのと全く同じ国際発音記号を採用していることです。
日本で作られている英和辞書の中には弊社が採用している国際発音記号と少し
異なる記号を採用しているものがあります。
特に米国、英国発行の英英辞典で採用されている発音記号は弊社採用のもとは
かなり異なっているのです。

そして、10万語中、5万語程度の重要単語にはネイティヴの発音が聴けるよう
になっており、しかもその発音が英国発音でなく、アメリカ語発音、になって
いることも大きな長所です。
ご存知のように弊社の発音教材では、アメリカ語発音を教えています。

最近はYahoo などが無料で提供しているWEB辞書もありますが、弊社は過去
3回の「ファン・クラブ通信」で説明したように、この「電子英和辞書」と
「英単語記憶」、更には「ヒアリング・スピーキング力増強」、との強い関連
性を考え、

 ◎単語をマウスで指し示すだけで日本語訳が瞬時に出る機能
 ◎全語数の約 50%の5万語についてはアメリカ語発音が聴ける機能

といった機能がついており、これが7千円程度であるならば、
Endo Method 勉強の伴侶として使って頂く価値が十分あると考えています。
そのことを考えて 10%特別値引きを決めたのです。

次のホーム・ペイジから 一般価格の10%引きで購入出来ます。

超辞典 大修館 ジーニアス英和辞典 第4版/ジーニアス和英辞典 第2版
【ダウンロード版】
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/dic/jenius_dl.html

超辞典 大修館 ジーニアス英和辞典 第4版/ジーニアス和英辞典 第2版
【CD-ROM 版】
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/dic/jenius_cd.html

「ファン・クラブ通信」 第280号 (2009/04/15) ≪最も優れた英単語の覚え方(3)≫

今週の「ファン・クラブ通信」では、「電子辞書ソフト」は、発音を卒業した
あとの「ヒアリング・スピーキング」練習の段階で利用するのがベストである、
との考えかたを説明しましょう。 

「ヒアリング・スピーキング」とは、DynEd のNew Dynamic English,
Dynamic Business English, Functioning in Business, English by the Numbers,
Hospitality English, Advanced Listening のことです。

ネイティヴがしゃべる英語の速さは 200単語/分(3.3単語/秒)と非常に速い
ので、原義から連想展開の考えかたで全ての単語の意味を頭に定着させておか
ない限り、しゃべられる英語の意味は理解できません。
ですから、「電子辞書ソフト」では、まだ速度が充分速くはありません。
そうすると、ネイティヴがしゃべる英語を聴きながら「電子辞書ソフト」を引
くことは諦めねばなりません。
「電子辞書ソフト」が有効に使える場所は、DynEd のヒアリング・スピーキン
グ教材の段階です。
ここでは、各文章は、ネイティヴに50回しゃべらせて、自分でそれを50回復唱
する、と言うのが基本的な練習方法ですが、その前に新しい文章が出るたびに、
まず2~3回はABCボタンを押して英文字幕を出し、此の段階ではゆっくりと英単
語の意味を調べる時間的余裕があるのです。
この具体的なやりかたは、次のムーヴィー内で説明されています:
 http://pasocon-eikaiwa.net/promotion/3weakpoints/weak3/32/32.html