「ファン・クラブ通信」 第341号 (2010/06/16) ≪英文法勉強のタイミング≫

今日の「ファン・クラブ通信」は現在DynEd の「ヒアリング・スピーキング教
材」を勉強中または、休憩中、または修了された生徒さん宛のものです。

前回の「ファン・クラブ通信」第340号では「英文法特訓」について書きました:
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc340.txt

まず、次の(1)、(2)のことを理解してください:

(1)「英文法にこだわると英会話は上手にならない」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/bunpou/koudei.html

(2)「教養あるネイティヴなみの英会話力をつけたければ、やはり英文法力は
つけておくべきである」
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/nativenami.pdf

上記の(1)と(2)を頭に入れておいた上で、ではどのタイミングで弊社の「英文
法特訓」を受けるのが良いかを考えましょう。

考え方には2つあります。

(1) は New Dynamic English Module 8 修了または、そのあとの DynEd 教材
(Dynamic Business English, Functioning in Business, English by the Numbers,
Hospitality English, English for Success など)
なども練習して「言語係数」 0.3 程度になっている人。

(2) それよりも少し低い New Dynamic English Module 6 程度の人。
この Module 6には次の2つの文章が出てきます:

He was a top student in Hong Kong, and he was given a grant to study in the U.K.
He was also offered a grant to study in the U.S.

「遠藤メソッド」の基本的な考え方は、New Dynamic English 教材の勉強では、
「英文法のことは考えずに、ひたすら、ネイティヴ先生の英文を聴きこみ、
自分もそれを声をだして復唱すること」と提案しています。

しかし、上記の2つの文章に出くわすと、ネイティヴの英文を聴き取ろうとし
ても、それを聴き取って、貴方の buffer memory 領域に保存することが出来なく
なり、従って復唱することもできなくなるのです。

その理由は、この2つの文章は英文法的に難しく、英文法的に難しい英文は
なかなか聴き取れなくなるからです。 この2つの英文の英文法構造が判ると、
聴き取りやすく、復唱しやすくなるのです。

なぜ、この2つの文章が英文法的に難しいかと言いますと、いずれも give とか
offer と言う授与動詞が使われており、授与動詞の文型は S + V + O1 + O2 です。

最初の O1 が間接目的語であり、2番目の O2 は直接目的語です。

しかしながら、上記の文章では、この S + V + O1 + O2 の文型が変則的に、
間接目的語が主語になり、授与動詞が受身で使われ、そのあとに直接目的語が
使われる O1 + 受身動詞 + 02 という文型となり、本来の主語であるべき
the university は by the university と文末に副詞句として付け加えるべき
ところ、これが省略されている形となっているのです。

このように変則的な O1 + V + O2 で喋られるものですから、聴き取れなくなる
のです。 

この場合、英文法に詳しくなっていて 「これは 授与動詞 S + V + O1 + O2
の文型が変則的にO1 + V + O2 の順番で使われているんだな」ということが判れば、
ラクに聴き取れ、従って復唱することもできるようになるのです。

今回折角貴重な「英文法特訓」を非常に安価な \5,000で提供するようになった
のですから、是非採用されるよう提案致します。
英文法が、非常に短期間で、根本的に理解出来るようになります。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/main.html

「ファン・クラブ通信」 第340号(2010/06/09)≪英文法特訓コース≫

私(遠藤尚雄)は約1年程の間に10名程の生徒に対して、私独特の英文法教育
方式の特訓をしてきて、大きな教育効果を上げてきました。

これまでは実験的な試みだったので、無償で特訓をしてきましたが、いよいよ
私の特訓が非常に有効であることが確認できたので、これからは有償特訓に切
り替えようと思います。

弊社の英文法特訓コースは非常に安い\5,000とさせて頂きます。
その間に多数の練習問題を出しますから、これの全ての回答を郵送、FAX、又は
イーメイルで送って頂いたものに、弊社が添削をして生徒さんに郵送、FAX、
又はイーメイルで返送します。

次のURLから発注出来ます:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/main.html

これでも急速に英文法力がつかない生徒には、弊社の \5,000/回の Skype に
よる指導をさせて頂きます。
Skype 時間は最低30分、長い時には1~2時間ともなりますが、料金はあくまで
\5,000です。
これは「ヒアリング・スピーキング」教育課程における \5,000の Skypeによる
スクーリングと同じ方式です。

次のURLから発注出来ます:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

最初の \5,000の英文法特訓コースには次のものが含まれます:

① 弊社 p-e netシステムに含まれる「資料室」にある「遠藤尚雄の英文法」
(1)~(6)までのテキスト

②FAX、郵送、又はイーメイルによる、例題解答に対する添削。
添削回数は無制限です。
生徒さんの英文法理解度が充分高くなり、弊社が修了認定するまで、何回でも
添削します。

弊社の英文法教育法は一般の英文法学者の教育法よりも、遥かに優れており、
非常に短期間に(1~2ヶ月程度)目だって力が付きます。
ただし1~2ヶ月で英文法をマスターするには、「ヒアリング・スピーキング」
コースと同様に、毎日1~2時間は「遠藤尚雄の英文法」テキストを勉強して頂
くことを条件とします。

「英文法」は暗記学問ではなく、「理解学問」で頭の良い人でも、本当に真髄
が判るところまではなかなか達しにくい、難しい学問ですが、私はこの難しい
英文法を、全ての人に、非常に短期間に、徹底的に判らせる教育法を作り出し
ているのです。

この教育法の全貌は、p-e netシステム内の「遠藤尚雄の英文法」に紹介されて
います。 次のURLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/bunpou/bunpou_menu.html

このテキストは次の6項目より構成されています:
(1) 最も手っ取り早い英文法の勉強法
(2) 英文法補足
(3) 文型の区別
(4) 句の解釈
(5) 不定詞
(6) 分詞

上記テキストの補足として中原道喜著の「マスター英文法」(税込み \1,820)
を使用します。 この本は次のURLより購入できます:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/master.html

この著者の教育法はかなり私と似ており、私としては、自分でもこのような本
は書けるとしても、既に他の人が同じようなことを書いているのなら、私自身
の時間を節約するために、この本を補足として利用させて頂いているのです。

ただし、最も大事な考え方は、私独特のもので、それが故に、どなたにも短期間
に必ず難しい英文法を完全に理解してもらえる重要な部分なので、私がテキスト
・ブックとして「マスター英文法」とは別個に私自身で書いたのです。

「ファン・クラブ通信」 第129号 (2006/05/02) ≪英文法の功罪≫

英会話を勉強する際の「英文法の功罪」については「ファン・クラブ通信」で
何度か取り上げましたが、今回英文法についての弊社の考え方をまとめました。
次の URLを順々にお読みください。 2. が最も重要なものです。
2. の中には (1) から (6) までの項目がありますが、 (1) は特に注意して読
んでください。

1. 英文法にこだわると英会話が上手にならない。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/bunpou/koudei.html

2. 遠藤尚雄の英文法
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/bunpou/bunpou_menu.html

3. マスター英文法
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/master.html

4. ヴィデオ英文法
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/vgr.html

「ファン・クラブ通信」 第113号 (2006/01/11) ≪新教材発売のお知らせ≫

英文法教材として本日より次のものを発売致します。
内容詳細については次の URLをご覧ください:
【新商品 ヴィデオ英文法】
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bunpou/vgr.html

「ファン・クラブ通信」 第112号 (2006/01/05) ≪新教材発売のお知らせ≫

中野式「超英作法」については、

昨年8月1日に「英語は書けなけばならない」明日香出版社発行の書籍
昨年9月27日に「上級編」CD 形式

を発表しましたが、今回は3番目の教材として
“Touch and Go” を発表いたします。 インターネットの画面で見る教材です。

詳しくは以下をクリックしてください。

【新商品 Touch and Go】
http://pasocon-eikaiwa.net/shop/index.php?i=102-0005-0512

 

“Endo Method”と「中野式超英作法」の関連性については次のURL をご覧く
ださい。
http://www.pasocon-eikaiwa.net/access/eisaku1.html

中野方式では英文法に重点が置かれていますが、英文法は、英会話にとっては
言わば「諸刃のやいば」で、Endo Method では、中野式を肯定すると同時に
「英文法に拘泥するマイナス」を次のように説いています。
まず初めに音声ベイスの英会話訓練を十分しておいた(即ち「Endo Method
360時間英会話速習コース」の勉強をした)あとで、「中野式超英作法」に入
るべきであるとの見解をとっており、その考え方は次のURL で説明しています:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/sonota/bunpou.html

更に、もう一つ大事なことは「中野式超英作法」の理解を助けるには、前もっ
て「遠藤尚雄の英文法」(無償)を熟読して英文法の基礎を作っておくことで
す。 次の URLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/bunpou/bunpou_menu.html