「ファン・クラブ通信」第440号(2012/05/09) ≪これだけはわかって!≫発音編 その5 「発音は音質がすべて」

今日は「発音は音質がすべて」というお話です。

 

日本人は、ネイティヴ発音の音質だけを聴いて、それを真似ようとしても残念な

 

がらできません。 その問題解決のために、ネイティヴの口や舌の形を忠実に真

 

似ることによって、正しい発音ができるようにする発音教育法が開発されました。 

 

それも、アメリカに住む日系人、しかもアメリカで生まれ育った日系二世、三世

 

ではなくて、日本で生まれ育ち大人になってからアメリカに渡ったために英語発

 

音が下手な日系一世によって開発されたのです。 それの改良改善を進めたもの

 

が、弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版DVDです。

 

 

 

 

英語発音には、日本語にはない母音や子音がたくさんあります。 だから日本人

 

は、母国語にないだけに、聴いているだけではそれらの微妙な発音の違いになか

 

なか気づけませんし、どのように発音して良いかもわからないのです。 そもそ

 

も日本語はあまり口や舌を動かさなくてもすむ言語ですが、英語の発音には、日

 

本語にはない口の形や舌の使い方があります。 つまり、口の動きが活発で、唇

 

や舌の使い方に独特のものがあるのです。

 

 

 

 

そこで、英語発音を習得するためには、英語発音をするための正しい口の形や舌

 

の位置を理解して、真似をし、繰り返し練習して、口や舌の筋肉を鍛える必要が

 

でてきます。 だから、英会話勉強は学問ではなくて芸事なのです。 スポーツ

 

と同じように「トレイニング」だと思って取り組むべきことです。 そうして体

 

で覚えた発音は、自転車乗りや水泳などと同じように、一度覚えたら何年たって

 

も忘れることなく身についてしまうものなのです。

 

 

 

 

この発音習得の過程では、口や舌の動きを研究して、真似して、練習することが

 

何より大事であることはおわかりいただけると思いますが、ここで「これだけは

 

わかって!」とお願いしたいことは、最終的には発音は音質がすべてだというこ

 

とです。 つまり、正しい発音ができてさえいればそれで良いということなので

 

す。

 

 

 

 

習う為には、お手本通りの口や舌の形や動きをそっくり真似して、なりきって練

 

習することが何より大事ですが、正しい音質で発音できるようになったら、口や

 

舌の形がお手本通りではないから間違いだなどと思う必要は全くないというこ

 

とです。 そもそも、人それぞれによって口や舌の構造は違うものですから、同

 

じ発音をするのにも、口や舌の動かし方が微妙に違ってくることが考えられます。 

 

だから勘違いしないでほしいのです。 発音練習の目的は、口や舌の形や動きが

 

そっくり同じようにできるようになることではありません。 口や舌の形や動き

 

を真似することで、そっくり同じ音質の発音ができるようになることを目標に練

 

習に励んでください。

 

 

 

 

相撲でたとえると、上手投げのような大きな技がかかったからと言ってその力士

 

は勝ったとはいえないのです。 相撲での勝ち負けは、足の裏以外の体の一部で

 

も「土がつく」か、土俵の縄の外に足が出てしまうと「負け」なのです。 英語

 

発音での勝ち負けも、「口や舌の形」で決まるのではなく、良い「発音」ができ

 

ていると、それで「勝ち」なのです。

「ファン・クラブ通信」第438号(2012/04/26)≪発音学習 Guidebook≫

非常に早く英会話力をつけるには先ず英語発音の矯正をしたのちに英会話練習

 

をすることで、「遠藤メソッド」はこの方式をとっています。

 

 

 

英語発音矯正のために「口と舌の形で学ぶ英語発音」を供給しています。 こ

 

の教材は非常に強力で30~60時間程度の練習で次のように英語発音が上手に

 

なるのです。

 

http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html

 

 

 

しかし、これだけの練習をしてもらうには色々難しいことがあるのです。 そ

 

のために、今般 発音学習 Guidebook を作りました。 次のGuidebook をクリ

 

ックしてください。

 

https://pasocon-eikaiwa.net/endo/guidebook.pdf

 

「ファン・クラブ通信」第436号(2012/04/11)≪これだけはわかって!≫発音編 その4「発音練習はゆっくりと」

今日は「発音練習はゆっくりと」というお話です。

「英語をペラペラと格好良くしゃべりたい!」これは英会話勉強をされる皆さん

に共通の目標であり、憧れだと思います。 その為には、まず自分がきれいな発

音をすることができるようになって、相手の発音を聴き取れるようになることが

必要不可欠となります。 そこで、遠藤メソッドでは、英会話勉強を始めるにあ

たって、まず「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版DVDを使って発音を練習する

ところからスタートするわけです。

この教材では、1つ1つの音素がきちんと発音できるようになったら、次はイニ

シャル練習、単語練習、文章練習と進むようになっています。 皆さんは練習す

る中で、音素を1つずつきれいに発音することができるようになっても、それぞ

れの音素がいくつか繋がって1つの単語、さらに文章になったものを発音しよう

とすると、注意が細部まで行き渡らずになかなか思うようにきれいに発音できな

い、というもどかしさを感じることになるでしょう。

だからと言って、がっかりしたり焦る必要はありません。 発音練習は「急がず、

焦らず、厳密に、正確に」練習をするのが良いのです。 それぞれの発音記号が

正確に発音出来るようになるまで速度を落として練習してください。 ネイティ

ヴのように格好良くしゃべろうとして速く発音するのは、最も良くありません。

 しゃべる速度は幾ら遅くても良いのです。 そして、そのあとも速度を上げよ

うと努力を特にする必要はありません。 正確に各発音記号が発音できれば、そ

してその練習を数ヶ月もしていれば、発音が正確でありながら、なお自然に速度

があがるようになります。 長期間練習していると、自然に速度は上がってくる

ものです。

しかし、皆さんの中にはまだ練習段階であるのに、イニシャル練習や、文章練習

の発音録画として、一生懸命無理してかなり速いスピードで発音されたものを送

って来られる方が意外にも多くいらっしゃいます。 これはとても残念なことで

す。

指導書を作成する際には、貴方が発音する音質をじっくり聴いて、正しいきれい

な発音ができているかどうかの判断をしますが、同時に、顎が動いていないか、

口の形や舌の位置が正しいかどうか、などを観察することもしています。 それ

なのに、やたらと焦った速いスピードで発音された録画では、どちらも判断でき

なくて困ります。 ここで「これだけはわかって!」とお願いしたいのは、発音練

習はゆっくりとしたスピードで落ち着いてするということです。 そして、貴方

が練習してできるようになった今の発音の状態が、ハッキリと聴こえて、見える

発音録画を送っていただけることを楽しみにしています。