「ファン・クラブ通信」第390号(2011/06/15)≪お客様のコメント紹介(発音)≫

つい最近「口と舌の形で学ぶ英語発音」のDVD を購入された方が、
注文時のコメント欄に次のように書いてくださいました。
今日はこの方と、TWT 国際教育研究所 遠藤 とのやりとりを、紹介します。

———————————————————————-
<コメント>

知ったきっかけ・「聞き流すだけ○○○○ラーニング」「CDを聞くだけで英語耳になれる」
「○倍速」など、片っ端からやってみました。

全く話せません。

物色するつもりでのぞいた amazon。 書評で遠藤先生の存在を知りました。
そこで最初に入手したのが「英語は独学に限る」でした。 独学の文言に惹かれて。

(私の好きな女優)オードリーだって映画マイフェアレディの中で一生懸命発音の
矯正をしていましたもんね。特訓のシーンが頭に浮かびます。

やはり発音からだ、確信しました!

———————————————————————-

【遠藤】貴女のように他のあらゆる英会話勉強法と「遠藤メソッド」を比較され、
よくよく考えられたすえ「遠藤メソッド」に決めていただけたことを、私としては
非常に嬉しく思います。

世の中には色々な英会話勉強法が売られていて、自社教材こそ最も良いと全て
の教材メーカーが言っている、情けない状況です。

その中でやっと貴女は「遠藤メソッド」が最良だとの結論を出されたのです。

今後全力をつくして貴女の「コーチング」に励ませていただきます。
一つ、付け加えさせて頂きます。 

貴女は他社の勉強法では「全く話せません」と書いておられます。

「遠藤メソッド」で「ヒアリング・スピーキング」力は急速につきますが、
「スピーキング」力は「ヒアリング・スピーキング」力よりも遅れて力がついて
くるのです。

次のURLをお読みください: http://www.pasocon-eikaiwa.com/naze/16.pdf

———————————————————————-

有難う御座います。コメントの件、喜んで!!

付け加えると。。。
今から30年ほど前、京都で学生生活をおくっていた時分に「リンガフォン」をかじりました。
留学生や外国人観光客が目の前を大勢行き交っておりましたので良い練習になるな、
と淡い期待もありました。

が、、、テキストにあるような決まり文句なら口からでる、
けど、、、話が続かない!?

あんなに勉強したのに、と、疑問符がわんさか浮き出てきました。
文章は読めるのに「会話」そのものが出来ない!?

10代の私が日記に記した事(確か書いた記憶が有ります)
「読めるから話せる、ってことは無いんだな~」
「読解力と会話力って、ベクトルの方向が違うのかな~」
相当に歯痒かった!!

あれから30年、、、まだ諦めない自分にチャンスが訪れた!
とワクワクしています。

———————————————————————-

【遠藤】「読めるから話せる、ってことは無いんだな~」 :  これは正しいです。
通常、読める力が「3」だとすると、「1」しか喋れないものです。

「読解力と会話力って、ベクトルの方向が違うのかな~」 : 
ベクトルの方向は全く同じです。
読んで頭に溜め込んだことが、英語として吐き出せるのですから。

しかし、先ほども説明したとおり、1しゃべろうとすれば、3倍は頭にインプット
がないと自分の口から吐き出せないということがあるので、話すことは中々難しい
と思われているのです。

「無い袖は振れぬ」と言う諺があります。 お爺さんが孫にお小遣いをあげるには、
まず小銭を自分の懐に溜め込んでおかないと、懐から小銭をだして孫に上げることは
できません。

英語の場合はフンダンに頭に英文ストックを溜め込んでおかないと、ラクに吐き
出せないのです。

広告

「ファン・クラブ通信」第379号(2011/02/23)≪英語耳の作り方―その3≫

先週の「ファン・クラブ通信」第378号で、英語の子音領域 (1,500~4,000 ヘルツ)
を増幅する機器”Bio Listening” の体験談を募集しました。

1人、体験談を寄せてくださったので、それをここにご紹介します。

この方の体験談は「英語耳」助長器の Bio Listening の体験だけでなく、
遠藤メソッドによる効率的英会話勉強法全般に及ぶような記事となっていますが、
遠藤メソッドの生徒さんには非常にお役にたてる記事だと思います:
【遠藤より M.S.さんへ】
———————————————————————-
貴方の過去の遠藤メソッド関係教材の買い方を見ていますと、貴方のように仕
事をバリバリとされている方にとっては Time is more important than money.
なので、私が薦める英会話勉強に役立つと思うものは何でも買って頂いている
ようですね。

英会話は所詮トゥールで、海外で能力を存分に発揮するには、「英語言語係数」
を高める必要があります。
逆に、どんなに有能な人でも、「英語言語係数」が低ければ、海外では自分の
持っている能力を充分に発揮できません。

なお貴方はお忙しくて、自宅外の時間も英会話勉強に有効に使われたいようで
すから、弊社のP.E.T.(Portable English Trainer)をお奨めします:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/pet/pet-hdd.html
———————————————————————-

【M.S. さんから遠藤へ】
———————————————————————-
お察しの通り48才の私にとっては、お若い方々と比べますとTime is more
important than money. という面は強く、「遠藤メソッド」が時間効率を重視
してくだっていることを大変有難く感じております。

Bio Listeningについては、私は、これを使い始める以前に「キオークマン」
を使いながらDynEd まで学習させていただき、おそらくは英語特有の周波数に
幾分か慣れていたためか、現段階では効果を言語化するほどに実感できないで
います。

おそらく、日々の使用のなかで、ジワジワと英語特有周波数への感度が増して
いるのではないかと期待しております。

ただ、近時、発音を集中的に復習するなかで、遠藤先生が発音について指導し
ておられることの意味を改めて気づかせていただくことがあり(たとえば、音
が破裂するとは、このような感じのことを指しておられたのだ、などと)、
 Bio Listening 使用も、私のように感度の鈍いものが気づくことができる一
助となっているのかもしれません。

P.E.T. (Portable English Trainer) は強力な機器だと感じます。
私自身も、仕事でノートPCを常時持ち歩いていることから、発音教材、英単語
教材、DynEd などすべてノートPC経由でも、仕事合間の隙間時間をフル活用し
て学習しております。

P.E.T.が発売されていない頃でしたので、自前で同様の構成をおこなっていた
ような格好です。
それがフルセットで実現されているのですから素晴らしいと思います。

発音教材の学習時間は17時間まで参りました。
(遠藤注:この方は以前にも発音練習をされ、その後、DynEd も相当練習された
のですが、更に英会話レベルを上げるために「口と舌の形で学ぶ英語発音」を
再度練習されることとなりました。) 

一日もはやく60時間を達成してDynEd に移行したいと考えております。
英会話学習の重要性を、仕事でネイティブと会話するごとに日々肌で感じつつ
も、日々のBAU(Business as Usual)に追われる余り、歩みの遅い生徒で誠に
申し訳ありませんが、今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。
———————————————————————-

「ファン・クラブ通信」 第270号 (2009/02/04) ≪発音教材の改訂版≫

現在弊社が供給している発音教材は「口と舌の形で学ぶ英語発音」第2版です
が、近日中に改訂版の「第3版」を発売し、現行「第2版」の発売を中止いたし
ます。
「第3版」の発売予定は2月18日、水曜日、です。

なお、P.E.T. (Portable English Trainer) 内の発音教材はこの改訂版に既に
変更されています。

従来の「第2版」は、「基礎編」と「練習編」から構成され、生徒さんにとっ
ては「基礎編」から「練習編」に移行する際の勉強負担が重く、勉強時間も掛
かり過ぎるという欠点に気付きましたので、この問題を画期的に解消したのが、
第3版なのです。

基礎編には Step 1, 2, 3, 4 があるのですが、そのままを踏襲します。
そして、そのあとに Step 5 を追加し、この Step 5 が第2版の「練習編」に取
って代わるものなのです。 

この Step 5 は「er系統の母音を含む単語」と「英語文章」の練習で、旧版よ
りは勉強負担が遥かに少なく、それでいて勉強効果は旧版よりも大きい、とい
う特長があります。

「er系統の母音」とは、次の8種類の母音です。
これらの母音は国際発音記号を使用せねばならないので、次のURLをクリックし
て、お読みください。 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/270.html

既に第2版・練習編をお持ちの生徒さんには、この第3版の Step 5 を無償で提
供させて頂きます。 御希望の方は次のURL からお申し込みください。
https://pasocon-eikaiwa.net/new/csw-v3/info.html

この第3版 Step 5 を試しに使って頂いた生徒さんの感想文を次にご紹介させ
て頂きます:

「中身を確認して驚きました。 僭越ですが申し上げますと、非常に懇切丁寧
に作られた指導教材であり、直感的には、基礎編の後続教材としては、
CSW(第2版・練習編)よりスムーズに取りかかり易く、(ハードル高いという違
和感が無い)非常に優れた教材、学習し易く効果の高い、有り難い教材と感じ
ました。 同じ先生、同様な録画方式と発音記号の記載により、基礎編の続き
のステップとして、学習者には申し分無いものとなりました。
改めて、先生の英語教育・教材開発の情熱と飽く事無き改善・進化志向とその
具現化に感服いたしました。」

「ファン・クラブ通信」 第251号 (2008/09/24) ≪発音セットをいきなり発注した経緯≫

弊社の「発音セット」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/hatsu-start.html
を発注された方に、弊社の「発音セット」を購入するまでの
経緯を伺いました。 今日はその内容を紹介します。

今回の題名は、「発音セットをいきなり発注した経緯」ですが、弊社は英会話
習得のために最初に英語発音をクリアーしておく重要性を常々説明しているの
で、いきなり発音セットを発注するのは普通ではないかと思われるかもしれま
せん。
しかしいまだに「発音」をスキップして「単語」や「ヒアリング・スピーキン
グ」から入ろうとする方が時々いるのです。
ごくまれに、既に発音は習得済みで、弊社とのカウンセリングの上、発音をス
キップする方もいますが、ほとんどは「英語を聞いたりしゃべったりできない
からヒアリング・スピーキング教材をすぐやりたい」と短絡的な判断で、誤っ
た教材選択をしているのです。 誤った教材選択と学習順序は、時間とお金の
無駄です。

今回紹介する方は、Endo メソッドにたどりつくまで、他のいろいろな方法に
寄り道はしていますが、英会話勉強法を探している初期の段階で発音の重要性
に気づき、最終的に弊社で発注するときには正しい教材選択をされています。
そして現在はヒアリング・スピーキングの学習に入り着実に力をつけています。

———————————————————————

国際教育研究所および発音セットを知ったのは、以下の流れからです。
(時系列順に並べます)。

(1)効果的な英語勉強法をインターネットで検索していたところ、Dr.Teruki
の英語勉強法サイトにたどりつき、ここで発音の重要さを知る。
http://www.drteruki.com/

(2)Dr.Terukiが薦めていた発音教材「UDA式30音トレーニングDVD」を購入し、
独学を開始。
http://www.uda30.com/

(3)独学を開始したのとほぼ同時期に、本屋で偶然ハミング発音スクールの
「発音がみるみるうまくなる」を見つけ、口の形と舌の形がUDA式より細かく
掲載されていたので、この本も購入。UDA式DVDをメインに、疑問点をこの本で
調べるという形式で勉強。

(4)独学していくうちに、自分の発音が正しいのかどうかよく判らなくなっ
てしまい少々混乱。 ふと思いつき、Amazonで上記の「発音がみるみるうまく
なる」を検索しカスタマーレビューを読んだところ「英語脳DVD-BOOK」を薦め
る記述を発見。 早速、「英語脳DVD-BOOK」を購入。

(5)「英語脳DVD-BOOK」で,国際教育研究所と発音セットを知り、発音セッ
トを即購入。 決め手は発音指導と数値目標がある点でした。

自分で改めて上記の流れを眺めてみると、あちこちにふらついているような感
もありますが、自分の性格上、悩みだすと止まらず納得いくまで探し回る、と
いう特徴があり、発音セットにたどり着くために必要な経路だったのだ、と今
は思っています。

さて、その後貴社の発音教材第2版で勉強し、これを無事卒業し、現在は「ヒ
アリング・スピーキング」の NDE (New Dynamic English)の Module 5 の途中
まで進んでいますが、発音勉強については、次のようなことに気づいています:

・発音記号の通りに発音できるようになった.
調べた単語に関しては,goo等のオンライン辞書の音声と自分の発音とを比較
していますが、ほぼ同じ(音の抑揚等が若干異なる程度)。

・単語が聞き取れるようになった。
ふと耳にする英語(CMやラジオ)が頭に残るようになりました。
今まではノイズ同様だった音が、意味として頭に入ってくることがあります。

「ファン・クラブ通信」 第244号 (2008/08/06) ≪発音記号の [u] と [i] ≫

先週の「ファン・クラブ通信」第243号で≪生徒から発音記号についての質問
-その1≫を配信しましたが、今度は≪その2≫をご紹介しましょう。

「口と舌の形で学ぶ英語発音」、第2版、基礎編、を習っている生徒さんから
のもので、下記のように非常に鋭い質問です。
今までに弊社から発音を習ってきた全ての生徒さんにも役立つ知識だと思いま
すので、ここに紹介しましょう。
国際発音記号を使わねばならないので、次のリンクから見てください。

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc244.html

「ファン・クラブ通信」 第243号 (2008/07/30) ≪生徒から発音記号についての質問-その1≫

今回は、弊社の発音指導1回目を受けたばかりの生徒さんから寄せられた質問
を紹介します。
今までに弊社から発音を習ってきた全ての生徒さんにも役立つ知識だと思いま
すので、ぜひお読みください。

【質問内容】 
遠藤先生。
先日は迅速に第1回目の発音指導書をお送りいただき、誠にありがとうござい
ました。
懇切丁寧であたたかなご指導をしていただいたお陰で、少しやる気が出てきま
した。
今後ともよろしくお願いいたします。

ところで、ご指摘いただいた発音の仕方で、わからないことがありますので、
お教え願えれば幸いです。 
それは、[ei] と[ai] のときの[i]の発音についてです。
指導書では、「三角絞りの舌」で発音すると良いと教えていただきました。
それで練習しまして、自分なりに 「三角絞りの舌」ができるようにはなりま
した。
しかし、なぜか舌の動きが不自然で、いまひとつ身体になじみにくいのです。
舌を宙に浮かせて[i]の発音をしたほうが、私には自然に発音ができます。

ご著書の「英語脳DVD」の Page 24に、『「e」の音のときの舌先は、「C」の
位置につける場合もあり、自然に宙に浮いた状態になることもあります』と書
かれています。

[ei] と[ai] のときの [i] の発音では、舌先を宙に浮かせてもよいのでしょ
うか。 それともやはり舌先はあくまでも下歯茎につけるようにして「三角絞
りの舌」を練習したほうがよいのでしょうか。

———————————————————————–
                    
【答え】
貴方の [ei], [ai] の [i] の舌の形についての質問に対する答えです。
舌先が少し上っているか下についているかは余り問題にせず、あくまで舌の下
部を細く絞っているところが大事なのです。
「英語脳DVD-BOOK」では「舌先を「C」の位置につける」と書いてあったかも知
れませんが、この書籍を書いた当時は、弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」
第1版に基づいていたのですが、第2版を製作するにあたって、第1版のように、
「舌を必要以上にとやかく言うこと」はやめたのです。
第2版では、「8つの口の形」はやかましく言っておりますが、舌の形について
は余りうるさいことを言わないように根本的に改正したのです。
第1版での指示に厳密に従うと、色々と矛盾が生じることがあったので、第2版
では、その点を改めたのです。

[ei] は、[e] から [i] に移る際、「下顎」を動かすのではなく、「舌」を動
かして発音するのが良いのです。
その理由は「英語発音は日本語発音よりも、はるかに正確に発音せねばならず、
しかも日本語よりも速く発音されていますので、重くて動かしにくい顎よりも、
もっと軽い舌を動かして同じ [ei] を発音する方が物理の原則に適っている
から」です。
日本人は舌を動かして [e] から [i] に移ることには慣れていないので、難
しいと思うのですが、慣れてしまうと、遥かにラクであることが判る筈です。
この際教材テキスト・ブックの Frames Nos. 140~146をご覧にいれましょう。
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/hatsuon/frame140-146.pdf

また、「三角絞りの舌」と名づけている舌の形を上手に見せてくれている生徒
さんの動画がありますので、こちらも参考にしてください。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/hatsuon/video/ei-sample.html

顎を上下に動かすことは全くせずに、舌の形の変化だけで [e] から [i] に
移っているのがお分かりでしょうか。 

「ファン・クラブ通信」 第216号 (2008/01/23) ≪発音教材第2版の感想-4≫

最近の「ファン・クラブ通信」は「発音教材第2版」のことばかりを書いてお
ります。
その理由は、(1)弊社の優れた英会話勉強法の入り口に「発音」があるので、
発音が非常に重要であるからです。
(2)もう一つの理由は、第1版も非常に良い教材だったのですが、第2版は更に
遥かに良くなっているからです。

今回も引き続き、生徒さんからいただいた感想文を紹介しましょう:

———————————————————————-
自分なりに成果を感じており、教材の凄さを実感している所でした。
悩み等も無く、ただ先生のご指導についてゆけば間違いない、と楽しく未来の
姿を描いております。 と言うのも、初めは自分の至らなさを認識したくない
ものですが、この教材では自身のレベルがはっきりと分かってしまいます。
録音した自分の声を聞いたときにも 「これは英語ではない」とショックでし
たし、今まで聞き取って下さった方々に申し訳ない気持ちさえ沸き起こりまし
た。
そこでまっさらな気持ちに戻り素直に自分を認め学ぼうという気がおこりまし
た。
どなたかも書いておられましたが耳から聞き取ったものを幾ら真似ようと思っ
ても駄目なのですね。(物まねは得意な方でしたが・・)
技術が必要、修得には反復練習。

私のレベルはまだまだですがそれでも大きな成果を感じておりますし、声の出
し方も変わりました。(日本語は口先だけでも話せますが)

ネイティブの発音をする友人は日本語を話す時と英語を話す時と音声が全く違
い、私は不思議に思っておりましたが、今となっては当たり前だと気付きまし
た。

この先、行き詰まった時には、真っ先に先生に相談させて頂きます。
有難うございます。

———————————————————————-

新教材でも順調に学習を進めていらっしゃる様子に安心しました。
この方の書いておられるように、学習の最初の段階で自分の英会話のレベルを
知り、それを素直に認めることは、大切ですが、なかなか難しいことです。
とくに音声ベイスの弊社の学習法では自分が話す英語とネイティヴが話す英語
との違いを知る機会がたくさんあります。
その差に気づくことができ、少しずつでもその差を縮めようと地道に努力され
る方が、最終的に英会話をモノにできるようになるのです。