「ファン・クラブ通信」第405号(2011/09/28)≪「メール」は間違い≫

今日は日本の国語に対する挑戦をします。

最近非常に流行っている「電子メイル」を「メール」と言うのは英語では全く
間違っているのです。

もっとも日本人全体が間違って「メール」と言いたいのなら、そして書きたい
のなら、それもやむを得ないでしょう。

これは民主主義の「多数決の原理」と同じなのです。

投票の結果多数決で決まれば、それが間違っていることでも実行に移されるのです。
「メール」も同じことです。

しかし超高速で英会話が学べる「遠藤メソッド」の生徒さんなら、少なくとも
英語で mail の単語をつかうのなら、このような間違いはして欲しくないのです。

アメリカ人なら必ず electronic mail とか e-mail と言ったり書いたりします。
決して単に mail とは言わないのです。

そもそも日本人がこのような間違いをするのは非常におかしいのです。

なぜなら貴方は中学校で 「mail は郵便」だと習ってきたでしょう。

そして「郵便」即ち mail にも色々な mail があります。

surface mail : これがいわゆるmailなのです。

そして mail の前に色々な形容詞をつけると sea mail〈船で運ぶ郵便〉、

air mail 〈飛行機で運ぶ郵便〉、express mail 〈速達便〉、confidential mail〈極秘便〉、registered mail(書留便)。

そして米国では voice mail の時代があって、そのあとに出てきたのが
electronic mail なのです。

voice mail とは、発信人が受信人のコンピューター・ファイルにつけられた番号
〈電話番号のようなもの〉に 音声ファイルを放り込むものです。

そして voice mail の次に出てきたのが「電子で運ぶ mail」即ち「電子メイル」
ですから、これは当然 electronic mail と呼ばれたのです。
或いは略して e-mail とも言うのです。

何故日本人は中学で習った本来の mail の意味をけろりと忘れてしまって、
「メール」と言うと「電子メール」しかないと思い込んだのでしょうか。

単語を記憶するにしろ、単純に記憶するのでなく、もう少し意味を考えながら
記憶したら良いのではないでしょうか。 
これは日本人の「はしたない」ところで、私は恥ずかしいです。

もう一つ「はしたない」ところがあります。

それは mail は国際発音記号では [meil] で [e] を引っ張って発音するので
はないのです。 即ち、「メール」ではなく「メイル」なのです。

「遠藤メソッド」で英会話を学ぶ生徒さんは、皆このようなことを「口と舌の
形で学ぶ英語発音」の教材で厳密に学ぶのです。

今日のメルマガは「ファンクラブ通信」購読者以外にも配信しています。
「ファンクラブ通信」は迷惑メイルではなく、英会話に役立つ貴重なことしか
教えていません。

もし、毎週水曜日発行の「ファンクラブ通信」を購読されたいのなら、
次のURLより、どうぞお申し込みください:
 https://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/bk_mm.php

「遠藤メソッド」のことを知られたいのなら、次の28頁の小冊子をお申し込み
ください。 無償で、かつ郵送料弊社負担です。

「遠藤メソッド」の発音とヒアリング・スピーキングの教材の体験版DVD も
無償でお送りしています。
 http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou.html

「ファン・クラブ通信」 第151号 (2006/10/04) ≪カタカナ英語の重要性(2) ≫

前回同様今回も「カタカナ英語」をご紹介しましょう。

○英会話が上手になりたければ、まず発音を上手にすること。
○そして、日本語として使われている「カタカナ英語」の間違いを追求してい
 くと英語発音向上に大いに役立つ。

上記のような考え方から、弊社では毎週「間違いだらけのカタカナ英語」の記
事をホーム・ペイジ(http://www.pasocon-eikaiwa.com/)に掲載しているので
す。
最近この記事の購読者が増えてきていますが、それでも、ホーム・ペイジから
毎週「カタカナ英語」を見て頂いている方は 「ファン・クラブ通信」購読者の
14% にすぎません。
もっと沢山の人々に「カタカナ英語」の重要性を知って頂きたいので、今週の
「ファン・クラブ通信」でも、「間違いだらけのカタカナ英語」の記事の一つ
をご紹介したいと思います。

このような「間違いだらけのカタカナ英語」は、次の方々のお役に立てます:

○今まで英語発音に全く興味がなかった方(興味を持つようになります)

○発音が上手になりたいと思いながらも、まだ弊社の発音教材である「口と舌
 の形で学ぶ英語発音」を勉強したことがない方
(弊社教材を勉強したくなります)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」を勉強中の方
 (教材の補足として大変役立ちます)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」の勉強を終えた方
 (勉強を終えて、個々の発音記号が正しく発音出来るようになっても、
 各単語の発音記号が判らないと、やはり正しく単語を発音することが出来
 ないのです。
 「間違いだらけのカタカナ英語はこの問題解決に大きく役立ちます。)
では、次に「エイ」と「エー」の違い と言うカタカナ英語の説明をURLから
お読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.net/katakana/4.php?j=1

「ファン・クラブ通信」 第150号 (2006/09/27) ≪カタカナ英語の重要性(1) ≫

○英会話が上手になりたければ、まず発音を上手にすること。
(Endo Methodを勉強されると、この理由が判ります。
次の2つのURLをご覧ください)

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/kyouiku/houshiki/zenbou.html
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/houhouron/sokushu.html

○そして、日本語として使われている「カタカナ英語」の間違いを追求してい
くと英語発音向上に大いに役立つ。
上記のような考え方から、弊社では毎週「間違いだらけのカタカナ英語」の記
事をホーム・ペイジ(http://www.pasocon-eikaiwa.com/)に掲載しているので
す。
最近この記事の購読者が増えてきていますが、もっと沢山の人々に「カタカナ
英語」の重要性を知って頂きたいので、今週の「ファン・クラブ通信」では、
「間違いだらけのカタカナ英語」の記事の一つをご紹介したいと思います。

このような「間違いだらけのカタカナ英語」は、次の方々のお役に立てます:

○今まで英語発音に全く興味がなかった方(興味を持つようになります)

○発音が上手になりたいと思いながらも、まだ弊社の発音教材である「口と舌
 の形で学ぶ英語発音」を勉強したことがない方(弊社教材を勉強したくなり
 ます)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」を勉強中の方(教材の補足として役立ちます)

○「口と舌の形で学ぶ英語発音」の勉強を終えた方(勉強を終えて、個々の発
 音記号が正しく発音出来るようになっても、各単語の発音記号が判らないと、
 やはり正しく単語を発音することが出来ないのです。
「間違いだらけのカタカナ英語はこの問題解決に大きく役立ちます。
では、次に「デート」と言うカタカナ英語の説明をURLからお読みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.net/katakana/3.php?j=1

「ファン・クラブ通信」 第141号 (2006/07/26) ≪ 「再度」カタカナ英語 ≫

ここ13週間連続で「カタカナ英語」を弊社のホームペイジ
http://www.pasocon-eikaiwa.com/)に連載しております。

これは未だ弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」で英語発音勉強をしておられ
ない方のためのものです。

しかし、これは既に弊社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」の勉強を終了された
方にも、また現在勉強中の方のためにも、非常に役立つと思います。

「口と舌の形で学ぶ英語発音」を勉強された方は個々の国際発音記号は正しく
発音出来るようにはなっています。
そして、そのあと国際発音記号を結びつけた英単語、更には英単語を結びつけ
た英語文章の練習も一通り勉強はしてもらっています。
しかし、それでもなお、非常に基本的なところで迂闊な間違いをする人が沢山
おられるのです。
それは皆さんの母国語である日本語発音の影響を完全には断ち切れていないか
らです。

簡単な例を言いますと、「エイ」と [e] と [i] の二重母音で発音すべきとこ
ろを「エー」と「エ」を伸ばして発音し「イ」を発音しない誤りです。
即ち:
キャンペイン、バリエイション、インフォーメイション、エジュケイションを
キャンペーン、バリエーション、インフォーメーション、エジュケーション
と発音してしまっているのです。 

このような初歩の誤りは、すぐに改善してください。 このようなことを狙っ
て「カタカナ英語」を毎週ホームペイジに掲載しているのです。

「ファン・クラブ通信」 第127号 (2006/04/19) ≪カタカナ英語 (8)≫

この「ファン・クラブ通信」で7回にわたってカタカナ英語の改良の必要性を
説明してきました。
ここまでをジックリ読んでこられると、カタカナ英語改良案に無関心、あるい
は否定的であった方々も、これから本格的に私が取り組もうとしている「カタ
カナ英語改良運動」に参加して頂けるでしょうか。
ただし、この改良運動は「日本全国規模」で行うものではなく、あくまで
「Endo Method 同窓会レベル」だけで行うものです。
もって同窓生だけの英会話レベルを上げることが目的です。

本年2月1日付けの「ファン・クラブ通信」の『カタカナ英語(1)』で、今後
「カタカナ英語」を定期的に弊社のホウム・ペイジで取り上げることの賛否を
問うた際は、読者の反応が低調だったのです。
今回は「カタカナ英語改良の必要性」につきこの「ファン・クラブ通信」で数
回にわたって説明させて頂いた上での皆さんの反応を知りたいのです。
次に「アンケート」を取らせて頂きますが、今回の「アンケート」の反応が低
調な場合には、今後「カタカナ英語改良」の記事をホウム・ペイジに掲載する
ことは致しません。
ですから、「カタカナ英語改良案」を今後ホウム・ペイジでご覧になりたい方
は是非積極的にご応募ください。

「アンケート」記入の前に本年2月1日の第116号より前回第126号までの「カタ
カナ英語」の記事を再度読まれたい方のために、それぞれの URLを下記しまし
た。

カタカナ英語(1) 英語発音向上のために先ずカタカナ英語を改善しよう
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc116.txt

カタカナ英語(2) カタカナ英語と中国人
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc120.txt

カタカナ英語(3) カタカナ英語と中国人の続き
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc121.txt

カタカナ英語(4) カタカナ英語改善に反対する人
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc123.txt

カタカナ英語(5) カタカナ英語改善から単語の意味理解を深める
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc124.txt

カタカナ英語(6) 漢字で英単語表現をする中国人は、日本人より返って正し
い英語発音が出来る
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc125.txt

カタカナ英語(7)日本語50音と国際発音記号の関連付けによって正しいカタ
カナ英語にもなれる
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc126.txt

 

◆◇◆アンケート◆◇◆

弊社の意図は、このようなことを通じて皆様の英語発音についての関心を深め、
誤りを正して頂き、苦痛なく、楽しみながら、気軽な気持ちで、徐々に正確な
英語発音へと進んで頂くことにあります。

「正確な英語発音」の教材として弊社では極めて充実した教材を用意していま
す。(教材名の下のURL をクリックすると詳細が見られます)

★「英語脳DVD-BOOK」(主婦の友社発行の書籍と添付の無償 DVD 1枚)
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/eigonou/eigonou.html

★「口と舌の形で学ぶ英語発音」(CD-ROM 3枚)
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hatsuon/shouhin-k.html
これらの教材にすんなりと移行出来るようにするのが「カタカナ英語」の目的
です。

この「カタカナ英語」につき貴方のご意見を伺いたいと思います:
次のURL をクリックしてアンケートにご協力ください。

http://www.pasocon-eikaiwa.net/fanclub/research/enq.php

「ファン・クラブ通信」 第126号 (2006/04/12) ≪カタカナ英語 (7)≫

誤ったカタカナ英語を駆逐するには国際発音記号意識を高める必要があります。
その意味では、日本語の「50音」と「国際発音記号」を対比して考える習慣を
つけることが望ましいと思います。
次のURL をクリックしてください。

日本語50音と国際発音記号
http://www.pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/126.html

これらを十分理解することにより、今まで余り注意を払っておられなかった国
際発音記号の厳密な考え方がつかめると思います。

「ファン・クラブ通信」 第125号 (2006/04/05) ≪カタカナ英語 (6)≫

日本人は英単語を皮相的に発音だけで、しかも発音をひん曲げて、日本語内に
取り入れているのに対し、中国人は英単語の意味を考えて、その意味を漢字化
して中国語に取り入れていることは既に説明しました
(「ファン・クラブ通信」第120号
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc120.txt)。

日本人が英単語を英語発音のまま日本語に取り入れる際に、せめて発音を正確
に取り入れれば、これは英語勉強に直接結びつくのですが、取り入れる際に
「発音をひん曲げて」取り入れるところに問題があるのです。
これでは英語勉強には役立たないのです。

既に「ファン・クラブ通信」第118号(2006年2月15日
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc118.txt) でシンガポール在
住の私の生徒さんが recently を「レセントリー」とカタカナ英語で覚えてい
て現地で通じなかったことを報告しましたが、同様なことはアメリカに1年程
住んでおられる私の生徒さんも経験しておられます。
この方は次のように言っておられます:

「ファン・クラブ通信のカタカナ英語についてですが、カタカナで覚えている
単語(ルーレットなど)を発音するときに、本当に通じなくて苦労します。
(日本語の)カタカナ発音を知らない方が、かえってよっぽどましだと思いま
す。」

ちなみに roulette [rulet] の発音記号は「レ」のところにキツいアクセント
があることが特徴です。
[ru:] と「ルー」を引っ張って発音する場合もありますが、大抵は [ru] 、と
「ル」を短く発音するのです。
即ち、カタカナで書くと「ルレット」となるのです。 
「ルーレット」と聴きなれている日本人には「ルレット」とネイティヴに言わ
れると聴き取れないのです。

一方中国人は漢字化して英単語を中国語に取り入れると言いましたが、ここで
彼等は賢いことをしているのです。
一般的には全て漢字化して英単語を取り入れているのですが、彼等のインテリ
層では、仲間同士しばしば英単語を英語発音のままで中国語に混ぜてしゃべる
ことが流行してきています。
そして、その際には正確なネイティヴ発音でしゃべることが原則で、この際に
下手な発音で英単語を使うと馬鹿にされるのです。
一方ネイティヴ発音でしゃべると尊敬されるのです。

これを考えても、英語勉強態度については、どうしても中国人に軍配を上げざ
るを得ないのです。

このようなことも考えて私の英語カタカナ正常化運動にご協力を頂きたいので
す。