「ファン・クラブ通信」第378号(2011/02/16)≪英語耳の作り方-その2≫

先週の「ファン・クラブ通信」第377号では、英語耳をつくるためのパイオニア製 
femimi (フェミミ)をご紹介しました。
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc377.txt

従来お奨めしていた Bio Listeningと違って携帯性、移動性があり、価格も
Bio Listeningの半額の 25,000円と安い、英語発音子音領域 (1,000~4,000ヘルツ)
の増幅器です。

つきましては、この際今まで弊社が販売していた Bio Listening のユーザーに
子音領域の増幅がどれほど英語耳作りに役立つかをお尋ね致したく、
Bio Listening ユーザーの体験談を募集させて頂きます。
応募者にはお礼の意味で、弊社ホーム・ペイジで販売しています「趣味の陶器」
の中から1点を、無償でお送りさせて頂きたいと思います。

ふるって体験談をお送り頂きますようお願いします。
そして、その際には、価格 2,000円以内のご希望の陶器の品番をお知らせください。
「趣味の陶器」は次のURLです:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/touki/top.html

広告

「ファン・クラブ通信」 第377号 (2011/02/09) ≪英語耳の作り方≫

新製品の発表なので、今回は「ファン・クラブ通信」購読者以外の方にも配信
しています。

弊社では英語耳を育てるために役立つ補助器具として、Bio Listening を販売
しておりますが、Bio Listening は (1)「移動性が無い」こと、即ち「ネイテ
ィヴ英語の音源をパソコン又は英語放送テレビから取り出してアンプリファイ
ヤー経由ヘッドフォーンに繋ぐ必要がある」そして、(2)5万円と高価、とい
う2つの欠点がありました。

そこで、もっと手軽な値段で、持ち運びもできるfemimi (フェミミ)VMR-M78
を紹介します。パイオニア製の、音声増幅器です。

この femimi は、アンプリファイヤーを胸のポケットに入れて、そこから両耳
まで線をだしてヘッド・フォーンで聴けるので、どこでも持ち運びが簡単です。

価格は、Amazon から購入されると、定価34,650円のものが、25,000円です。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/recommend/main.html

femimi を使うと、低域・広域の生活雑音を抑え、会話音声帯域を中心に増幅
するので、重要な会議や講義等で聴き取りづらい声をクリアに聴き取ったり、
夜間、あまり大きな音を出したくない時、テレビの音量を上げずに視聴したり、
映画や観劇などを遠い座席から楽しんだりすることができます。

しかし、弊社の目的は、femimi を弊社発音教材の「口と舌の形で学ぶ英語発音」
の補助器具として英語耳を作っていただくために、使っていただくことです。

日本人は、人間がしゃべるのを聞いているとき、母音領域の 1,000ヘルツまで
は良く聴こえますが、英語音声に多数含まれている子音領域の 1,000~4,000
ヘルツを聴き取るのが困難です。
これが、日本人が「英語の発音は聴き取りにくい」と感じる原因です。

子音領域の 1,000~4,000ヘルツが実際に耳でキャッチできていないわけでは
ないのですが、この周波数帯は日本人にとって意識にのぼりにくいのです。
もちろん日本語にも、k, p, t, s などの子音はあるのですが、英語では特に
子音が非常に重要なので、彼らの耳は子音を特に意識して聞いているのに、
日本人にはそれができないのです。

femimi はこの子音領域をアンプリファイして聴くことができます。
2~3ヶ月 femimi で英語発音を聴き続けていると、その後は femimi をはずし
ても子音が聞きやすくなるのです。
これを「英語耳」といいます。
しかしそのあと長く femimiをはずしていると再び「日本語耳」に戻ってしま
うこともあるので、再度 femimiを使う必要があるようです。

femimi は、弊社のサイトからは販売せず、皆様にはamazon の販売ペイジを紹
介するだけですが、もしamazon や、他のサイトからfemimi を購入された方は、
是非弊社にお知らせ下さい。

femimi を使った効率的な英語発音練習法の指導をさせていただきます。

「ファン・クラブ通信」は、このように、英会話学習に役立つ情報を提供し
ています。 まだ購読していない方は、次のURLよりお申し込みください:
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/bk_mm.php

「ファン・クラブ通信」 第247号 (2008/08/27) ≪ 発音教材無料体験 ≫

弊社は英語発音から入って、最終的には「ヒアリング・スピーキング力」を着
実につけることをしているのですが、最初の発音教育でもどれほど素晴らしい
ことをしているかを知って頂くために、今般無料で教材の重要な部分をご披露
します。
これを勉強されると、なるほどここまで徹底して練習すれば、発音が上手にな
るのも当然だと言うことがお判り頂けるでしょう。

【無償教材をご希望の方は、次のURL をクリックし、氏名とEメイル・アドレス
を記入してお申し込みください。】

https://pasocon-eikaiwa.net/new/hatsu-taiken/info.html

発音教材の重要部分とは、次のような発音記号なのです。
それはスペルにアルファベットの “r”が含まれている単語に含まれている発
音記号なのです。
これをマスターすれば、貴方の英語発音も目だって良くなるでしょう。

これには次のようなものがあります: (発音記号フォントはE-mail 文面では
正しく表示されませんので、次のURL をクリックしてご覧ください。)

「r 系統の発音」
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc247-1.html

これらの9つの発音記号が含まれている英単語は、英語の中でも、原始的な、
基本的な、易しい、始終使われる単語なのです。
ということはアメリカ人にとっては、この 「r系統」の発音は難しいのでは
なく、動物的に、最も発音しやすい、やさしい、好きな、発音なのでしょう。
日本人にとっては非常に難しい発音だとしても、これをアメリカ人と同様に、
容易く、気楽に、発音できるようにならないと、真に英語が楽にしゃべれるよ
うにはならないのです。 ですから非常に重要な発音記号なのです。
(注:英語国民と言わずにアメリカ人と敢えて言っているのは、アメリカ語と
イギリス語との発音には、この「r 系統」の発音に違いがあり、アメリカ語の
「r 系統」の発音だけが、非常に響きのある特徴的な発音なのです。)

英語は国際語ですが、その中でもアメリカ語発音が最も世界で影響力のある発
音ですので、貴方にも、このアメリカ語発音を勉強して頂くのです。

例えば中学1年の初めに習う you のあとに使われるbe 動詞の are は、この
r 系統の発音の中にある8番目の発音記号です。
他にも簡単な car, park, dark なども同じ8番目の発音記号が使われています。
また、bird, work, girl, third などには、同じ r 系統の1番目の発音が含ま
れているのです。
このような例がどれほど沢山あるかを更にご紹介しましょう。
皆さん既にご存知の易しい単語ばかりでしょう。
(ここでも発音記号を使用していますので次のURL をクリックしてご覧ください)
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc247-2.html

そして、これらの r 系統の発音は日本人には非常に難しい発音で、普通の発
音勉強では、なかなかものにならないのに、弊社はこれを、比較的簡単にマス
ターできるコツをお教え出来るのです。
中学1年で英語を始めて教わる時に、このような単語が頻々に出てくるので、
まず中学の初めで、これらの発音記号は学んでおくべきでしょう。
最近は小学校からでも英語を教える方向にありますが、その時もやはりこれら
の発音記号は当然学んでおくべきでしょう。

上記の9種類の r 系統の発音記号に加えて、[ei] と [ou] も含めています。
この2つの発音は難しくないのですが、殆どの日本人は、これらを間違えて
[e], [o] の長音だけで発音しているので、この悪い癖を直してもらうためです。
具体的には、間違って デート、ゲート、メール、ペース、ケーキ と言ってい
るのが、デイト、ゲイト、メイル、ペイス、ケイク であり、又 ホール、ポール、
ボート、コート(外套)、ホーム と言っているのが、ホウル、ポウル、ボウト、
コウト、ホウム が正しいのです。

無料申し込みを、まだしていない人のために、再度クリックボタンを設けました。
https://pasocon-eikaiwa.net/new/hatsu-taiken/info.html

従来の音声学とは全く異なった、分かりやすく身につきやすい弊社の発音教材を
ぜひ体験してください。

「ファン・クラブ通信」 第149号 (2006/09/20) ≪”ex” の発音 ≫

ある生徒さんからあった質問ですが、どなたにも役立つことだと思いましたの
で、「ファン・クラブ通信」で取り上げることにしました。

“ex”で始まる英語が多くありますが、[eks], [iks], [egz], [igz] と4通りの
発音があります。
この4つの発音を区別する方法があるか、との質問です。
区別するルールがあります。 ただし、余り正確なルールではありません。 
■[eks]または[iks]と発音するもの:
ex のあとに清音の子音が来る場合
[eks] と発音するもの:
最初の e に第1アクセントがある。
第1アクセントの位置にはアンダーラインをひきました。

excavate, excellent, execute, exile
~         ~          ~        ~

最初の e に第2アクセントが入る
exchange, excise, excite, exclaim, exclude, excursion, excuse, exhale,
    ~        ~       ~        ~        ~       ~~         ~       ~
excavation, except,  exception,
     ~         ~         ~

[iks] と発音するもの: 最初の e にアクセントが無い
(しかし[eks] と余り違いは無い。
「第2アクセント」と「アクセントが無い」の区別がはっきりしない:)

exceed, excel, except, exception, exchange, excite, exclaim, exclude,
   ~~      ~      ~       ~           ~        ~        ~~       ~   
excursion, excuse,
   ~~         ~
■[egz]または[igz]と発音するもの

ex のあとに母音が来る場合
[egz] と発音するもの:exam, exert, exact, exotic,

[igz] と発音するもの:[egz] と同じ単語