「ファン・クラブ通信」 第307号 (2009/10/21) ≪「本能を生かす! 英会話」感想をいただきました≫

高速英会話学習法 遠藤メソッドの効果を体験できる「本能を生かす!英会話」
CD-ROM は、10/14 のファン・クラブ通信第306号にて値下げを発表したことも
あり、現在注文が殺到しております。 まことにありがとうございます。

今回は、この「本能を生かす! 英会話」を購入された方からいただいたメッセ
ージを紹介します。

======================================================================

私は企業で35年間航空機の設計の仕事をして、定年後、現在の大学で学生に
航空機等を教えております。

会社に入ったときに担当した航空機の搭載エンジンが英国製であったこと、
また長い間日米共同開発の仕事を担当したこともあり、英語には人一倍苦労し
てきました。

「遠藤メソッド」 が私の若いころに開発されていれば、もう少し苦労せずに、
英語が身に付いただろうとの思いで、先生の著書等を購読させて頂いておりま
す。

仕事で英語でのコミニュケイションに散々苦労した私は、「遠藤メソッド」は
英語の正しい習得法であると考えます。

これからも「Endo Method」 の普及に御尽力願います。

======================================================================

T.K. 様、掲載の許可をいただきありがとうございました。

この方は日本の最先端技術をきわめ、非常な努力を重ねながら必要な英会話力
をつけてきた方ですが、紆余曲折を経た結果、あまり英会話力が伸びずに悩ん
でいる方もたくさんいらっしゃるでしょう。

効率的でない学習法にとらわれて回り道をしている人に、遠藤メソッドが提唱
する理にかなった学習法を知っていただき、ミニマムの時間及びコストで個人
生活に役立つ英会話力を身につけていただきたいというのが弊社の切なる願い
なのです。

本能を生かす!英会話は \1,000 で、この理にかなった「遠藤メソッド」の体
験ができます。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/infocart/honnou/index-iei.html

次のURL の「英語学習の12の盲点」も、英会話学習で伸び悩んでいる方への重
要なヒントがたくさん得られるでしょう。こちらは無料です:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/left02-mouten.html

「ファン・クラブ通信」 第253号 (2008/10/08)≪子供の英会話教育-補足≫

Endo Methodに最も信頼を置いて頂いている生徒さんの一人からの投稿文です。
本人は現在お体が悪くて英会話勉強を中断されているのですが、ご自分の娘さ
んだけには今からすぐに Endo Methodで英会話を習わせたいとのお気持ちをそ
のまま文章にされたのです。

============================================================

我が家の上の娘は来年小学校で、今5歳です。
早生まれなので来年1月でやっと6歳です。
マウスは使うことが出来ます。 早くはじめるほうが良いということも読みま
したが、一方で子供は体系的に理解するのは苦手であきやすい、という説明も
SBC サービス(株)のHPにあり、うなずけます。
(国際教育研究所注:SBC サービス(株)のホーム・ペイジは次をご覧くだ
さい。 http://www.sbcservice.co.jp )

今はお稽古事ではエレクトーン、それから書道は私が教えていますが、10分集
中力が持続すればよいほうだと思います。
反復練習はもちろん嫌がるし、お稽古事の継続は指導者の引っ張りかたにかか
っている感じです。
いやにならないよう、うまく誉めたり楽しませたりしながら導いていかないと
続きません。

先日たまたま中央出版の英語教材のサンプルDVD が届き、見せたところ物凄く
喜んで、寝てもさめてもそればかりになった1週間がありました。
DVD の中は英語の歌や会話、アニメなどでした。
それらを勝手にリピートしたり踊ったりして楽しんでみています。
でも、やはりそれで英語が出来るようになるとはとても思えませんし、そのう
ち飽きてしまうのだと思います。
そのDVD は、NHK 教育の幼児用番組と似たような感じなので、流しておけば平
気で20分以上見つづけていますが、その20分が、Let’s Goで学習する20分とと
ても同じ質とは思えません。
それなら、Let’s Go で質の高い10分を英語に費やしたほうがいいように感じま
した。

私自身が英語を出来るようになりたいと思いながら、子供はあまり考えていな
かったのですが、そうか、子供の英語も考えてあげなくてはと思っていたとこ
ろでした。

でも、友人に聞いても、英語教材はたいしてどれも効果が無く、せいぜいちょ
っと慣れる程度だよ、と。
高価な教材を買った友人も、過去に戻れるものなら、過去の自分に買うのを止
めるように言いたい、あのお金を別のことにつかったほうがよっぽど良かった、
といい、宣伝に出てくるような子供は、よっぽど親が介入して頑張って、そこ
までのレベルになっているのだと聞いて、それではちょっと選択できないなと
思っていました。

Endo Method での子供への英語教育についてのページ
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/shiryou/introduction/index_kds.html)
で、子供に英語を教えるのはあくまでも良質の教材で、人間が教えるのではな
い。
でも、人間が全く介入しないでよいかというとそうではなく、人間はコーチン
グという面で重要な役割があるというのを読み、私が求めているのはこれ、と
思いました。

忙しい毎日の中、自分が子供の英語教育の主体になるのはかなり難しい。
でも、塾では絶対的に時間も足りないし費用もかかりすぎるし、送り迎えの手
間もありすぎるから現実的でないのです。

先生、私はいま自分の英語学習にはちょっと手が回りません。
でも、子育ては待ってはくれません。
病気になり、自分にとっての最優先事項は何だろうと本気で思ったとき、家族
の為のことはやっぱり自分にとって人生で最優先する事項と思いました。
あれもこれもやりたい自分でしたが、無理は禁物、と、優先事項は残し出来な
いものはあきらめて手放すようにしてきたこの数ヶ月間でした。

子育ては最優先事項と思っている私は、子供の英語を今考えてあげようかと思
いはじめました。

私が選択する子供の為の英語教育、Endo Method にするのが当然の流れです
し、そういった環境がある今、ほかは考えられないなと言う気持ちです。
そして、5歳の、それも集中力がたいしてもたない小さな我が子が、今から
Endo Method をはじめることで将来どのように英語を習得していくのかを、こ
の目で見てみたいのです。

まだまだ可能性を秘めた小さな娘がいまからEndo Method に触れることがで
きて、今からはじめられるなんてなんてうらやましい話でしょう!

私の学習はちょっとストップしてますが子供の為にやってみたいのです。

5歳の子が興味をもって続けられたら、下の子は来年には3歳です。
マウスを使えれば、3歳スタートも可能ですね。

なんだかとてもわくわくし、楽しみになってきます。

自分の学習時間が取れずに英語ができないこと、本当に残念で寂しく思ってい
たのですけれど、なんだか子供を通してEndo Methodにつながれるという道が
見えたことで、楽しくウキウキした気持ちになってきて、ついつい長くなって
しまいました…。

「ファン・クラブ通信」 第246号 (2008/08/20) ≪生徒からの感想文≫

今回は、生徒から寄せられた感想文を紹介します。
投稿者はA.S. さんで、かなり英語レベルの高い方です。

———————————————————————

仕事先ではありがたいことに、英語を使う機会を得ていて、DynEdで学習した
ことがとても役に立っています。
発音から始めて3ヶ月あまり、遠藤先生のメソッドで学習させていただき、
本当によかったと感謝の気持ちでいっぱいです。

自分なりに一生懸命に学習に専念させていただきました。
特に遠藤メソッドと出会うきっかけとなった発音の学習は私の英語学習に本当
に役立ちました。
先生に直々にご指導いただいたことは私の財産だと思っています。

———————————————————————