「ファン・クラブ通信」 第240号 (2008/07/09) ≪非常に役立つスクーリング-4≫

ヒアリング・スピーキング教材「New Dynamic English」
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/360c/hs.html)のスクーリングを受けた
生徒から寄せられた感想文をご紹介します。

今回は在米の方ですが、周りにたくさんネイティヴがいる状況でありながら、
彼らはいちいち発音の間違いを指摘してくれないので、ずっと間違いに気づか
なかったということ、そのことを弊社のスクーリングで指摘されて初めて気づ
いたこと、などを報告してくださっています。

New Dynamic English は基本的に独学ですが、発音指導と同様、独学の経過を
チェックするためにスクーリングを行う場合があります。
今回の感想文のように、発音の細かいところまで懇切丁寧な指導を行っていま
す。
詳しくは次のURL をご覧ください。
「1対1の個別指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

T. Y. さん

今回のスクーリングで大きく分けて4つの効果がありました。

1、マイクロフォーン・ボタン押し回数が何回くらい必要なのかわかった。
2、発音再チェック
3、勉強の効果を自分で確認し自信を取り戻した
4、今の自分に最も合った勉強法

マイクロフォーン・ボタン(自分の音声を録音するボタン)の押し回数は終了
してみないと自分が何回押しているのかがわかりません。
私の場合、Module 6でリピート・ボタンが3630回、マイクロフォーン・ボ
タンが4853回でマイクロフォーン・ボタンについては遠藤先生の推奨する
5000回にかなり近い数字でした。
しかし、その回数で本当に実力が着いているのか、音声としてあたまにこびり
ついているのかは疑問がありました。

スクーリングでの遠藤先生からのアドヴァイスでは、やはりもう少しマイクロ
フォーン・ボタンの回数を増やした方がよいとの結果。
考えてみると練習し始めの何回かはマイクロフォーン・ボタンを押し、詰まっ
てはもう一度押し、を繰り返し、ろくに何も言えていない回数がかなりあるは
ずだと気づきました。

今まではいくつかの文章をまだ上手く言える自信はないけれど、進度パーセン
テージが90%を超え、マスタリー・テストで100点が取れると次のModule
に進んでいたのです。
がやはり進度パーセンテージが100%近くなるまでするべきだと思いました。
90%~95%だと最後の詰めが甘いような気がします。
残りの10~5%が遠藤先生が指摘した「もう少しマイクロフォーン・ボタン
が必要」という「もう少し」に当たるのかもしれません。

スクーリングの際、間違った発音、上手く言えていない発音、自分では気付か
なかったであろう間違いにいくつか気付くことができました。
‘together’という単語はge の e の発音に y を混ぜて発音していました。
カタカナでいうと「トゥギャザー」となっていたのです。その時は遠藤先生が
もう一度正しい発音で言ってくれ、私が繰り返すだけでした。
あとで辞書で発音記号を確かめてみてはっきりと自分の間違いに気付きました。
そして私は g と e の組み合わせの発音が苦手だと発見したのです。
そうなるとその他の単語も芋づるしきに出てきました。
’gigantic’’guarantee’ (guaの発音) などなど。

もう一つ指摘された発音は’month’の複数形の’months’ですが、
(ths の部分)個々では発音できるのに文章のなかでははっきり発音できず聞
こえていないことが分かりました。

私は今在米なのですが、こちらの人は私の発音を逐一指摘して訂正などしてく
れません。
気になる発音をしつこく尋ねればOKかそうでないかくらいの判断はしてくれ
ます。
ですが実際よく使う’together’の発音など指摘されたことはありませんでし
た。
つたない英語だと周りの人は内容を推測してくれ、聞き取りにくくても理解し
てくれるのです。
誰も私の英語力を向上させようと必死にはなってくれません。
海外に来ようとも、頼れるは本当に遠藤先生の熱心な指導と自分の勉強量だけ
なのです。

今回のスクーリングの後から勉強にかなり熱が入るようになりました。
個人指導のおかげだと思います。

私は人より進度は遅いけれど、この方法で順序で間違ってはいないのだ、と確
かめることができます。
自分の進度とそれとともに本当に実力が着いているかを実際に確認してもらう
ことはこれから先に進んで行くためのバネになりました。
英語の生活にどっぷりと浸かっていると自分が少しくらい進歩したところで英
語の世界は無限に目の前に広がっているのですから、自分の実力の微々たる進
歩などにはなかなか気付けないものです。
そのせいか、反対にどんどん自信をなくしてしまっていたのです。

それから最後にこのままNDE(New Dynamic English) を終わらせるよりもDBE
(Dynamic Business English) に進んだ方がよいと言われました。
遠藤メソッドもどんどん進化しているようです。
自分に合った勉強順序や最新情報を得るためにも遠藤先生から直接指導を受け
てよかったと思います。
これから、何としても英語をものにするまでしっかりしがみついて行くつもり
です。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

「ファン・クラブ通信」 第239号 (2008/07/02) ≪非常に役立つスクーリング-3≫

先週に引き続き、ヒアリング・スピーキング教材「New Dynamic English」
(http://www.pasocon-eikaiwa.com/360c/hs.html)のスクーリング感想文を
ご紹介します。

New Dynamic English は基本的に独学ですが、発音指導と同様、独学の経過を
チェックするためにスクーリングを行う場合があります。
詳しくは次のURL をご覧ください。
「1対1の個別指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

H. Y. さん

いつもお世話になっております。
本日はスクーリングをして頂きありがとうございました。
お陰でこれからDynEdを進めて行く上での課題が分かり、DynEdをす
る意義を再認識致しました。

DynEdの教材に同梱されていた『DynEd CD-ROM マニュアル』
という冊子の“英文法が大事”、“単数/複数の観念を持ち、冠詞の違いを正
確に知りながら CD-ROMを注意して聴くのと聴かないのとでは、
アメリカ語のリスニング増強の上で大きな違いが出てくる”との文章が心に残り、
英文法を正しく早く理解しなければと、そちらに気を取られておりました。

DynEdの目的は、まずは音声ベースで英語を身に付ける事だったのですね。
スクーリングに対しての私個人の至らぬ考えを述べさせていただこうと思いま
す。
スクーリングは意義があるので、していただければ嬉しいです。
ですがその意義がどれだけ大きいかは、受けてみないと分かりません。
それは国際教育研究所の今迄の資料にスクーリングについて詳細に書かれ、そ
の意義を述べた物がないからだと思います。

発音指導と同様にコースにあらかじめ入っているのが助かります。
コースとは別で、新たな支払いでの申し込みになるとスクーリングの意義を理
解していない人や遠藤先生に対して恐縮・遠慮してしまう人は申し込まないと
思います。 (国際教育研究所注:現在では別料金となりました)

遠藤先生に対し恐縮・遠慮してしまう人というのは、遠藤先生が多忙である事
や今迄の経歴・実績を考えたり、ファン・クラブ通信の文章や掲示板での受講
生の方との応答を読み、とても論理的に物を考えられ、その意味で厳しい方な
のだと想像してしまうのではないかと思います。

私はスクーリングを受けさせていただいたので、包括的な視点での課題から詳
細な課題まで指摘して頂けた事によりその内容の濃さ・意義が認識出来ました。
今後も今回の課題が克服されているか、又、新たなその時点での課題は何か、
軌道外れの学習をしていないかを指摘して頂けるなら有料でも受ける価値があ
ると思いました。
そして文字だけでは分からなかった遠藤先生の温かい人間性に直接触れさせて
いただき、物質のみに囲まれた無味乾燥な独学をしていての孤独感の寂しさが
ありましたが、活気を得た気がしました。
これは私が一人暮らしの為でそうでない方には関係ないかもしれません。

私が考えるスクーリングの良さは以下になります。
【私が考えるスクーリングの良さ】
◎DynEdをしていてのその時点での課題を指摘して頂ける。
◎学習方法が間違っていたら軌道修正をして頂ける。
◎無味乾燥な学習になりがちの中で、直接遠藤先生と話す事により、精神面で
の安定感を得られる。
◎ e-mailより要領を得た応答が出来る。(e-mailだと質問し忘れたりする事
 が訊け、その場ですぐ返事が頂けるなど)
◎直接、遠藤先生の見識に触れ、それまでの資料等では得られなかった知識を
得たり出来、学習に自信を持ち、より一層やる気が出る。

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

スクーリング感想文シリーズは次週で最後です。 楽しみにお待ちください。

「ファン・クラブ通信」 第238号 (2008/06/25) ≪非常に役立つスクーリング-2≫

先週に引き続き、ヒアリング・スピーキング教材「New Dynamic English」の
スクーリング感想文をご紹介します。

New Dynamic English は基本的に独学ですが、発音指導と同様、独学の経過を
チェックするためにスクーリングを行う場合があります。
詳しくは次のURL をご覧ください。
「1対1の個別指導」
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/online/schooling.html

*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*

New Dynamic English スクーリング感想文

W. M. さん

penetで学ばれている方々は沢山いらっしゃると思いますがその中から私など
が意見を言える機会を与えて下さり本当にありがとうございます。
他の会員の方々にはあまり参考にはならないと思いますが、感じたままに書き
たいと思います。

何と言っても、「直接」 先生に自分がしゃべったセンテンスを聞いてもらえる
と言う事、そして改善しなければならない点がある時は「直接」 指導をして頂
けるという事 この2点は非常に価値のあるものだと思います。
しかし、この価値は一度スクーリングを受けてみないと分からない物だと思い
ます。

音声認識で、自分はきちんと発音しているつもりなのに、パソコン側が認識し
てくれず、何度も何度も繰り返してしゃべる。
それでも認識してくれない・・・。
きちんと認識されるしゃべり方の通りにしゃべっても、認識されないという苦
い経験が私にはありました。

「何十時間も反復練習したセンテンスパターンが認識されない」と言う事は
私にとって非常に残念なのもでした。 苛立ちさえ感じました。
そんな時に先生のスクーリングを受けた結果、自分の発音は、自分が思ってい
るよりもきちんとできているんだ、と自覚する事ができました。
これは私にとって例えようの無い非常に大きな自信につながりました。
「今後も自信をもって勉強に取り組もう」と言う、「更なるやる気」を起こさ
せてくれました。
「毎日コツコツと継続する事」がどれほど大切なのもなのか、を再確認する事
ができました。

私的に思うことは、独学の欠点は自分の中に閉じこもりやすいという点です。
何か不調に陥った時に自分だけで悪い方に考えてしまいがちになるのではない
か、という点です。
もしそれに陥った時にその状態のまま学習を続けていると、大きなストレスを
抱え、勉強する気が失せてしまうという致命的な結果を招く事にもなりかねな
いと思います。

スクーリングは、この様な状態を一気に解消してくれる非常に価値のあるもの
だと思います。
また、英会話を学習する上で最も大事な「やる気」を奮い立たせてくれるもの
です。

ありがとうございました。