「ファン・クラブ通信」 第321号 (2010/01/27)≪オバマ大統領の演説-その3≫

オバマ大統領の演説 – 序文及びその1, 2を読んでおられない方は次のURLをお
読みください。
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc312.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc315.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc317.txt

Now, I am beginning my journey here/for a simple reason.
Since taking office,/ I have worked to renew American leadership/
and pursue a new era of engagement with the world /
based on mutual interests and mutual respect.
And our efforts in the Asia Pacific will be rooted,/ in no small measure,/
through an enduring and revitalized alliance /between the United States and Japan.

日本で外遊を始めた理由は簡単です。
大統領になってから、私は米国の指導力を一新しようとし、
相互の利益と敬意に基づく新しい時代の世界へのかかわりを追求してきました。
そしてアジア太平洋地域での我々の努力はかなりの部分、
新しい活力を与えられた不朽の日米同盟を通じてなされていくことになるでしょう。

From my very first days in office,/ we have worked to strengthen the ties/
that bind our nations.
The first foreign leader that I welcomed to the White House/
was the Prime Minister of Japan,/ and for the first time in nearly 50 years, /
the first foreign trip by an American Secretary of State, Hillary Clinton,/
was to Asia,/ starting in Japan. (Applause.)
大統領就任の直後から、私は日米を結んでいるきずなを強くしようとしてきました。
ホワイトハウスに迎えた最初の外国の指導者は日本の首相です。
ほぼ50年間で初めてのことですが、米国務長官として、ヒラリー・クリントン
が初の外国訪問にアジアを選び、それは日本から始まりました。

In two months,/ our alliance will mark its 50th anniversary/
— a day when President Dwight Eisenhower stood next to Japan’s Prime Minister/
and said that our two nations were creating “an indestructible partnership”/
based on “equality and mutual understanding.”
2カ月後にはこの日米同盟も50周年を迎えます。
当時、アイゼンハワー大統領が日本の首相の隣に立ち、
我々の国の関係は「不滅のパートナーシップ」であり「対等と相互理解」
に基づいていると述べました。

———————————————————————-

このあとの「ファン・クラブ通信」でも、続きのパラグラフを順々に紹介して
行きます。
文章で難しい箇所には文法的な解説をしても良いのですが、そこまでしなくと
も、意味ごと(フレイズごと)に斜線(/)で区切っておきましたので、これだ
けの助け舟と日本語訳もつけましたので、これで十分事足りると思います。

しかし、何かご質問のあるかたは、どうかお気兼ねなく、次のところにお尋ねください:
フリー・ダイアル:0120-322-989
イーメイル: company@pasocon-eikaiwa.com
FAX: 042-595-9147

「ファン・クラブ通信」 第317号 (2009/12/30)≪オバマ大統領の演説-その2≫

◇ 今回の内容

01:国際教育研究所 年末年始休業について
02:オバマ大統領の演説 – その2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 01:国際教育研究所 年末年始休業について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社は12月30日~1月4日まで年末年始休業のため出荷業務を停止させていただ
きます。
この期間にいただいた教材のご注文は1月5日以降の発送となることをご了承く
ださい。
ダインエドの使用期間延長なども前もってお早めにお申し込みいただくよう
お願いいたします。

ただしこの期間も発音指導やDynEd 学習終了報告、学習相談は受け付けており
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02:オバマ大統領の演説 – その2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オバマ大統領の演説 – 序文及びその1を読んでおられない方は次のURLをお読
みください。

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc312.txt
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc315.txt

———————————————————————- 

It is wonderful to be back in Japan. Some of you may be aware that
when I was a young boy, my mother brought me to Kamakura,
where I looked up at that centuries-old symbol of peace and tranquility
— the great bronze Amida Buddha.
And as a child, I was more focused on the matcha ice cream. (Laughter.)

また日本に来られるなんて、素晴らしいことです。
私がまだ少年のころ、母が鎌倉に連れて行ってくれたことをご存じの方もいるで
しょう。 そこで平和と平穏の象徴であるとても古い大仏を見上げましたが、
子供だったので抹茶アイスクリームの方に気を取られていました。

And I want to thank Prime Minister Hatoyama for sharing some of those
memories with more ice cream last night at dinner. (Laughter and applause.)
Thank you very much.

昨晩の鳩山(由紀夫)首相との夕食会でたくさんアイスを食べ、思い出話を共有
できたことを首相に感謝したいと思います。 どうもありがとう。

But I have never forgotten the warmth and the hospitality that
the Japanese people showed a young American far from home.

日本の人々が、故郷を遠く離れた一人の若い米国人に示してくれた温かさと
もてなしの心を決して忘れることはできません。

And I feel that same spirit on this visit: In the gracious welcome of
Prime Minister Hatoyama.
今回の訪日でも同じ温かいもてなしの心を感じています。
鳩山首相が丁重に迎えてくれました。 

In the extraordinary honor of the meeting with Their Imperial Majesties,
the Emperor and Empress, on the 20th anniversary of his ascension to the Chrysanthemum Throne.
即位20周年を迎えられた天皇、皇后両陛下とお会いするのも大変光栄なこと
でした。 

In the hospitality shown by the Japanese people.
また日本の人々ももてなしの心を示してくれました。

And of course, I could not come here without sending my greetings and
gratitude to the citizens of Obama, Japan. (Applause.)
そしてもちろん、ここに来たからには、日本の(福井県)小浜市民への
あいさつと感謝の気持ちを表さずにはいられません。

———————————————————————- 

このあとの「ファン・クラブ通信」で、続きのパラグラフを順々に紹介して行
きます。

文章で難しい箇所には文法的な解説をしたいのですが、既に日本語訳をつけた
だけで、十分事足りると思いますので、それ以上の解説はしませんでした。
しかし、何かご質問のあるかたは、どうかお気兼ねなく、次のところにお尋ね
ください:
フリー・ダイアル:0120-322-989
イーメイル: company@pasocon-eikaiwa.com
FAX: 042-595-9147

「ファン・クラブ通信」 第315号 (2009/12/16) ≪オバマ大統領の演説-その1≫

◇ 今回の内容

 01:オバマ大統領の演説 – その1
 02:英会話テストの12月、1月の予約可能日について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 01:オバマ大統領の演説 – その1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週の「ファンクラブ通信」第312号を読んでおられない方は次のURLをお読
みください。
http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc312.txt

***

Thank you so much. Arigatou. Thank you very much.
Good morning.

It is a great honor to be in Tokyo — the first stop on my first
visit to Asia as President of the United States. Thank you.

It is good to be among so many of you — Japanese and I see a few
Americans here – who work every day to strengthen the bonds
between our two countries, including my longtime friend and our new
ambassador to Japan, John Roos. 

ありがとう。(日本語で)アリガトウ。(再び英語で)ありがとう。
おはよう。

東京に来られてとても光栄です。 米大統領としての初のアジア訪問で最初の
訪問地が日本です。

日本人も米国人も、2国間のきずなを強めようと日々努めている多くの方々に
お集まりいただいているのは喜ばしいです。
その中には私の長年の友人で新しい駐日大使のジョン・ルースもいます。

***

上記が、オバマ米大統領が11月14日、東京都内でアジアの基本政策に関して演
説したものの英文及び和訳の第1パラグラフです。

完全に互角の立場での日米協力を基盤にアジアへの関与を強める方針を表明。

米国を「太平洋国家」と位置付け、経済、外交、安全保障など様々な分野で協
力する意向を明らかにしたものです。

これほど深遠な内容が、このように簡単な英語で言えるのです。
今回の英文には特に文法的に説明せねばならないような難しいところはなかっ
たようです。

このあとの「ファン・クラブ通信」で、続きのパラグラフを順々に紹介して行
きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02:英会話テストの12月、1月の予約可能日について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

好評をいただいているメリッサ先生の「英会話力レベルのテスト」ですが、
12月、来年1月の予約可能な日程が決まりましたのでお知らせします。

☆メリッサ先生予約可能な時間

【2009年12月】
・月曜日、水曜日、金曜日の午前9時から午後1時まで。
・火曜日、木曜日の午後8時から10時まで。
ただし12月21日まで。 22日以降は、お休みのためテストの予約はできません。

【2010年1月】
1月1日~1月5日まではお休みでテストの予約はできません。
1月6日以降は、次の曜日・時間帯が予約可能です。
・月曜日、水曜日、金曜日の午前9時から午後1時まで
・火曜日、木曜日の午後8時から10時まで

お申し込みは次のURL からお願いします:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/taryu/level-test.html

「ファン・クラブ通信」 第312号 (2009/11/25) ≪オバマ大統領の演説-序文≫

今回はオバマ大統領の演説について、私(遠藤尚雄)が考えることを述べます。

少し前、オバマ米国大統領の「大統領指名受諾演説」と「大統領就任演説」の
日本語訳と文法解説がついた書籍が英会話学習教材として日本で大々的に売ら
れ、ほとんどの人が口々に「非常に良い英語だ」と褒めていました。

しかし、私は全くそう思ってはいませんでした。

そのように褒める人達は、儲けんがために心にも無いことを言っているのか、
それとも本当の英語というものが分かっていない人達だと思います。

内容は立派なものでしたが、英文は非常に pedantic (ペダンティック:学者ぶ
る、自分の教養を見せびらかす)なもので、私は嫌いでした。

現に一般の日本人は字引を引かねばならないような難しい単語が非常に多く使
われていました。
また、文章も難しいものでした。
最近の教養あるアメリカ人の英文は、なるべく易しく書いて、しかも深い内容
のあるものが主流なのです。

私は、オバマ大統領が、果たしてペダンティックな人なのかどうか、その時には
判断せず、その後のオバマ大統領の言動をテレビで見てきましたが、全くペダン
ティックではなく、極めて率直な人柄であることが分かってきました。

上記2つの演説がペダンティックであったのは、実は、これらの原稿は大統領の
配下のghost writer が原稿を作ったからであることが、後ほど分かったのです。

オバマ大統領の率直な人柄は、最近の来日時の演説の英文でも非常にハッキリと
出ていると思います。

これなら私も喜んで皆さんに推薦できる、自然な英語です。

このあとの「ファン・クラブ通信」で私は、この演説を少しずつ、英文と和訳で
紹介し、適宜解説も付け加えたいと思っております。

皆さんも、このような優しくて、なおかつ内容が深い英文が書けるようになって
ください。

そのためには、「遠藤メソッド」で「英会話(聴けて、しゃべれる)」の実力を
つけることです。
そうすると自然に、易しく、自然な英語で、十分な表現力がある英文が書けるよ
うになってくるのです。

私は、このような英文が書けるように、日夜「英会話」の練習をしてきました。
私が言う意味がお分かり頂けるようなものとして、次のURLから発注できる私が
書いた「日本文化」をご紹介します。
1,000円 (税込み、送料250円別)です。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/books/japanese-culture/japaneseculture.html