「ファン・クラブ通信」第445号(2012/06/14)≪DynEd レンタルの一時停止≫

先週の「ファンクラブ通信」第444号では「遠藤メソッド」では最も早く英会

 

話力がつき、しかも勉強費も最低であることを説明しました。 そして費用を

 

安くするためには、「発音教材」は買取制ですが、「DynEd ヒアリング・スピ

 

ーキング教材」はレンタル制にしていることを説明しました。 即ち、12ヶ

 

月分のレンタルの一括発注の場合には \15,000/月のレンタル料金が、\7,500/

 

月までさがるので、この場合は普通の英会話学校の授業料が \10,000/時~

 

\2,000/時程度であるのに、DynEdの場合は、\125/時と16分の1~80分の1に

 

まで下がることを説明しました。

 

 

 

でも、其の場合に、もし生徒さんが途中で15日でも80日でも DynEd の勉強

 

を中止したい場合に、この勉強中止中にも、毎月 \7,500で費用を負担するの

 

では困るとの問題が出てくるでしょう。 しかし、弊社では、この勉強中止の

 

期間中はレンタル費用の引き落としはしないことにしていますので、ご安心く

 

ださい。

 

 

 

しかし、この一時停止を弊社に知らせて頂かないと、それを知らずに弊社では

 

レンタル料の引き落としをしてしまいますから、必ず弊社に一時停止報告をし

 

てください。

広告

「ファン・クラブ通信」第432号(2012/03/15)≪English for Success価格変更≫

DynEd のヒアリング・スピーキング教材には

幼児、小学校低学年用の Let’s Go

小学高学年、中学生用 First English

高校生用 English for Success

成人用10種類

があります。
成人用教材10種類のうち New Dynamic English (NDE)はバイブル的存在で、中

学1年から大学レベルまでの英会話文章を教えるものです。

日本の学校で教える中1から大学4年までの英文は読んで意味がわかるだけのもの

です。

これらの英文がしゃべられて意味がわかり、しかも自分でも英語でしゃべる力は

日本の学校教育では全くつきませんが、NDE はこの中1から大学4年までの英文に

つき「英会話力」をつけるものです。
ですから NDE は英会話レベルの低い人でも高い人でも、自分に合ったレベルから

練習を始めれば良いようになっているのです。
他の DynEd 教材は、ある特定レベルの英会話のみを教えるようになっています。

 
成人用教材10種類のなかには次のような非常に高いレベルの英会話教材まで

含まれています:
●Advanced Listening (Harvard大学に次ぐ米国第2位の、鳩山由紀夫元首相が
6年もその大学院に通っていた、 Stanford 大学のライヴ講義9教科目)

●Aviation English for Pilots

●Aviation English for Controllers (航空管制官)

●Teacher Training
(ネイティヴ英語教師が DynEd 生徒のコーチング法を学ぶための教材)

 

DynEd 教材は、アメリカで英語漬けになるよりも、遥かに速く英会話が学べるだ

けでなく、このように教養の高いネイティヴの英会話力に近い所まで学ぶことが

できるのです。

 
そして高校生用の教材であった English for Success が最近最高レベルの教材

に格上げされました。
従来の English for Success (EFS) Units 1~10まではアメリカの高校生が

英語をしゃべっていました。

日本の高校生が日本語をしゃべるのと同じように血気盛んな若者のしゃべり方は、

非常に早口で、厳密でないしゃべり方をしているので、日本の高校生には

向かない教材だったのです。

 

そもそも日本の学校では英文文字で英語を教えているので、「単語意識」が強く、

早口でしかも、単語と単語の間にリエーゾンがあったり、子音がスキップされたり

するアメリカ高校生の英会話は聴きづらく、またそのような英会話は学ぶ必要は

ありません。

 
ところが DynEd は最近EFS (English for Success)に Unit 11から Unit 20ま

でを新しく加えてきました。

この場合の英語発音はアメリカ高校生の発音ではなく、成人の発音に代えられ、

今までの EFSに含まれていた School Subjects の英語が更に充実されてきたので

NDE (New Dynamic English) の Module 7, Module 8程度の高いレベルの英会話に

なってきたのです。

 

従来の EFS Units 1-10でさえ、School Subjects だけは非常にレベルの高いも

のでした。

それを示すために、School Subjects の内容を示しましょう:

Unit 1: Numbers, Operations(+,-、×、÷)、Fractions (分数)、Geometry

Unit 2: Matter(物質)、States of Matter(固体、液体、気体)、Energy

Unit 3: Earth, Directions(東西南北)、Time Zones

Unit 4: Nouns & Pronouns, Verbs

Unit 5: Numbers(整数、分数、小数)、Comparing Numbers, Prices

Unit 6: Motion & Force(http://youtu.be/ItoFlcojTTM), Gravity,
    Atoms (http://youtu.be/3-NGokIAs6I)

Unit 7: Planet Earth, Land & Water, Locations(緯度、経度)

Unit 8: Adjectives(http://youtu.be/axfIksX3IOk), Adverbs, Prepositions, Conjunctions

Unit 9: Aristotle, Alexander the Great, Cleopatra, Romses the Great(エジ

プトの王)

Unit 10: Time Units(秒、分、時)、 Temperature Units, Units of Weight &

Distance

 

それが新しい Units 11~20 になると、もっとレベルの高い課題、特に近代科

学の課題が含まれるようになってきたのです:

Unit 11: Waves, Sound, Light

Unit 12: Earth Motion, Earth Structure, Water Cycle(固体、液体、気体間の

変換)

Unit 13: Antient History, Early Cities, Early Greece

Unit 14: Graphs, Coordinates, Linear Equations

Unit 15: Subjects & Objects(主語、目的語)、Verb Tenses(動詞の時制)、
        Modals(will, shall, may, can, must, had better, should, ought to)

Unit 16: Cells, Photosynthesis, Mitosis(染色体、遺伝子)

Unit 17: Genghiskhan, Ataturk(トルコ大統領)、Sun Yat Sen(中国政治家)

Unit 18: Political Units(Countries, Nations)、Types of Government,

Government Services

Unit 19 :Goods(商品) & Services, Credit, Supply & Demand

Unit 20: Modern History, Memory & Learning, Brain Systems

 
最近弊社の生徒にはアメリカの大学入学を希望している人がいます。

その場合には SATテストに合格する必要があります。

SATは日本のセンター試験に相当するもので、日本ではアメリカの SATを真似て

センター試験が作られたのです。

これに合格するには、是非 English for Successの School Subjects を勉強して

おく必要があります。

 

同じ意味で弊社が発行している HIGHT SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT も

勉強しておく必要があるのです。

しかもこの本も字引を引いたり、英文法を考えたりして日本語に時間をかけて翻訳

するのではなく、アメリカ人のように、英会話がしゃべられている 200単語/分の

速さで読み流して意味が判るようにせねばなりません。
TWT国際教育研究所では、幼児英会話から始まり、このように非常に高いレベルの

英会話教育をしているのです。

 

このように、英会話力「ゼロ」から教養あるアメリカ人レベルに近いところまで

貴方の英会話力をあげるには、それなりの順序があります。

即ち、次の練習量が必要です:

●「口と舌の形で学ぶ英語発音」60時間(1日2時間で1ヶ月)

●NDE Module 1~Module 8 300時間(1日2時間で5ヶ月)

●NDE 以外の成人用 DynEd 教材 1,500時間(1日2時間で2年)

合計2年半 です。

 
1日2時間も練習出来ない場合は1日1時間の練習で、合計5年です。

他の英会話勉強法では、このように速くは英会話力がつかないものです。

成人してからの英会話勉強では一生かかってでも出来ないことを「遠藤メソッド」

では2.5年から5年程度で可能にしています。

しかも、練習費用は何処よりも安いのです。

 
さて、English for Successのレベルが非常に上がってきたので、この際

English for Success のレンタル料金を従来の 6,500円/月から

DynEd 成人用教材の15,000円/月に価格変更することにさせて頂きました。

 

最初は1ヶ月 15,000円のレンタル料から始められても、続けて学習する場合には

12ヶ月の一括発注が、レンタル料50%引きの7,500円/月となり、お得です。

1日2時間 DynEd 成人用教材として English for Success を勉強されるとしても、

1時間の費用はわずかの \125です。

 

ちなみに普通の英会話学校での費用は先生1対生徒1の場合は 10,000円/時程度

でしょうし、先生一人で複数生徒を教える場合でも、 2,000円~3,000円/人/時

程度はかかるでしょう。

 

English For Success のお申し込みペイジ:

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/efs.html

「ファン・クラブ通信」第411号(2011/11/16)≪DynEd Version 2.8C≫

Dyned 「ヒアリング・スピーキング」DVDの勉強には、新しい DVD Disc Version 2.8Cが是非必要ですから買ってください。 送料込みで\1,250です。 DynEdには10種類以上の教材がありますが、これらの全ての教材について、パソコン モニター上での画面サイズが大きくなり、又高校生用の English for Success の内容が非常に豊富になり、New Dynamic English (NDE) 以上になったからです。 高校生だけでなく、成人も NDEとともに勉強されて充分意味があるのです。

「ファン・クラブ通信」第409号(2011/11/02)≪DynEd Version 2.8c 発表≫

DynEd は Installation Disc Version 2.8c を発表しました。

 

最近 DynEd は Version 2.8c の Installation Disc を発売し、

これを インストールすると、English for Success Intermediate (Unit 11-20)

が勉強できるようになりました。

今までの EFS は Basic (Unit 1-10)でした。

そして Intermediate Unit 11-20は内容が非常に充実しました。

 

Unit 1-10 までは Lesson 1, 2, 3, 4, 5 の内、Lesson 3の School Subjects

だけが内容が良かったのですが、Intermediate になると Lesson 1, 2, 3, 4, 5全部が

非常に高度なものになりました。

 

そのなかの Lesson 1は Basic の場合と同様に高校生の会話ですが、

喋り方は Basic の場合のような若者の崩れた発音ではなく、

大人に近づいた発音になっています。

 

そして、それ以外も Lesson 3 の School Subjects が良いだけでなく、

Lesson 2, 4, 5 も全て非常に良いのです。

 

そして Lesson 5には Speech Recognition テストがあり、しかもそのレベルは

NDE の Speech Recognition よりも高くなっています。

 

更に、Lesson 3 の School Subjects は最新の自然科学の題材が含まれています。

 

これは弊社が出版しているHIGH SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT(HSSST)と同じほど

良い教材です。

 

このEFS Intermediary (Units 11-20)はHSSSTの内容よりも上を行っています。

 

なぜなら HSSSTは今よりも35年ほど前に私がアメリカに住んでいた時に

アメリカで購入した本なので、その後の35年間に自然科学は急テンポで進んできており、

これらの subjects は HSSSTには含まれていないのですが、そのような最新の科学題材が

EFS Intermediate の School Subjects には含まれているからです。 

 

ですから、EFS Intermediate は NDE の Module 7, Module 8程度または、

それ以上のレベルです。

Advanced Listening 相当のレベルでしょう。

 

だから、EFS Unit 10のあとは、ぜひ EFS Intermediate に進み、

しかも School Subjects だけでなく、Lesson 1, 2, 3, 4, 5のすべてを勉強してください。

 

DynEd は物凄いことをしてきたのです。

 

 

なお DynEd Version 2.8c は、NDEその他の Coursewaresの画面を大きくし、

解像度もあげて見やすくしているのです。

 

DynEd Installation Disc Version 2.8c は次のURLから発注してください。

 

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/dvd.html

\1,000 プラス送料です。

 

High School Subjects Self Taught は次のURL から発注してください。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/tadoku/highschool.html

\15,000 プラス送料です。

「ファン・クラブ通信」第403号(2011/09/14)≪DynEd は月謝制≫

米国 DynEd International社の 幼児/小学生、中学生、高校生、大人用教材は
DVDで供給されますが、このDVDは売り切りではなくレンタル制です。

これは1ヶ月単位の「月謝」制だと言っても良いでしょう。
丁度ツタヤのDVD映画のレンタルのような考え方です。 
ツタヤのレンタルは3日間とか1週間単位のレンタルですが DynEd のレンタルは
1ヶ月単位なのです。

例えば幼児/小学生用の Let’s Goの1ヶ月のレンタル料が 4,000円だと言うこと
は、英語塾の月謝 が4,000円だと言うことに匹敵するのです。

大人用教材の1ヶ月レンタルは15,000円で、初月のみDVDの代金1,000円が加算されます。

幼児/小学生、中学生、高校生用教材の場合には、初月のDVD代は無料にしています。
塾、おけいこ、予備校代などが他にかかるので、最初の1ヶ月を気軽に試せるように
と考慮したサーヴィスです。
DynEd 教材のような「レンタル制」は期限がくると使えなくなってしまうので、
一度教材を買い取ったらずっと手元に置いて好きな時に試せる「買い取り制」の
教材のほうが良い、と考える方もいるかもしれません。

しかし英会話習得は「期限付きプロジェクト」で、一番肝心なことは、教材の内容
をしっかり吸収し、身に付けることです。
これが芸事というものです。 英会話能力をDVDに温存しておいても意味がないのです。
DVD内の英会話力をあなたの頭にうつしとって初めて意味があるのです。

この目的がしっかりしていて、また、以下に説明するような「レンタル制」の利点
も理解すると、「レンタル制」が損だ、というような考えは無くなるでしょう。

例えば、弊社の英語発音用DVDは買い取り制です。
しかし、一生使おうとしても、それは現実的ではありません。

なぜなら発音の「口と舌の形で学ぶ英語発音」は60時間程度の練習量で卒業でき、
毎日2時間練習すると1ヶ月で卒業できるからです。

また、「遠藤メソッド」の教育法は日進月歩で進歩してきているので、
3年も経てば改版が売り出されますので、古い教材は陳腐化してしまうからです。

発音にしろ、ヒアリング・スピーキングにしろスポーツと同じで「芸事を学ぶ」
ようなものですから、発音練習だけで3年もかけていると、毎日の練習量が微々たる
ものとなり、これでは「芸事」としては成功しません。

DynEd International社の教材がDVDであるにも関わらず「買い取り方式」でない
のは、次の4つの理由があるからです。

(1)米国 DynEd International社のサーヴァーから1,000万人以上の全世界の
生徒に大量かつ高品質の教材コンテンツ(動画、音声)を配信するのは回線の
負荷が大きいため、教材コンテンツが収録されたDVD は、生徒にあらかじめ
配布しておきます。

(2)しかし普通の DVD方式では、悪意ある企業や個人に不正コピーをされる
恐れがあります。
このようなことを防ぎ、きちんと料金を払って真面目に学習している方のみ使用
できるように、DynEd 及び弊社のようなDynEd 教育会社は、生徒がパソコンに
インストールした教材の有効期限を自由にコントロールできるようになっているのです。
このコントロールはインターネット経由行っており、生徒側からの定期的な
インターネット接続を必要とします。
そのため、DynEd 教材はインターネット接続無し(オフライン)でも学習できますが、
オフラインの学習が2週間続くと、インターネットに接続するようにメッセージが出ます。

(3)インターネットに接続しながら学習している場合にはリアル・タイムに、
インターネット接続無しで接続している場合には2週間に一度、生徒のパソコン内に
記録された学習記録がDynEd Internationalのサーヴァーに転送されます。

(4)このように転送された生徒の詳細な学習記録は、弊社のような DynEd 教育会社
も見ることができます。
それに基づいて弊社の生徒のコーチングが出来る仕組みとなっているのです。
売りっぱなしのDVD教材では、学習記録データは生徒のパソコン内に溜まるだけで、
生徒から報告が無い限り、指導者側は生徒がうまく学習を進めているのかどうか、
知ることができません。
そのような状態では、的確な指導もできません。
リアル・タイムの学習記録の共有は、「レンタル制」の大きな利点です。

ちなみに「遠藤メソッド」の開発者の弊社社長、遠藤尚雄 は DynEd Japan の
役員を17年間もしてきています。
「遠藤メソッド」については次のURLをお読みください:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/f-shousassi.pdf

「ファン・クラブ通信」第399号(2011/08/18)≪Teacher Training≫

今日はDynEd の教材の一つである Teacher Training をご紹介しましょう。

Teacher Training は、英会話学校で教えているネイティヴ教師向けに、
次のようなことを説いた教材です。

●ネイティヴ英会話教師が、得意の英語をただベラベラと生徒にしゃべっ
ているだけでは日本人の生徒の英会話は上手にはならない。

●では、どのような教え方をすれば日本人生徒の英会話力を急速に築きあ
げることが出来るか、脳科学をベースに説明。

ネイティヴ用の教材なので日本語訳はついておらず、英文と英語音声で
説明されています。

しかし、この教材は英会話を教えるネイティヴだけでなく、英会話を
学ぼうとしている日本人生徒にも、英会話力向上、学習意欲増進に
役立つ教材です。

内容:
Unit 1: RHR Learning Theory
Unit 2: Placement and Leartning Path
Unit 3: How to Study
Unit 4: Blended Classroom
Unit 5: Records Manager
Unit 6: Intelligent Tutor
Unit 7: Courseware Overview

このうち重要なUnit 1 の RHR Learning Theory を弊社(TWT国際教育研究所)
で翻訳しました。

次のURLからダウンロードできます。
105頁もあります:
http://cs-x.net/endo-method/c/00287.html

 

翻訳文だけでなく実際の教材をご覧になりたい方は、最新の
DynEd Installation Disc Version 2.8bをお求めください。

次のURLからご注文いただけます:
http://cs-x.net/endo-method/c/00286.html

「ファン・クラブ通信」第394号(2011/07/13)≪DynEd のレンタル料≫

遠藤メソッドの「ヒアリング・スピーキング」教材である DynEd DVD には
New Dynamic English (NDE) 以外にも数種類の教材があります。

教材の中には色々な英会話レベルのものがあるので、英会話初心者には食いつ
きにくいものも多いのですが、New Dynamic English だけは、最低の英会話レベル
から最高の英会話レベルにまで徐々に段階を踏んで実力をつけて行けるように
なっており、使われている英語文章もDynEd 中の「バイブル」と言える程充実
した、面白いストーリーで出来上がっていますので、必ずこの NDEから勉強して
いただくこととなっています。

すでにある程度の英会話力をお持ちの方は NDE の8段階の中で飛び級が出来る
ようになっているのです。

DynEd 教材はツタヤの音楽や映画のレンタルと同様にレンタル制になっており、
1ヶ月 15,000円です。

そして、このレンタル料の \15,000/月 が高いと言う声を生徒さんから聴きま
すが、そのようなことは全くなく、これ程安い英会話教材は他にありません。

DynEd の次に良い英会話教育法は 英会話学校のベルリッツですが、ベルリッツ
は良い教育をするために、優秀な高級取りのネイティヴ先生が採用され、しか
も教育効果を上げるために先生1対生徒1の授業で、受領料は1時間 10,000円
もします。

しかるに、DynEd は売り切りではなくレンタル制なので、1ヶ月 15,000円でも、
1ヶ月の練習量を増やせば増やすほど、1時間あたりの費用が下がるのです。

毎日2時間練習するのが理想的で、この場合は

15,000/月÷(2時間/日×30日) = 250円/時間

とベルリッツの40分の1の費用です。

しかも、効果の面でも、ベルリッツの1時間よりもDynEd での集中練習1時間の
ほうが、ずっと力がつきます。

ベルリッツよりも費用が安い普通の英会話学校では、先生1人が生徒数名を教え、
生徒1人当たりの費用は 2~3,000円でしょうが、それにしても DynEd は、
その8分の1~12分の1なのです。

なぜDynEd の教育費が安いのか。

ネイティヴ先生が直接生徒を教える場合は、先生の給料を生徒が分担しなけれ
ばなりません。

DynEd の場合はDVDの開発には莫大な費用がかかっても、それが 1,000万人以上
に細分化して課金されます。

DynEd の教材は毎日全世界で1,000万人以上の生徒が学んでいますので、
一人ひとりの分担額は、トータル開発費の 1,000万分の1以下なのです。

では、なぜ生徒さんは DynEd のレンタル料の 15,000円/月が高いと感じるのでしょう。

それは、これからDynEd を勉強しようと思ってレンタル料金を支払っても、
実際には勉強時間が取れなくてレンタル料を有効に使えないようなことが
起こるからでしょう。

でも、弊社では融通を利かせて、生徒さんが勉強出来ない期間は DynEd レンタル
をストップしているのです。
また勉強できるようになったらレンタルを開始すれば良いのです。

レンタルのストップは、レンタル開始日より起算して、1ヵ月後、2ヵ月後、
3ヵ月後、と月に1回しかストップできないのですが、これを念頭において、
次のレンタル・ストップ日までは何とかDynEd 勉強を継続されれば良いのです。

以上を考えるとDynEd 以上に安い英会話の勉強法は他には無いと言うことにな
ります。

特に最近は4ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の一括発注をすれば、10%, 30%, 50%
の割引きが適用されますから、更に安くなったのです。

毎日1時間なり2時間、コツコツと DynEd の練習をすることによって急速に
英会話力がつきます。 このことが一番大事なことですが、こうして練習時間
を増やせば増やすほど、レンタル費用も自ずと安くなっていくのです。

スポーツと同じく【芸事】である英会話は練習料を増やさないと力がつきません。