「ファン・クラブ通信」第380号(2011/03/03)≪CASECテスト≫

2年程前から、弊社では「CASEC」というテストを全面的に実施していますが、
これについて再度説明します。

CASEC(Computerized Assessment System for English Communication)は、
「英検」(財団法人日本英語検定協会)が基礎開発を行い、現在は旺文社グル
ープの一つである株式会社教育測定研究所により開発・運営を行っている極め
て信頼度の高いTOEICテストに匹敵する英会話力のテストです。

非常に重要なので、「遠藤メソッド」の開始時とヒアリング・スピーキング教
材の New Dynamic English Module 8を終えた段階と、計2回受けて頂く必要が
あります。

なぜ必要かを説明しますと:

(1)「遠藤メソッド」ではわずか6ヶ月のNew Dynamic English Module 8 終了
段階でもの凄く英会話力がつくので、生徒さんにも、学習開始時と6ヶ月後と
で、どれ程英会話力がついたかを確認していただきます。

(2) CASEC では、TOEICに換算した点数が分かります。
そのリスニングとリーディング点数の内訳から、「遠藤メソッド」を指導する
弊社では、生徒さんの、ネイティヴ会話を聞く能力、英文法力、語彙力がおお
よそ検討がつくので、これらの数値を念頭に置きながら、個々の生徒さんに合
わせた指導が出来るのです。
更に CASECには次のように3つの大きな利点があります:

(a) \3,500とTOEICテスト(\5,565)より費用がやすく、

(b) TOEICテストは受験申し込みをしてからの待ち時間と、受験結果がわかるま
での待ち時間を合わせると、3ヶ月ほどもかかるのですが、CASECは今日申し込
むと今日即座に受験でき、テスト結果も即時にわかるのです。
早い理由は、インターネット上でテストが受けられるからです。

(c) TOEICのテスト時間は2時間ですが、CASECは40~50分です。
なのに、精度は非常に良いのです。 早くテストが終わる理由は、メガネ店で
の視力検査のように、自分の現在の視力の近くのみで細かい検査を充分やるの
と同様に、自分の英会話力付近の難易度のテストだけを集中的にするからです。

このように気軽に再々テストが受けられるので、英会話勉強速度が非常に速い
「遠藤メソッド」の効果測定には非常に便利で、しかも指導する弊社にとって
も医者が病気の治療をする前に血液検査、CTスキャン、MRIなどの検査で病状を
的確に把握することによって正しい治療法を決められるのと同じように、弊社
もその生徒に最適な英会話教育法を施すための重要な指針となります。
そのうえ、上記 (a), (b), (c)のような利点もあるのです。

自分の現状の英会話力に自信がなく、結果が悪かったら自分がショックなのと
弊社に知られるのが恥ずかしい、という理由で、こういった実力判定テストを
受けたがらない人がいますが、これは難しい病気と同様に治しにくい英会話勉
強の治療をする上で、絶対に必要な検査なのです。
真剣に病気を治したいと思っていれば、注射針が腕にささるのが痛いからとい
って血液検査を拒むことはしないでしょう。
それと同じ意味で、CASECテストは受けてください。

「ファン・クラブ通信」 第351号(2010/08/25)≪Melissa先生の英会話テスト≫

Melissa先生の30分英会話テストをお勧めします。 
わずかの \5,000です。英会話勉強に非常に効果があります。 

Melissa 先生と一般の英会話学校のネイティヴ先生から英語を聴いているのと
では、一見、あまり変らないことをしているのです。
私が何時も皆さんに言っているように、ただネイティヴの英語を聴いているだ
けでは、英語は右の耳から入っても、左の耳から抜けてしまって、頭にはほと
んど残りません。
だからいくらネイティヴの英語を聞き続けても、あまり英会話力はつかないの
です。
英語の映画を聴くとか、CNNテレビ・ニュースを聴き続けても、同じように
勉強効率が悪いのです。

それは次のURLのような理由によるものです:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/taperecorder.doc

しかし、Melissa先生とのライヴ・トークは英会話学校での勉強とは大きく違います。
弊社が提供している Melissa先生と英会話学校でのライヴ・トークとの違いは、
まず DynEdのヒアリング・スピーキング教材(DVD)で非常に効率的な英会話勉強
をして、そのあと、どれほど貴方の英会話力が飛躍的に上がったかをMelissa先生
と英語で話をする事によって確認するところに意味があるのです。
これはTOEICや英検のようなテストと同じです。
しかし、このようなテストより遥かに優れたテストなのです。
ただの筆記テストは無味乾燥ですが、これはライヴ・トークなので、よほど大きな
テスト効果があるのです。 

英会話力を急速に(英会話学校の約10倍で)DynEdの勉強によりつけたことが
確認出来るだけでなく、その後 Melissa先生よりイーメイルにる指導書が得られ、
更に私からもイーメイルによる指導書が得られるのです。
私からの指導書の方が遥かに大きな価値を持っているのです。

このことを次の2つのURLでお判り頂けると思います:

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc308.txt

http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc309.txt

Melissa先生の英会話テストは、次のURL よりご発注ください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/taryu/level-test.html

「ファン・クラブ通信」 第346号 (2010/07/21) ≪会話テストがさらに充実しました≫

3月3日のファン・クラブ通信では、弊社のヒアリング・スピーキング教材
(DynEd New Dynamic Englih 他)を学習中の方に、 アメリカ人先生による
英会話レベルのテストを無料化するお知らせをしました。

このテスト「Live Talk with Melissa-sensei」は、次の点でTOEICや英検テ
ストより優れています。

○申し込みから結果がでるまでの日数が「1日以内」

○無味乾燥な筆記試験でなく、ライヴ英会話である

○弊社教育責任者の遠藤からの指導も受けられ、ネイティヴからとはまた違っ
た観点から今後の学習の方向性についてアドヴァイスを得られる

しばらく試験的に無料期間を設けましたが、受けていただいた生徒さんからは
非常に好評を得ており、無料ではあまりに申し訳ないと言ってくださる方も
多く、また実際一人一人に渾身の指導を与えるために、ネイティヴ先生も私も
かなりの時間を要しているのが実情です。

そのため、今回テストを有料に戻し、しかも価格を以前の \3,500から\5,000
に値上げすることに致しました。

価格改定に伴い、テスト内容は、より充実したものになります。

○Melissa 先生は、単なるフリー・トークではなく、最初の段階で生徒のレベ
ルをつかみ、そのレベルに合った会話内容を提供します。

○私(遠藤)は、Melissa 先生と生徒さんの Skypeに参加して黙って聞いてい
ますが、生の会話の中で、生徒さんの弱点が、非常にハッキリと判ります。
TOEIC や教材のテスト結果などからだけでは絶対分からない、これらの弱点と
その克服法を、私から生徒さんへEメイルで提供します。

値下げのお知らせでなく恐縮ですが、これを機会に、このテストをもっと沢山
の生徒さんに受けていただき、その効果を実感していただきたいと思います。

弊社のヒアリング・スピーキング教材、発音教材を学習していない方でも気軽
に受けられます。

次のURLからお申込みください:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/taryu/level-test.html