「ファン・クラブ通信」第445号(2012/06/14)≪DynEd レンタルの一時停止≫

先週の「ファンクラブ通信」第444号では「遠藤メソッド」では最も早く英会

 

話力がつき、しかも勉強費も最低であることを説明しました。 そして費用を

 

安くするためには、「発音教材」は買取制ですが、「DynEd ヒアリング・スピ

 

ーキング教材」はレンタル制にしていることを説明しました。 即ち、12ヶ

 

月分のレンタルの一括発注の場合には \15,000/月のレンタル料金が、\7,500/

 

月までさがるので、この場合は普通の英会話学校の授業料が \10,000/時~

 

\2,000/時程度であるのに、DynEdの場合は、\125/時と16分の1~80分の1に

 

まで下がることを説明しました。

 

 

 

でも、其の場合に、もし生徒さんが途中で15日でも80日でも DynEd の勉強

 

を中止したい場合に、この勉強中止中にも、毎月 \7,500で費用を負担するの

 

では困るとの問題が出てくるでしょう。 しかし、弊社では、この勉強中止の

 

期間中はレンタル費用の引き落としはしないことにしていますので、ご安心く

 

ださい。

 

 

 

しかし、この一時停止を弊社に知らせて頂かないと、それを知らずに弊社では

 

レンタル料の引き落としをしてしまいますから、必ず弊社に一時停止報告をし

 

てください。

広告

「ファン・クラブ通信」第437号(2012/04/19)≪Q&Aとメルマガのバックナンバー≫

「ファンクラブ通信」は弊社が毎週1回配信しているメルマガです。 しかし、

 

迷惑メイルでは全くなく、英語勉強に役立つ情報ばかりなのです。

 

 

 

 

最近「ファンクラブ通信」の購読者が急速に増えました。 このような「遠藤

 

メソッド」の初心者に対して、次の三つの情報は特にお役に立つでしょう。 

 

既に「遠藤メソッド」で勉強中の生徒さんにもお役にたつでしょう。

 

 

 

 

○      「遠藤メソッドの Questions & Answers (Q&A)

 

    http://endomethodqa.wordpress.com/

 

 

 

○「ファンクラブ通信」のバックナンバー 436課題(カテゴリーで分類した

 

もの) https://fcbknm.wordpress.com/

 

 

 

○ Questions & Answers に無いことで知りたいことは、どうぞ下記のフリー・

 

ダイアルかイーメイル・アドレスへ。

 

 

 

 

TWT 国際教育研究所: フリー・ダイアル 0120-322-989、

 

イーメイル・アドレス company@pasocon-eikaiwa.com

 

「ファン・クラブ通信」第432号(2012/03/15)≪English for Success価格変更≫

DynEd のヒアリング・スピーキング教材には

幼児、小学校低学年用の Let’s Go

小学高学年、中学生用 First English

高校生用 English for Success

成人用10種類

があります。
成人用教材10種類のうち New Dynamic English (NDE)はバイブル的存在で、中

学1年から大学レベルまでの英会話文章を教えるものです。

日本の学校で教える中1から大学4年までの英文は読んで意味がわかるだけのもの

です。

これらの英文がしゃべられて意味がわかり、しかも自分でも英語でしゃべる力は

日本の学校教育では全くつきませんが、NDE はこの中1から大学4年までの英文に

つき「英会話力」をつけるものです。
ですから NDE は英会話レベルの低い人でも高い人でも、自分に合ったレベルから

練習を始めれば良いようになっているのです。
他の DynEd 教材は、ある特定レベルの英会話のみを教えるようになっています。

 
成人用教材10種類のなかには次のような非常に高いレベルの英会話教材まで

含まれています:
●Advanced Listening (Harvard大学に次ぐ米国第2位の、鳩山由紀夫元首相が
6年もその大学院に通っていた、 Stanford 大学のライヴ講義9教科目)

●Aviation English for Pilots

●Aviation English for Controllers (航空管制官)

●Teacher Training
(ネイティヴ英語教師が DynEd 生徒のコーチング法を学ぶための教材)

 

DynEd 教材は、アメリカで英語漬けになるよりも、遥かに速く英会話が学べるだ

けでなく、このように教養の高いネイティヴの英会話力に近い所まで学ぶことが

できるのです。

 
そして高校生用の教材であった English for Success が最近最高レベルの教材

に格上げされました。
従来の English for Success (EFS) Units 1~10まではアメリカの高校生が

英語をしゃべっていました。

日本の高校生が日本語をしゃべるのと同じように血気盛んな若者のしゃべり方は、

非常に早口で、厳密でないしゃべり方をしているので、日本の高校生には

向かない教材だったのです。

 

そもそも日本の学校では英文文字で英語を教えているので、「単語意識」が強く、

早口でしかも、単語と単語の間にリエーゾンがあったり、子音がスキップされたり

するアメリカ高校生の英会話は聴きづらく、またそのような英会話は学ぶ必要は

ありません。

 
ところが DynEd は最近EFS (English for Success)に Unit 11から Unit 20ま

でを新しく加えてきました。

この場合の英語発音はアメリカ高校生の発音ではなく、成人の発音に代えられ、

今までの EFSに含まれていた School Subjects の英語が更に充実されてきたので

NDE (New Dynamic English) の Module 7, Module 8程度の高いレベルの英会話に

なってきたのです。

 

従来の EFS Units 1-10でさえ、School Subjects だけは非常にレベルの高いも

のでした。

それを示すために、School Subjects の内容を示しましょう:

Unit 1: Numbers, Operations(+,-、×、÷)、Fractions (分数)、Geometry

Unit 2: Matter(物質)、States of Matter(固体、液体、気体)、Energy

Unit 3: Earth, Directions(東西南北)、Time Zones

Unit 4: Nouns & Pronouns, Verbs

Unit 5: Numbers(整数、分数、小数)、Comparing Numbers, Prices

Unit 6: Motion & Force(http://youtu.be/ItoFlcojTTM), Gravity,
    Atoms (http://youtu.be/3-NGokIAs6I)

Unit 7: Planet Earth, Land & Water, Locations(緯度、経度)

Unit 8: Adjectives(http://youtu.be/axfIksX3IOk), Adverbs, Prepositions, Conjunctions

Unit 9: Aristotle, Alexander the Great, Cleopatra, Romses the Great(エジ

プトの王)

Unit 10: Time Units(秒、分、時)、 Temperature Units, Units of Weight &

Distance

 

それが新しい Units 11~20 になると、もっとレベルの高い課題、特に近代科

学の課題が含まれるようになってきたのです:

Unit 11: Waves, Sound, Light

Unit 12: Earth Motion, Earth Structure, Water Cycle(固体、液体、気体間の

変換)

Unit 13: Antient History, Early Cities, Early Greece

Unit 14: Graphs, Coordinates, Linear Equations

Unit 15: Subjects & Objects(主語、目的語)、Verb Tenses(動詞の時制)、
        Modals(will, shall, may, can, must, had better, should, ought to)

Unit 16: Cells, Photosynthesis, Mitosis(染色体、遺伝子)

Unit 17: Genghiskhan, Ataturk(トルコ大統領)、Sun Yat Sen(中国政治家)

Unit 18: Political Units(Countries, Nations)、Types of Government,

Government Services

Unit 19 :Goods(商品) & Services, Credit, Supply & Demand

Unit 20: Modern History, Memory & Learning, Brain Systems

 
最近弊社の生徒にはアメリカの大学入学を希望している人がいます。

その場合には SATテストに合格する必要があります。

SATは日本のセンター試験に相当するもので、日本ではアメリカの SATを真似て

センター試験が作られたのです。

これに合格するには、是非 English for Successの School Subjects を勉強して

おく必要があります。

 

同じ意味で弊社が発行している HIGHT SCHOOL SUBJECTS SELF TAUGHT も

勉強しておく必要があるのです。

しかもこの本も字引を引いたり、英文法を考えたりして日本語に時間をかけて翻訳

するのではなく、アメリカ人のように、英会話がしゃべられている 200単語/分の

速さで読み流して意味が判るようにせねばなりません。
TWT国際教育研究所では、幼児英会話から始まり、このように非常に高いレベルの

英会話教育をしているのです。

 

このように、英会話力「ゼロ」から教養あるアメリカ人レベルに近いところまで

貴方の英会話力をあげるには、それなりの順序があります。

即ち、次の練習量が必要です:

●「口と舌の形で学ぶ英語発音」60時間(1日2時間で1ヶ月)

●NDE Module 1~Module 8 300時間(1日2時間で5ヶ月)

●NDE 以外の成人用 DynEd 教材 1,500時間(1日2時間で2年)

合計2年半 です。

 
1日2時間も練習出来ない場合は1日1時間の練習で、合計5年です。

他の英会話勉強法では、このように速くは英会話力がつかないものです。

成人してからの英会話勉強では一生かかってでも出来ないことを「遠藤メソッド」

では2.5年から5年程度で可能にしています。

しかも、練習費用は何処よりも安いのです。

 
さて、English for Successのレベルが非常に上がってきたので、この際

English for Success のレンタル料金を従来の 6,500円/月から

DynEd 成人用教材の15,000円/月に価格変更することにさせて頂きました。

 

最初は1ヶ月 15,000円のレンタル料から始められても、続けて学習する場合には

12ヶ月の一括発注が、レンタル料50%引きの7,500円/月となり、お得です。

1日2時間 DynEd 成人用教材として English for Success を勉強されるとしても、

1時間の費用はわずかの \125です。

 

ちなみに普通の英会話学校での費用は先生1対生徒1の場合は 10,000円/時程度

でしょうし、先生一人で複数生徒を教える場合でも、 2,000円~3,000円/人/時

程度はかかるでしょう。

 

English For Success のお申し込みペイジ:

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/efs.html

「ファン・クラブ通信」第429号(2012/02/08)≪ペアで英会話≫

前回配信した「ファンクラブ通信」第428号の「ペアで英会話」は、「遠藤

メソッド」勉強の方々にとって非常に大事なことですので、本日も此の問

題について書きます。 是非貴方も「ペアで英会話」を考えてみてくださ

い。 「遠藤メソッド」は最も速く英会話力をつけるのですが、それより

も更に早く英会話力をつけることが出来るのです。

 
「遠藤メソッド」は何故他の勉強法よりも優れているかは次のURLを読んで

ください:https://pasocon-eikaiwa.net/endo/EndoMethodRV.pdf

この「遠藤メソッド」に加えて、この度新しく「ペアで英会話」を開発し

ました。

 
この「ペアで英会話」の特徴は「他流試合」で英会話を友達とすることに
あります。

 
私も英会話に興味を持って勉強を始めたころ(15~16才)は英会話同

好の友達(同時に競争相手)、と盛んに他流試合をして、それ故に私の英

会話力は急速についてきたのです。 当時の私の英会話友達も全員英会

話が上手になったのです。 だから、貴方にも同じ事をお勧めするのです。

 
詳しいことは前回の「ファンクラブ通信」のURLを下記しますから、それを

読んでください。

 http://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/txt/fc428.txt

★お申込み
○ ペアで申し込めば授業料も断然お得です。

通常月額お一人\15,000 ですが、「ペアで英会話」でお申込みいただいた

場合、月額お一人40%引きの \9,000 です。
○ 気の合った人で英会話を習得したい人を見つけてください。

そしてペアを組んでお申し込み下さい。 ペアを組む相手が見つからない

場合はご相談ください。 弊社で斡旋します。

○ 弊社の DynEd 英会話教材は 月額レンタル制ですので利用時間が長けれ

ば長いほど1時間当たりの料金は安くなります。

30日で \9,000 ですから一日当たり¥300円です。もし、一日二時間学習

すればわずか一時間 \150 です。三時間すると \100/時です。

 英会話学校なら先生と1対1なら \10,000/時、1対数名でも一人当たり

\2,000をくだらないでしょう。

○既に「遠藤メソッド」の「口と舌の形で学ぶ英語発音」またはDynEd

「ヒアリング・スピーキング」教材で勉強中、又は勉強を終えられた方で

も「ペア英会話」にご興味のある方は申しこんでください。 ペアの相手が

居なくとも、弊社の生徒の中から同レベルで「ペア英会話」をやられたい

方を斡旋します。 また、勉強費用も単独勉強からペア勉強に切り替えさ

せて頂きます。

○英語発音矯正をする必要はないと思っている方にも適するメニューも揃

えています。 お問い合わせください。

○ 「ペア英会話」のお申し込みは下記よりお願いします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=120345

 

「ファン・クラブ通信」第428号(2012/02/02)≪ペアで英会話≫

本日は重大発表なので、「ファン・クラブ通信」購読者以外の方にも発信しています。

「ペアで英会話」

TWT 国際教育研究所の「遠藤メソッド」(商標登録番号4804511)は
他のあらゆる英会話勉強法よりも英会話が早く学べる方法で、
これについては次の「遠藤メソッドの解説」をお読みください:https://pasocon
eikaiwa.net/endo/EndoMethodRV.pdf

この「遠藤メソッド」に加えて、この度新しく「ペアで英会話」を開発しました。

これは気の合った人とペアで英会話を学習する方法です。
英会話を習得したい人は是非ペアを組んで学習して下さい。
ペアを組むことによって、いろいろな長所があります:

○お互いに励ましあいながら、ときには競争相手として練習できます。
スポーツと言う芸事を皆一生懸命に励むのも、人間には闘争本能があるからです。

○でもお互いに助け合い、励ましあいながら上手になろうと言う気持ちも大事です。
 一人では挫折しがちなこの英会話の習得を相手がいるから楽しく継続できます。
 例えばテニスと言う「芸事」でも、先ず一人で「壁打ち」で充分練習してから、
 二人ペアになって練習するのです。

○練習の成果を実際に使ってお互いに評価できます。

相手は英会話習得を切に願っている人で、なるべく同程度の英語力を持つ人が
おすすめです。

同じレベルで二人が英語でしゃべるには、DynEd のヒアリング・スピーキング
教材も同じレベルになるように、まず前もって一人で練習するのです。

即ち DynEd の New Dynamic English には Module 1から Module 8まで
300時間の練習時間をかけて進んでいくのですが、お友達が Module 3の練習を
終えたのなら貴方も同じ Module 3を終えてから、二人で英会話練習をするのです。
テニス・プレーでも、実力差が大きいとペアを組んでも面白くありません。

★ 具体的な学習方法を述べます。 ここで使用する英会話教材はDynEd社のもので
 現在、世界で1,000万以上の人がこの教材で英会話の学習をしているたいへん優れた
 教材です。

★(1) まず、PC、iPhone または iPad で個人的に徹底的に練習します。

テニスの「壁打ち」です。
携帯性のあるiPhoneやiPhad なら、通勤時間や待ち時間あるいはコーヒー・ショップ
などで空いた時間を有効利用できます。これは個人での練習です。
「芸事」である英会話はタップリと練習時間を取ることが絶対に必要だからです。
 (2) 各人が別々に練習した成果を実際に試すことです。
 
前もって計画した日時に練習した英語のキー・パターンを使って自分のこととして
応用して二人で喋るのです。
そして評価しあい、より良い方向へ改善していきます。

それによって、楽しさと自信とが生まれます。
それが継続性、やる気のモーティべーションにつながっていくのです。

そして、次のステップに向かって、また各人で練習します。 次の実行日のために。

 
(3) そのとき、正しいネイティヴの発音を前もって習得していれば完璧です。
   
その理由は日本人同士がお互いに下手な発音で喋っても意味がないからです。
所詮ネイティヴが発音する英語が聴けて、自分もネイティヴに通じる英語発音でしゃべる事が
「英会話」なのですから。

下手な発音で、ネイティヴに通じない英会話を練習することは「から舞い」に過ぎません。

やはり当社の「口と舌の形で学ぶ英語発音」教材で発音をマスターすることを強く
おすすめします。
そうすると、僅かの 30~60時間の練習で、次の4人の例のように驚くほど
ネイティヴらしくなるのです。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/hatsuon/yushu/sample.html
(4) ある程度のところで、当社のコーチと三人でスカイプによるミーティングを行い、
コーチから適切なアドヴァイスを受けます。
   
まず弊社のコーチが黙って二人の英会話を聴くのみで、そのあと気付いた注意を
二人の生徒に与えるのです。
このように(1)、(2)、(3)、(4) を繰り返していくうちにあなたの英会話は驚くほど
上達していきます。

しかも、難しくなく、楽しみながら英会話練習ができるのです。

しかし、「遠藤メソッド」教材で一人一人の生徒が基礎練習を充分に積んでから、
このお友達との他流試合に臨まねばなりません。

基礎練習をしないでお友達と英会話しても、そもそも英語でしゃべれないと黙っているか、
Hello, how are you?  程度しか英語で言えないようでは話しになりません。
DynEd のコンピュータ、iPhone, iPad レッスンは英会話のような芸事を練習するには
最高の方法です。
このDynEdレッスンの利点について述べます。
○テキスト・ブックより、かなり上手く多モードの情報をいれることができます。
多モードとは視覚、聴覚、身体の動き、のような脳の多くの部分を使うことを意味します。
この多モードによる活動が記憶を発達強化するのに役立つことは神経科学により知られています。
○このコンピュータ、iPhone、iPad の助けにより、学習者は複合的な方法で言語のインプットと
さらに、相互やりとりができます。
このような活動を数か月にわたり繰り返すことが多モードによる練習です。
○コンピュータ、iPhone、iPad の前なら、あなたは一人なので、他人の目を気にしないで
自分の能力に合わせて何度でも自分の納得がいくまで、ネイティヴ先生の音声を聴き、
自分で真似して喋り、また先生と比較して改善することができます。

この効率の良さは他の方法(TV ラジオの英会話講座、英会話学校、本)に比べて抜群です。

 

★お申込み

○ ペアで申し込めば授業料も断然お得です。

通常月額お一人\15,000 ですが、「ペアで英会話」でお申込みいただいた場合、
月額お一人40%引きの \9,000 です。

スクーリングも弊社のコーチが一人の生徒にスクーリングをする場合なら1回ミニマム 30分、
通常2時間、長い時には7時間もかけますので \5,000とは格安なのですが、
ペアでのスクーリングは一人当たり \5,000の半分の \2,500と更に安くなります。

このように「ペアで英会話」は大変お得です。
○ 気の合った人で英会話を習得したい人を見つけてください。
そしてペアを組んでお申し込み下さい。
ペアを組む相手が見つからない場合はご相談ください。

○ 月額レンタル制ですので利用時間が長ければ長いほど1時間当たりの料金は安くなります。
30日で \9,000 ですから一日当たり¥300円です。
もし、一日二時間学習すればわずか一時間 \150 です。三時間すると \100/時です。
 英会話学校なら先生と1対1なら \10,000/時、1対数名でも一人当たり\2,000をくだらないでしょう。
○ 英会話は必要になった時に習うのでは遅いのです。「泥縄」は効かないのです。
いまからその時のために準備して下さい。

○ 既に「遠藤メソッド」の「口と舌の形で学ぶ英語発音」
またはDynEd「ヒアリング・スピーキング」教材で勉強中、又は勉強を終えられた方でも
「ペア英会話」にご興味のある方は申しこんでください。

ペアの相手が居なくとも、弊社の生徒の中から同レベルで「ペア英会話」をやられたい方を
斡旋します。 また、勉強費用も単独勉強からペア勉強に切り替えさせて頂きます。

英語発音矯正をする必要はないと思っている方にも適するメニューも揃えています。
○ 「ペア英会話」のお申し込みは下記よりお願いします。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=120345

「ファン・クラブ通信」第427号(2012/01/25)≪スマートフォン・タブレットで発音とDynEd≫

先週1/18の「ファン・クラブ通信」第426号でお知らせしたとおり、
「遠藤メソッド」の教材がパソコンだけでなく、iPhone とiPad で
使えるようになりました。

パソコンでの学習は、通学方式より多くの練習時間を確保でき効率的ですが、
それでもパソコンの前に拘束され、外出中・移動中のスキマ時間がなかなか
利用しにくいという面がありました。

その点持ち歩き便利なiPhone・iPad では、いつでも、どこでもちょっとした
時間を利用して遠藤メソッドの学習が可能です。
パソコン学習とiPhone・iPad 学習を上手に利用して、より効率良く、短期間
に英会話をマスターしてください。
iPhone・iPad で使えるようになった「遠藤メソッド」の教材は、次の2つの教材
です。
・「口と舌の形で学ぶ英語発音」第3版 DVD (iPhone, iPad のみでなく、
他社のスマートフォン、タブレットでも使用可能)

・ ヒアリング・スピーキング教材 DynEd DVD (iPhone, iPad のみ使用可能)
既にこの2つの教材をお持ちの方(DynEd はDVDを持っているだけでなく、
レンタル期間ON の方に限る)は、スマートフォン、タブレットによる学習は無料です。
具体的な利用方法をお知らせいたしますので、下記のURL からお申し込みください。

この、スマートフォン、タブレットへの教材ソフト取り込みの申し込みは、
1/31(火)をもっていったん締め切りとさせていただきますので、ご希望の方は、
早めにお申し込みをお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=118942
※「DynEd」については、iPhone・iPad での利用につきましても、
パソコンと同様、DynEd レンタル期間中のみ学習できます。
DynEd レンタル期間が切れている方は、次のURL よりDynEd 延長の発注を
していただくと、延長手続きと同時に、iPhone・iPad へのDynEd インストール方法
をお知らせいたします。

・ヒアリング・スピーキング「スタート・セット」(初回1ヶ月+教材DVD)
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/hearingset.html

・DynEd DVD の使用期間1ヶ月延長
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/extend.html

・DynEd DVD の使用期間 4ヶ月延長
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/extend4.html

・DynEd DVD の使用期間 6ヶ月延長
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/extend6.html

・DynEd DVD の使用期間 12ヶ月延長
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/hearing/extend12.html

「ファン・クラブ通信」第426号(2012/01/18)≪スマートフォン・タブレットで英会話≫

本日は重大発表なので、「ファン・クラブ通信」購読者以外の方にも発信して
います。

スマートフォン、タブレットで遠藤メソッドの英会話勉強ができるようになり
ました。

「遠藤メソッド」の英会話勉強法は他の勉強法の10倍程度の速度、即ち10分の1
の所要時間で英会話力がつき、これが過去23年間の実績で実証されています。 

これほど速く英会話力が身につく理由は:

(1) まず日本人が最も苦手な英語発音矯正をする。

(2) その次にヒアリング・スピーキング勉強をする。
しかしほとんどの従来式の英会話学習のようにネイティヴ英語をただ聴いてい
るだけでは、右の耳に入った英文のほとんどが左の耳から抜けてしまい、英文
音声がほとんど頭に残らない。
この問題を遠藤メソッドは最新の脳医学的見地から解決している。

(3) 英会話は「勉強」ではなく、スポーツ、楽器練習と同様に反射神経を鍛え
上げる「芸事」であり、ある程度の練習時間をかける必要性がある。
通学方式ではなく、パソコン・インターネットを利用した学習方法で
毎日1~2時間、合計360時間の地道な練習で、飛躍的に英会話力がつく方法を
開発した。

以上の3点です。

そして、この度、自宅のパソコンだけでなく、携帯に便利なスマートフォンと
タブレットでも練習ができるようになりました。

「いつでも、どこでも」練習できるようになり、反射運動を身に染み込ませる
「芸事」の習得に必要な練習時間が、より確保しやすくなったのです。
詳しくは、次のURLをダブル・クリックしてください:
https://pasocon-eikaiwa.net/endo/EndoMethodRV.pdf

弊社の「ファンクラブ通信」は「英会話習得に役立つ貴重な情報を
毎週水曜日に配信しています。

配信ご希望の方は、次のURLをダブル・クリックしてください:
https://pasocon-eikaiwa.net/backnumber/bk_mm.php