「ファン・クラブ通信」第410号(2011/11/09)≪インドネシアからの体験談≫

インドネシア・ジャカルタから体験談を書いております。

 私は2002年に大学を卒業し、就職すると同時に会社の寮生活(場所:関東地方)を始めました。

もともとアメリカの音楽・映画が好きで英語に非常に興味がありましたが、日本で外人と話す機会があっても、何を言っているか、なんて答えればよいのか?さっぱり分かりませんでした。 これは英語に興味を持たれている皆さんも同じような思いをしたことがあるのではないかと思います。 いつもどこかで「英語が話せるようになりたい、あのアメリカン・ネイティブのような英語を駆使してかっこ良く外人達とお話したい」という思いが非常に強かったです。高校~大学時代から音楽・映画に影響を受けた一種の憧れだったと思います。

ただ、あのようなアメリカ英語を手に入れるには、留学するしかない→そんなお金・時間がない→ダメか?と上達を半分あきらめてました。

 会社の寮生活を始めたとある週末、本屋さんに何気なく立ち寄って出会ったのが、「英語は独学に限る」でした。

それから同著書を熟読し、発音から入る英語学習に魅了され、学習をスタートすることになりました。

新入社員であった私は、仕事をしながら、自宅に帰り発音の練習、翌朝も短い時間を利用して発音練習を繰り返しました。

英語の発音を勉強したことがなかった私としては、本当に新鮮でした。

発音の仕方がわかると、聞き取りも良くなるというのは本当なんだと実感できた時期もこの頃です。

 その後英単語をひたすら記憶する作業に入りました。英単語学習については、当時学習したものは、ハッキリいってすぐに忘れてしまいました。

こんなことを書いてしまうと驚くかもしれませんが、みなさん安心してください。後々 不思議なことに どこかでその忘れてしまった単語に出会ったときに、なんとなく昔出会ったことのある単語かも、など、おぼろげではありますが記憶のどこかに出てくるものだと気づきました。(ただ、その再会した単語を自由に使えるようになるかは、その後の自分次第と思いますが。)

それを機に、何度勉強しても忘れてしまう単語は気にせず進むことに決め、その後遠藤先生の勧めもあり、NDEの学習に移ることになりました。

 ここからが苦労と挫折の連続でした。会社での仕事の量も増え、毎日英語を学習できない日々が続くこともあり、途中学習がストップ。

ただ、英語の魅力に気づいてしまっている私は、いつもどこかで「ダメだ、勉強しなきゃ」と いつも思って気持ちがモヤモヤ。

長いこと学習をストップしたのち、何としてもNDEだけでも終了してやるっ!という思いで再度学習をスタート。

そんな決意の真っ最中に2006年にインドネシア・ジャカルタへの赴任を命じられる。ジャカルタで仕事をしつつ、紆余曲折ありながらなんとかNDE8までの学習を終了!

 海外赴任を命ぜられ、赴任しても学習が問題なく出来たというのは、「遠藤メソッド」ならでは ではないでしょうか。

スクーリングも定期的に行っていただき、学習するうえで、どこがいけないのか?、現在の実力はどうなっているか?的確にアドバイス頂けます。先日のスクーリングでは、順調に英会話力がついてきていることも確認出来ました。上記の理由から、現在も海外にいながら学習を継続出来てます。 今は「Dynamic Business English Unit 5」を学習中で、もうすぐ終了します。

こうなったら、最後の「Advanced Listening」まで学習して自分がどの位英語が上達出来るか、未知の自分の英語力を確認したくなってます。

 最後になりますが、今まで英語学習をしてきた中で、早く上達したい、ほかの人は英語のレベルが非常に高いなどと「焦り」があった時期があります。

現に今でも上手に英語を駆使し仕事をしている方を目の前でみると焦ることも往々にしてあります。

しかし、今自分に出来ることは何か?を思い浮かべ、毎日少しずつでも学習していくことが一番の近道ではないかと感じています。

私もまだまだ道のりは長いですが、地道に学習を進めていくつもりです。やっぱり英語を上手に話したいという素直な気持ちが大事ですね。

紹介 endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。