「ファン・クラブ通信」 第344号(2010/07/07)≪英会話学習用スピーカー≫

10倍速度で英会話が学べる「遠藤メソッド」は、トレイニング全般を徹底して
音声ベイスで行う英会話学習法であり、その礎として英語発音指導には、特に
力をいれております。
これが10倍速マスターを可能にする一つの理由なのです。

そこで生徒さんには教材の英語を聴く時にも、なるべく音質の良いヘッド・
フォーンで聴くことをお勧めしています。私の生徒さんに対するスクーリング
では、普通の電話でなくSkype方式を利用していますが、これは電話料をタダ
にするためだけではなく、英語を含めた会話が極めて音質よく出来るからです。

特に、英語の子音領域である 2,000-5,000 hz. 帯を強調して聴ける
Bio Listening ( http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/bio/bio.html )
はベストの方法ですが、ここまでしなくとも、なるべく高音質で弊社教材を
聴くべきです。

最近のパソコン用ヘッド・フォーンは \1,500 程度の安価なものでも結構良い
音質です。
しかし、これよりも、もっと良い音質で英語発音及び英会話を学びたければ、
次の日本ビクターが開発した、ノート型のスピーカー(PC AUDIO SYSTEM NC-SP1)
をお勧めします。

次の写真のようなもので、価格は \35,000 です。

これは、所謂「オーディオコンポ」と言われている音楽鑑賞用の次の写真の
ようなスピーカーからでるものと同じ程度の音質です:

Bio Listening のように、特に 2,000-5,000 hz.帯を増幅はしておらず、
20-20,000 hz.領域を同じ音量で増幅しているものです。

このノート型スピーカーは、音質が良いだけでなく、使用面でもヘッドセット
と同じ程度に便利なものです。

私自身も「遠藤メソッド」の教材を使うのに、ここ2~3年はオーディオコンポの
2個の小さいスピーカーを使っていましたが、これの欠点は、スピーカーの
amplifier、2つのスピーカー間の配線、パソコンへの配線など、多数の配線を
しなければならず、非常に配線に面倒で、またこれらの多数の線が絡んでしまう
などの、やっかいな問題がありました。

それが今回おすすめするPC AUDIO SYSTEM だと、このうすっぺらいスピーカー
をUSBでパソコンに繋ぐだけで、電力とスピーカーへの音声電流の供給がされる
ので、配線が簡単、見た目もすっきりしています。

このように音質が良く、音量が大きく、しかも使い勝手が良いと言う長所を持っ
たこのスピーカーは、小学校、中学校の教室で、数十名の生徒に同時に英語を
聴かせるために日本ビクターが最近開発したものです。

学校販売をしているのみで、一般個人向けには販売されていないのですが、
私はこれに特に興味を持ったので、この販売権を同社から取得したのです。
次のURLより購入できます:
http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/speaker/victor-ncsp1.html

もっとも、大抵の生徒さんは、近くにいる家族などに迷惑をかけないために、
ヘッドフォーンを使って静かに英語音声を聴くことを望まれる場合が多く、
そのような場合には、この PC スピーカーは適当ではありません。

しかし、子供に Let’s Goを勉強させる時に母親が傍にいて、勉強の仕方を子
供に指導するとか、母親も、子供と一緒に Let’s Goを勉強したい場合には理
想的です。
また、大人用の New Dynamic English などを、ご夫婦や親子、兄弟などが一緒
に勉強するような場合にも便利でしょう。

ダイナミックな英語音声を空間に響かせることにより、いつもと違った気分で
学習できるという効果もあります。 特に音に敏感な耳をもつ幼児~子供には、
ライブな音声が興味をひくでしょう。

1週間(7月14日いっぱいまで)送料850円を【無料】でお送りします。
通常は学校販売のみの高品質スピーカーを送料無料で入手できるこの機会を、
ぜひご利用ください。

広告

About endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。