「ファン・クラブ通信」 第312号 (2009/11/25) ≪オバマ大統領の演説-序文≫

今回はオバマ大統領の演説について、私(遠藤尚雄)が考えることを述べます。

少し前、オバマ米国大統領の「大統領指名受諾演説」と「大統領就任演説」の
日本語訳と文法解説がついた書籍が英会話学習教材として日本で大々的に売ら
れ、ほとんどの人が口々に「非常に良い英語だ」と褒めていました。

しかし、私は全くそう思ってはいませんでした。

そのように褒める人達は、儲けんがために心にも無いことを言っているのか、
それとも本当の英語というものが分かっていない人達だと思います。

内容は立派なものでしたが、英文は非常に pedantic (ペダンティック:学者ぶ
る、自分の教養を見せびらかす)なもので、私は嫌いでした。

現に一般の日本人は字引を引かねばならないような難しい単語が非常に多く使
われていました。
また、文章も難しいものでした。
最近の教養あるアメリカ人の英文は、なるべく易しく書いて、しかも深い内容
のあるものが主流なのです。

私は、オバマ大統領が、果たしてペダンティックな人なのかどうか、その時には
判断せず、その後のオバマ大統領の言動をテレビで見てきましたが、全くペダン
ティックではなく、極めて率直な人柄であることが分かってきました。

上記2つの演説がペダンティックであったのは、実は、これらの原稿は大統領の
配下のghost writer が原稿を作ったからであることが、後ほど分かったのです。

オバマ大統領の率直な人柄は、最近の来日時の演説の英文でも非常にハッキリと
出ていると思います。

これなら私も喜んで皆さんに推薦できる、自然な英語です。

このあとの「ファン・クラブ通信」で私は、この演説を少しずつ、英文と和訳で
紹介し、適宜解説も付け加えたいと思っております。

皆さんも、このような優しくて、なおかつ内容が深い英文が書けるようになって
ください。

そのためには、「遠藤メソッド」で「英会話(聴けて、しゃべれる)」の実力を
つけることです。
そうすると自然に、易しく、自然な英語で、十分な表現力がある英文が書けるよ
うになってくるのです。

私は、このような英文が書けるように、日夜「英会話」の練習をしてきました。
私が言う意味がお分かり頂けるようなものとして、次のURLから発注できる私が
書いた「日本文化」をご紹介します。
1,000円 (税込み、送料250円別)です。

http://www.pasocon-eikaiwa.com/shouhin/books/japanese-culture/japaneseculture.html

広告

About endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。