「ファン・クラブ通信」 第164号 (2007/1/10) ≪ 1月14日(日)の合同説明会と生徒さんからの投稿文≫

来る1月14日(日曜日)には是非ご出席ください。
アイリス及び国際教育研究所よりもお役に立てるお知らせが出来ると思います
が、それよりも参加者からも貴重な体験談が聴かれると思うからです。
次に掲載しますシンガポール在住の方からの体験談はその例です。
この方は余りにも遠いところにお住まいなので説明会には参加して頂けないの
ですが、その代わりとして投稿して頂いたのです。

念のために再度説明会の案内状を URLで差し上げます。
http://www.pasocon-eikaiwa.com/campaign/setsumeikai/plaza1.14.07.html
        

「私の体験談」

1. 遠藤メソッドとの出会い

私は、2005年6月より、駐在員としてシンガポールに赴任しております。
遠藤メソッドとの出会いは、2005年の初め頃だったと思います。
私の場合は会社から海外駐在に推薦してもらうために、TOEICで、ある程度の
点数が最低必要だというハードルがあったために、TOEICの勉強は独学で行っ
ていました。
その結果、点数は上がり赴任は決まったものの、そのままの勉強方法を続け
ても、決して英語が話せるようになるという気がしなかったために、何か良い
方法がないものかとインターネットを検索していて、遠藤メソッドに出会いま
した。

ホームページを見て、非常に内容に感銘を受けたものの、それでもまだ半信半
疑だったこともあり、2005年3月に直接遠藤先生のところを訪ねました。
その時まで、やはり英会話学校に通おうかという気持ちは有ったものの、一方
で、時間もなかなか取れないし、お金もかかるし、またその割には実効性にも
疑問もあり、迷っていました。
ですが、遠藤先生から直接、英会話学校に通うのも一つの方法かもしれないが、
遠藤メソッドを行うのが一番効率的だとのお話を頂いて、決断しました。
その時に、私の方法はアメリカ語のものだから、シンガポールでも通用するの
か分からないところがある、恐らく大丈夫だと思うが、逆にどれくらい通用す
るか試して欲しいというようなお話をされていたことを記憶しています。
先生の正直なお言葉に、益々遠藤メソッドにしようと気持ちは固まりました。

2. 発音練習からアニメ終了まで

それから、まず発音の練習からスタートしました。
最初は、家族からも何をやっているんだと笑われる始末で、隠れてこそこそ
練習をしていました。

それでも、英語が話せるようにならないと仕事にならないだろうという不安は
強く、とはいえ限られた時間の中で他にすがるものもなく、先生の言葉を信じ
て遠藤メソッドにかけようという気持ちで遅々たる歩みではありましたが、
やり続けました。
結局、日本を離れる前までに発音の段階は終わったものの、アニメで覚える英
単語を始めたくらいで、まだまだ本格的に取り組めている感じではありません
でした。

シンガポールに赴任したのは2005年の6月くらいで、赴任してからは、
当初やはり現地人から何を言われているのか聞き取れず、非常に苦労しました。
私の仕事は、どちらかというと間接業務で、日系企業向けの仕事ですので、
半分くらいは日本語で仕事をしています。
ですので、完全に聞き取れなくても仕事はなんとかなってしまう部分もありま
す。
ですが、通訳をしなければならないことや、現地スタッフと交渉をしなければ
ならないことも多く、やはり“教養のあるネイティブレベルの英語”が話せな
ければ、本当の意味でいい仕事はできないと感じております。

そのような中で、仕事にも慣れながらでしたので、さらに勉強のペースは落ち
てしまい、結局アニメを終了し、NDEに取り掛かったのが2006年の2月くらいだ
ったと思います。
この時期は、遠藤先生から今後どのように勉強をしていくか等のメールを頂い
たり、他の勉強をされている方をご紹介頂いたりして、勉強を続けるモチベー
ションを与えていただいておりました。

アニメの学習を終えた時点で感じたことは、英文のe-mailを読むのが非常に楽
になったことです。
やはり知っている単語が増えると、文章に向かう時に、知らないで向かうより
は数段気持ち的に前向きになれます。
また、別の話になりますが、Recentlyを「レセントリー」と発音して何度言っ
ても通じず、「リーセントリー」と発音しなければ通じないという経験をして、
発音が如何に大事か痛感したのも確かこの頃だったと記憶しております。

3. NDEの開始、停滞と再開

NDEを始めたものの、なかなか時間がとれないのと、私の仕事そのものは、い
わゆる先生が仰られる1.0 の言語係数がなくても済んでしまうこともあり、
仕事で疲れていることを言い訳に、まだまだ継続的に取り組んではいませんで
した。
とはいえ、NDEの延長だけは定期的に行っており、P-netも延長をしていました。
今思えばもったいないことをしていましたが、やらなければいけないという気
持ちだけは強かったのだと思います。

私の場合、仕事で使う単語やフレーズは、通常は限定的です。ですので、何度
も繰り返しているうちに、その分に関してはそれなりに、最低限なんとかなっ
てしまいます。
ところが、ちょっと複雑になったり、応用が必要になるとやはり困ります。
とはいえ、最低限何とかなってしまっていたことが多少の自信になりつつあり、
そのうちに何とか慣れるのではないかとの淡い期待もあり、真剣に学習に取り
組んでいませんでした。

ところが、昨年の10月くらいに会社の泊まり込み研修がありました。
私の働いている会社は日本人がほとんどいませんので、当然のように全て英語
です。

泊り込みですので、休憩時間や夜は雑談をします。また、研修終了後は、余っ
た時間で遊びに行きました。
このときに、既に1年以上外国にすんでいるにもかかわらず、ちっとも相手の
言っていることが分からないという強いショックを受けました。
ほんの短い文章でも聞き取れないのです。
そのショックは、非常に強い孤独感となりました。
話したくても話せない、それ以前に相手の言っていることが分からない苦痛は、
非常に大きいものでした。

そこで、やはり本格的に勉強をしなければだめだと思い直し、10月の終わりく
らいからNDEに再度真剣に取り掛かり始めました。

現在 Module 8 をやっている最中ですが、朝早くおきて、会社に行く前にやる
ようにしています。
2時間を目標に行っていますが、結局2時間はできておらず1時間強といったと
ころです。ですが、確実に成果は感じています。
NDEを始めてから、文章の細部の聞き取りに注意深くなりました。
それはa とかthe でもあり、また文章がDo youで始まるのかHave youで始まる
のか、あるいはYou areで始まるのか、Are youで始まるのかといったことです。
それまでは、そういう部分に無頓着というか、聞き取りきれていなかったため
に、相手が質問しているのか自分の意見を述べているのかが分からず、返事を
すべきところでうなずいていたりということが有りましたが、最近は徐々に適
切な対応ができるようになってきている気がします。

4. 私の英語学習に関する雑感

環境が異なれば、経験も異なると思いますので、一概には言えないと思います
が、私の場合は仕事が日系企業向けのものであることもあって、海外に住んで
いますが、やはり住んでいるだけでは決して英語は上達しないということを感
じています。
私の子供はインターナショナルスクールに通っていますが、いつの間にか非常
にきれいな発音で、普通に英語を話すようになってきています。
自分の子供が「cool」ときれいに発音するのを聞いて、まねをしようとします
が中々うまく真似が出来ないところからも、普通の大人の場合は体系的な努力
をしないときれいな発音もできないなというのも感じています。

1年半の英語との奮闘のなかで、当初感じていたのは、まず舌がうまく回らな
いということです。頭の中で構成できている文章ですら話そうとすると、短い
文章ならともかく、少しでも長くなると(例えば「Infrastructure」)、
舌がもつれて言葉になりませんでした。

よく日本人は、ずいぶんと英語の勉強をしているにも関わらずしゃべれないと
いう話がありますが、こちらに来て、結局自分で何冊英語の本を読んだことが
あるかを考えただけで、実は教科書以外はほとんど読んでいないし、
聞く・話すという意味では、ほぼインプットもアウトプットもゼロに近かった
ということに気づきました。
これでは、よほど勘のいい人でなければ実用的な英語が出来るようにはなるは
ずがない気がします。

そのためには、やはり量をこなさなければならないのだと思いますが、仕事を
しながら英語学習を続けるとなると学校に通ったりするのは時間的にも、また
コスト時にも非常に負担となります。
その点、私は質・量、コストの点において、赴任する前に遠藤メソッドを知り、
遠藤先生にお会いできたことは、非常に大きな収穫であったと考えています。
5. 謝辞

今回遠藤先生のご依頼で、このような経験談を書かせていただきましたが、
つたない文章で、また、余り参考になる経験なのか分からないもののこれから
英語学習を始めようとされている方や、現在既に始められている方に、この方
法が、実際に海外に住んで仕事をしながら勉強している私自身の経験から
(言うまでもないことかもしれませんが)現実的に有効な方法であることが伝
わり、ますます力を入れられ、一日も早く英語が聞けて、話せるといえるよう
になられるのに、多少なりともお役に立てば幸いです。

最後になりますが、余り勤勉ではない私にも、定期的にお尻を叩いていただき、
英語学習に関する体系的で明確な目標を与えて下さりまた、節目節目で貴重な
アドバイスやサポートをいただける遠藤先生及び国際教育研究所のスタッフの
方に、心よりお礼を申し上げます。
同時に、今後も言語係数が「1.0」になるまで、お付き合いさせていただけれ
ば幸いです。

最後までご精読頂き、どうもありがとうございました。

———————————————————————-

貴重な体験談をありがとうございました。

広告

About endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。