「ファン・クラブ通信」 第146号 (2006/08/30) ≪道草の食い方≫

前回の「ファン・クラブ通信」では私は語学の才があるので英会話が上手にな
ったのではなく、英会話の効率的な勉強法を編み出す才能があったから上手に
なったのだと説明しました。
そして効率的な勉強法の中には「道草を食う」ことも重要な部分だったのです。

「英語は長い道程だ」と誰もが考えているので、それだけに「道草なんかを食
っている暇はない」と思い込んでいるようです。
しかし、「急がば回れ」の諺のように、「大事なところでは急ぎすぎてはいけ
ない」場合があるのです。 

Endo Method では次のような道草を食わせています。
トータル的には、この方がかえって速く目的地に到達出来るからです。
このような考え方が出来るのが私の英語が出来るようになる才能なのです。
このようなことが私には直感的に判るのです。
<Endo Methodを特徴づける道草>

Endo Method では、あちこちで、道草を食っていることに気づかれたでしょう
か。 それが故に Endo Method はすごいのです。
他のどの方法よりも高速で力がつくのです。 即ち最短期間で力がつくのです。

【道草1】
「英会話をやりたい」、即ち「ネイティヴの言うことが聴けて、自分もネイテ
ィヴに通じるようにしゃべりたい」と皆さんは思っているわけです。
だからこそ英会話学校でも、テレビやラジオの英会話レッスンでも、始めから
日常英会話を教えているのです。
しかし、Endo Method では始めに「方法論」、次に「発音」、次に「英単語」
と進み、それからやっと「ヒアリング・スピーキング」に入ります。
非常な道草のように見えますが、これが一番の早道なのです。

「方法論」でまず、正しい戦略を学びます。
他の方法で成功しないのは「正しい戦略」が無いからです。
Endo Method では「敵の城の本丸を攻め落としたければ、まず外堀(発音)を
埋め、次に内堀(英単語)を埋めるべきだ」としています。
これは典型的な「急がば回れ」なのです。

第二次大戦でアメリカ軍の指令長官であったマッカーサー元帥は極めて戦略的
な人で、次のような遠周りをして日本を一挙に攻め落としました。
即ち、始めから日本に上陸したりせず、まず南太平洋の島々に、米国本土から
大型輸送飛行機でブルドーザーを多数持ち込み、滑走路のための地ならしをし
て、そこに時間と費用をかけないように、鉄網を敷き詰めて即席滑走路を作る
と同時にガソリンの注油所も作り、そのあと大量のガソリンを米国本土より空
輸し、そこで初めてB29大型爆撃機を何百機と持ち込み、マッチ箱と表現され
ている燃え易い日本の住宅を焼き払うために、大量の焼夷弾を積んで、東京、
大阪、名古屋などの大都市を一夜にして焼け野原としてしまったのです。
これで日本国民の士気は一挙にさがり、戦争物資の生産もがた落ちとなり、そ
れで日本は負けたのです。
アメリカ本土から直接日本に飛来して、又アメリカ本土にまで戻れる程の航続
距離は現在のジェット機も持っていないくらいですから、まして今より55年も
前のプロペラ機にはなかったのです。
南太平洋と日本間の往復がやっとだったのです。
私は当時中学生で、このマッカーサーの巧妙な手口が読み取れる程の知性は持
っていたので、彼のやり口に舌を巻いたものです。
そして英会話攻略もこのマッカーサーと同じ程の戦略性を持って実行しようと
し、それに成功したのです。

【道草2】
発音なんかどうでも良い、要はネイティヴの言うことが聴けてしゃべれば良い
と思う人が多い中で、私はネイティヴの発音が聴ける英語に敏感な耳を育てる
ためには、まずネイティヴに近い、日本人離れした、良い発音が自分でも出来
るようになる必要があると考えたのです。

【道草3】
発音をなんとかものにするには、要はネイティヴの言うことに耳を傾ければ良
いと普通は考えるのですが、私は「耳から正しい英語発音を入れるだけでは発
音は上手にならない。それよりも前にネイティヴの口の形と舌の形を真似るこ
とをやれば正しい発音は自然とついてくる」との日系一世、井上ケンさん、の
考え方を受け入れてこれを真剣にやりだしたのです。
その結果、この方式で発音を学ぶ私の生徒のほとんどがわずかの30~60時間の
練習で、日本人離れした素晴らしいアメリカ語発音になっているのです。
この CD-ROM 教材を作った私自身がビックリしている程、この教育効果は大き
いのです。

【道草4】
英語発音そのものをマスターするだけでも非常に厄介なことなので、今更国際
発音記号のような厄介なものを余分に覚えることは無い、アルファベット26文
字が既にあるのに何を好き好んで国際発音記号53文字を更に覚えなければなら
ないのか、と考える人が多い中で、私は「英語発音が厄介なだけに、この文章
発音を単語発音に分け、更に単語発音を音素の発音に分けている国際発音記号
をマスターすべきだ」と考えたのです。

【道草5】
英単語を8,000語も覚えることだけでも大変なことですが、私はこの8,000語に
つき、一々その単語の原義に注目し、その原義から色々な意味へと連想展開し
て行く筋道を追うことをやりだしたのです。
しかし、これが故に「一を聴いて十を知る」の効果が出てきたのです。

【道草6】
ネイティヴの言うことを聴けるようにするには、聴く量を増やせば良い、と考
える人が多いなかで、私は「長い文章を聞き流すのではなく、1文章ごとに、
また、文章が長いときはそれを意味の塊(文法で言うフレイズ)にわけて、一
つずつ聴いては自分で声を出してしゃべることを、50回ずつすると、英語音が
頭に少しずつ定着して行くのではないかと考えて、それを生徒に実行してもら
うようになったのです。

【道草7】
これは【道草1】とも少し関係のあることですが、私は「ヒアリング・スピー
キング」段階で非常に優良なCD-ROM を使用していますが、普通の人ならそれ
を知ると、この CD-ROM だけを勉強しようとします。
しかし私は次のような方法で大きな効果を得ているのです。
なるほど、「発音」と「英単語」をやっただけでは、まだヒアリング・スピー
キング力は殆んど増えていません。
私が使う優良な英会話CD-ROM を勉強して初めてヒアリング・スピーキング力
が出来上がるのです。
しかし、単にこのヒアリング・スピーキングCD-ROM だけを使うのと、その前
に「発音」と「英単語」を勉強しておくのとでは、ヒアリング・スピーキング
CD-ROM の効果が全く違ってくるのです。
それは次の薔薇の花の譬えを出すと分り易いでしょう。
即ち、薔薇の花は咲き出すまでは、花のない木と葉だけの殺風景な植物です。
そして、これに水も肥やしもやらないで、勝手に咲かせると花びらの小さい、
色も良くない花が咲くだけでしょう。
しかし、それに前もって十分な水と肥やしをやっておくと、大きな花びらの、
色鮮やかな、素晴らしい花の満開が見られるでしょう。
ヒアリング・スピーキングCD-ROM も同じことなのです。
「発音訓練」が水であり、「単語記憶」が肥やしのようなもので、このように
水と肥やしを事前に十分やっておくと、見事な花が咲く、即ち、素晴らしいヒ
アリング力とスピーキング力が開花するのです。

紹介 endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。