「ファン・クラブ通信」 第124号 (2006/03/29) ≪カタカナ英語 (5)≫

カタカナ英語を厳密に考えていくと、単に英語発音が改善されるだけでなく、
英単語を覚える際にもっと意味を厳密に、思索的に、覚えることをも学べてい
けると思うのです。

一例として日本人が使っているコンピュータ用語の「メール」についてお話し
しましょう。

日本人は例外なしに「メール」、「メール」と盛んに言っていますが、アメリ
カ人やイギリス人は必ず e-mail または electronic  mail と言っているので
す。

これは日本人が如何に「英語意識に欠けているか」を端的に物語っています。
「英語意識」に欠けているから英会話が上手になれないのです。
皆さんは mail と言う英単語は中学時代に誰でも習ったことがある筈です。
そして、それは「郵便」(post mail) のことだと言うことを知っている筈です。

ところがコンピュータ用語の「メール」を読んだり聴いたりした時に、これは
中学校で習った mail なんだな、とは頭に浮かんで来なかったのでしょう。
中学校では、この mail というのを基軸として
surface mail, inland mail, seamail, airmail, oversea mail, express mail,
registered mail, special delivery mail, confidential mail ・・・
これらの全てを知らなくとも、かなりはご存知の筈です。
更には、electronic mail が出始める少し前の時代には、電話を個人指定の
mail box に転送する voice mail まであったのです。

こう考えてくると電子メイルはelectronic mail, または省略してe-mail と言
って当たり前です。
これからelectronic またはe- を取り除いてしまうと全く意味をなさなくなっ
てしまうのです。

このような感覚をすべてのアメリカ人、イギリス人は持っているのに、何故日
本人は「この感覚」が持てないのでしょう。
この意識を変えなければ、英会話ができるようになるはずがありませんね。

更にカタカナ英語から脱却するために [ i: me:l ] ではなく[ i: meil ] と
発音してください。
こう正しく発音出来るために「イーメール」ではなく「イーメイル」と書いて
ください。

このように「イー・メイル」について考えてくると、本年2月22日付けの
「ファン・クラブ通信」第119号 カタカナ英語(2) で紹介した中国人の思索的
な英単語勉強法に通ずるものがあることにお気づきでしょう。
このように大いに中国人の英単語記憶法に学ぶべきです。

紹介 endomethod
半年~1年で、高いレベルの英会話力が身につく。

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。